« 最近の『リボーン』はホンマにパクリが多いのか? | トップページ | 小泉元総理はホンマに引退したのか? »

2009年2月15日 (日)

逆チョコを贈る男はホンマに情けないのか?

 って言うか、これこそが本来のバレンタインデーの真の姿………
だと思うんですけどねえ。
(まあ、それでもなんでチョコに限定するのかがさっぱり分からんのですが……)

 そもそも、本家本元である欧米では、男性が愛する女性に贈り物をするというのが
一般的ですから、「逆」と言うのはむしろ間違っているんですよね。

 それなのに、みのもんたとかいうおっさんが、「かぁ~情けないねえ最近の男は」
だとか、竹内香苗が「本来は女性が男性に贈るものなんですけど」とか頭の悪いこと
言うものだから、なんだかとんちんかんなことになってしまうんですよ。

 なんでマスコミという連中は、こういう風にアサヒるんですかね?
ちゃんと「バレンタインデーとは本来これこれこういう日なんですよ」
「女性が男性にチョコを贈るってのは日本がでっち上げたイベントなんですよ」
と、説明すればいいだけの話なのに………
シンプルな話なんですけどね……。

 なのに、なぜそれをやらないのか?
そんなに、製菓会社が怖いのか!!
っちゅう話ですよ。
みのさんなんて、不二家に対して「倒産しろ」とか言ったくせに。

 それに、これも毎年言ってることなんですが、
なんでこういうことをちゃんと学校で教えないんですかね?
「バレンタインデーと言うのは、これこれこういう日なんですよ」
「ですから、女性が男性にチョコを贈る日というわけではないんですよ」
「別に男性からでも女性からでもいいし、チョコに限定する必要もないんですよ」
ってことを、ちゃんと教えてれば、日本の捏造されたバレンタインデーも変わってくる
と思うんですけどね。
それをなんでやらないんでしょうか?
シンプルな話なんですけどね………

 でもまあ、「逆チョコ」という言い方は気に食わないものの、
好意的に解釈すれば、本来の趣旨に近づいてきたという点では一歩前進したとも
言えるでしょう。
 後の課題はと言うと………
チョコ以外の贈り物を定着させる(個人的にはチョコ禁止にでもなって欲しい)
義理チョコの撲滅(そもそも、義理は関係ないですから、要は「愛」です、「愛」)
ホワイトデーの撲滅(そもそもこれも日本ででっち上げられた偽りのイベントですから)
…大体こんなもんでしょうか?
 
 まあ、私の望むようになるかどうかは分かりませんが、
少なくとも、私が生きてる間に実現して欲しいものだなあと願わずにはいられない
今日この頃です。

 ※ もうちょっとだけ続くんじゃ~

      おまけ 私がバレンタインデーの贈り物にチョコを認めない理由

まっ、話せば長くなるんですけど、かいつまんで言うと、
私はチョコが嫌いなんですよ。
はい。
これは別に私に限ったことではなく、世の中には私と同じでチョコが嫌いな男性が
何百億といると思うんですよね。
なのに、なんで日本ではチョコに限定するんですかね?
チョコが嫌いな人は非国民ってことですか?
チョコの嫌いな人がどんな思いでバレンタインデーを過ごしてるか考えたことあります?

 昔、こういうことがありました。

=======================================================================

ある所に中学生くらいのまだあどけない男の子がいました。
その子はバレンタインデーに女の子からチョコレートをもらいました。
しかし、悲しいことに、その男の子はチョコレートが嫌いだったので拒否しました。
女の子は、まさか受け取ってもらえないなんてことは夢にも思っていなかったのか、
大層驚き、理由を聞いても納得せず、ついには泣き出しました。
するとどうでしょう。
それ以来、男の子は周囲から怒涛の非難攻めにあったのです。
しかし、彼にとって最大の不幸はそんな周囲の反応ではなく、自らの性格でした。
彼はこともあろうか、周囲の者達に対して徹底抗戦を試みたのです。
それが悲劇の始まりでした。

 「うっせーな!なんでチョコなんだよ!」
 「チョコ嫌いな奴の立場考えたことあんのかよ!」
 「大体、おまえらバレンタインデーがどういう日か知ってんのか!」
 「そもそも好きな奴が本当にチョコが好きなのか嫌いなのかくらい知っとけよ!」
 「それじゃあ何か!あらかじめ言っておけばよかったのか?」
 「ボク、チョコ嫌いだから、バレンタインデーには他のモノ頂戴ね って」
 「それこそ言えるわけねえだろ!」
 「どうせ言ったら言ったで、うぬぼれんな!とか言うんだろうが、おまえらはよ!」
 「それになあ、オレは半年前からちゃんと伏線張ってただろうが!」
 「オレ、実はチョコ嫌いなんだよねー。ところで今日何日?7月8日?オッケー」
 「オレ、実はチョコ嫌いなんだよねー。ところで今日何日?12月18日?オッケー」
 「…ってな風に。覚えてないんか!聞いてないんか!」
 「おまえら、どんだけ記憶力ねえんだよ!」
 ……etc

男の子は言いたいことを全て言い尽くすと、周囲をギロリと一瞥し、
その場を去っていきました。
彼は普段は物静かで穏やかな少年であり、今回のように激しい怒りを露にすること
は極めて珍しいこと……いや、彼を良く知る友人ですら目にするのは初めてのこと
であったのです。
当然、周囲の者達は、彼の豹変振りにしばらくはただただ沈黙するばかりでした。
 しかし、時が経つにつれ、彼らの間に少年に対する怒りが再び蘇りました。
そしてそれ以来、少年は周囲から疎まれ続けることとなったのです。
とりわけ、女性の彼に対する態度は実に陰湿でした。
彼の方を蔑んだ目で見ながらヒソヒソと何かを話したり、嘲笑したり、
それでいて彼が「今オレの悪口言ってただろ!」と問い詰めると、
「別にぃ~たまたまあんたの方向いてしゃべってただけよ」
と、すっとぼける上に「何か証拠でもあんの?」と居直るのです。

 これにはさすがの少年も、シカトするより他ありませんでした。
もっとも、このまますごすごと引き下がるようなこともなく、
漫画やお菓子を持ってきていることを先生にチクッたりするなどして、
実に慎ましやかな反撃を試みてはいたようですが………

 こうして月日は流れ………
彼女らと少年はクラス替えや進学などで次第に交流も薄れていき、
彼女達にとって、少年の存在は「クラスメートにいたなあ」くらいの認識しか持ち得ない
程に時は過ぎ去っていきました。
 しかし、少年は彼女らから受けた仕打ちを決して忘れることはありませんでした。
それほどまでに、少年の心には彼女らの仕打ちが深い心の傷として今でも残って
いたのです。
当然、今になっても許せるはずもありません。
それどころか、未だに機会があれば復讐しようとすら考えているのです。

 実際にこういうことがありました。
ある日久しぶりに実家に帰った際、彼は街をブラブラと歩いていました。
すると、かの一味であった1人に偶然出くわしたのです。
彼女は彼に気付くと、微笑んで軽く会釈をしました。
そこにはかつてのような敵意や悪意は一切なく、かつてのクラスメートに久々に会えた
喜びや懐かしさのような温かな感情がにじみ出ていました。
 しかし、だからと言って彼は彼女を許す気にはなれません。
おそらく彼女には昔のわだかまりなどもはやないのでしょう。
それどころか、自分らがやったこなど覚えているかどうかも疑問です。
よしんば覚えていたとしても、
「あの時は私らも若かったから、彼に対してちょっと酷いことしたよね~」
くらいのことしか思っていないことでしょう。
当然、彼が未だにそのことを引きずっているなど夢にも思うことすらなく、
「時の流れが全てを解決した」などと勝手に思い込んでいるに違いありません。

 ゆえに、彼は激しく憤り、そして彼女にこう呟きました。
「あれだけのことをオレにしておいて、よく笑ってられるよなぁ」
この一言に、彼女の笑顔は完全に凍りつきました。
こんなこと言われるなんて予想もしていなかったのでしょう。
彼女のリアクションに彼はさらなる怒りを覚えましたが、冷静に考えれば、
復讐の対象者が罪の意識で一杯だったり、また間違って謝罪されようものなら、
興が削げるというものです。
ゆえに、釈然としないものも確かにあるが、これで良いのだ。
彼はそう割り切ると、彼女に対してさらなる追い討ちをかけました。
「言っとくけど、オレはおまえらを一生許す気なんてないから」
そう言って彼は彼女の怯えた表情を蔑んだ目で一瞥すると、
その場を去っていきました。
もちろん、途中で振り返ることも一切ありません。
ですから、彼女がどんな表情をして何を考えているのかは分かりませんでした。
ただ、あの怯えた表情を見るに、それなりに精神的ダメージや恐怖を与えることが
出来たのは間違いないでしょう。

 彼は先程の彼女の慌てふためく様を思い出すと、フフッと軽く笑いました。
だが、これで終りではない。
残すはあと4人。
特に、元凶であるあの女にはこう言ってやるのだ。
「おまえのせいでオレはあれ以来女性不信だ。おかげで付き合っても長続きしないし、
未だに結婚も出来ないばかりか、恋人もできない。どうしてくれるんだ?」と。
その時、あの女はどんな顔をするだろうか?
それを考えると彼の陰鬱な心も少しばかり晴れるのでした。
しかし、同時に言いようのない苛立ちも僅かばかり彼の心のどこかにありました。
振り返ってみると、確かにあの女自体はそれ程悪くはない……
騒いでいたのは、あくまで周りの取り巻きどもで、どちらかと言えばあの女も周囲に
振り回されていただけだとも言える。
だが、それだけにあの女を余計に許せなかった。
自らの愚行がそもそもの原因なのに、自分は悪びれた様子もなく、
悲劇のヒロイン気取りでオタオタするばかり。
そもそも、あの女がオレにチョコを渡そうとさえしなければ、
あんなことにはならなかったのだ!
……まったく、なんだってんだよ!
怒りで心が満ち満ちてゆく。
だが、彼は自分がなぜそこまで苛立つのか自分でもよく理解できず、
それがなお一層の苛立ちを募らせていた。
言い知れぬドス黒い怒りと憎しみの無限ループ………。
だが、あの時から抱いていた彼自身すら知らない、彼女に対するほんの些細な好意が
未だに心の中で燻っていることを、その時彼はまだ気付いていなかったのでした。

           つづく……と言いたいところだが、多分続かない

========================================================================

 えー、以上のようにですね、たった1つのチョコレートを受け取らなかったが為に
人生を狂わされた人もいるっちゅうお話でした。
こういう人のことをちゃんと考えていますか?
と、私は改めてマスコミもそうですけど、日本国民1人1人に問いたい。
……戯言だけどね。

 それと、上記の昔話は当然のことながら、フィクションです。
モデルとなった人物やエピソードはあるんですけどね。
まっ、なんであんな小説じみたものにしたかと言うと、そこはホラ、
最近一部の間でケータイ小説が静かなブームじゃないですか。
私も一度やってみようかなあとか思っていたんで、
ちょっくら練習の意味合いでやってみたんですが、
どう考えてもケータイ小説向けじゃなかったですよね。
第一、主人公の彼に誰も共感出来なければ感情移入も出来ないだろうし。
そもそも、もっとシンプルな文体にしないと誰も読まないだろうしね。
それに、タイトル考えるのが一番難しいんですよね。
どういのうが相応しいでしょうかねえ。

 たった一人のチョコレート戦争  ← なんのこっちゃ?

 彼と彼女のチョコレートウォーズ ← これもなんのこっちゃ?って感じですよね

 チョコなんていらない  ← 内容の割にタイトルがちょっと軽めですね

 復讐のバレンタイン ← 続きの内容如何によってはいいかも。

うーん、難しいですね~。
まあ、どーでもいいと言えばどーでもいいことなんですけどね。
しかし、そんなことよりも、ケータイ小説がウェブサイトやブログの管理人の間で
流行りだしたら、例のあの人が、誰の為のケータイ小説?
とか怒り出すんじゃないかな~と、一抹の不安を感じる今日この頃です。

|

« 最近の『リボーン』はホンマにパクリが多いのか? | トップページ | 小泉元総理はホンマに引退したのか? »

気弱な反逆児の主張」カテゴリの記事

コメント

バレンタインデーの謂れ云々は置いといて、世の中のスィーツ(笑)のクレクレ根性を如実に現してる現象じゃないんですかねぇ…

日本女性の若い層は特にそうですが、中国のODAに対する認識と同じですよ。

O(お前が)D(出すの)A(当たり前)
と、まぁ、こう思ってるんじゃないんでしょうか。

投稿: 名無しの権兵衛 | 2009年2月15日 (日) 03時53分

なるほど。
名無しの権兵衛さん、貴重なご意見ありがとうございます。

その内「クレクレ詐欺」とか言われるようになるかもしれませんね。
バレンタインデーで「逆チョコ」もらっておきながら、ホワイトデーでも「逆チョコ」時の3倍以上のものをねだり、そしてもらうだけもらって自らは何も与えない………
そんな悲劇がもう目の前に迫っているのかもしれない……。考えれば考えるほど怖い話です。

投稿: J影虎 | 2009年2月15日 (日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/44060643

この記事へのトラックバック一覧です: 逆チョコを贈る男はホンマに情けないのか?:

« 最近の『リボーン』はホンマにパクリが多いのか? | トップページ | 小泉元総理はホンマに引退したのか? »