« ネタに詰まってなくても、今後の予定を言っとけ | トップページ | マジコンはホンマに悪いのか? »

2009年2月21日 (土)

オリジナルだとかカバーだとか、どちらか上だとか下だとか、そんな不毛な考え、赤いバラ投げ捨てこれで終りにしませんか?

ロザリオとバンパイア アイドルカバーBESTアルバム
ロザリオとバンパイア アイドルカバーBESTアルバム 及川眠子 売野雅勇 秋元康

KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) 2009-02-18
売り上げランキング : 267


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先日、ひょんなことから、上記のアルバムを拝聴しました。
きっかけはほんの些細なことで、タイトルの「アイドルカバー」と言うところに
興味を持ったんですね。
前々から、このアニメのキャラソンでカップリングにかつてのアイドルのカバーが
収録されているという話は小耳に挟んでいましたから、
「へえ~どんな曲が入ってんだろ?」と思い、見てみると、
これがまあ、そそられることそそられること。
アルバムの出来もさることながら、まずは選曲した方を誉めてつかわしたい!
「おまえはオレか!」と言いたくなる程に、まあ、私のツボを突きまくること突きまくること。

========================================================================

  【曲目リスト】

 1.MUGO・ん…色っぽい
 2.スマイル・フォー・ミー
 3.デリケートに好きにして
 4.スローモーション
 5.話かけたかった
 6.EQUALロマンス
 7.DESIRE-情熱-
 8.白い炎
 9.時に愛は
10.淋しい熱帯魚
11.Say Yes!
12.深呼吸して
13.赤いスイートピー
14.時の河をこえて

========================================================================

 おかげで堪能させていただきました。
いや、実に素晴らしかった。
世の中には、リメイクやカバーに対して快く思っていない人も多く、
何かと「オリジナルと比べてどーたらこーたら」とか、
「こんなことをするからオリジナルの価値をも貶めてしまうんだ」とか、
好き勝手なこと言う奴もいますが、← 私じゃないよ
そんな奴らに「黙ってこれを聞け!」
と言いたくなるくらいに、これは自信を持ってオススメできる逸品です。

 だって、私オリジナルも知ってるもん。
それこそ耳にタコができるくらい聞きまくったし、多分実家にはまだCDもありますよ。
カセットテープかもしれませんが………
(って、カセットテープってみんな分かるかな?)
そのオリジナルを散々聞き尽くした私が認めてるんです!
何人たりとも文句なんか言わせない!
言わせてなるものかァッ!!!

 ……ってなわけで、今回はこの偉大なカバーアルバムについての感想を
僭越ながら述べさせていただきます。
なお、例によって「ネタバレ感想」ですので、それが嫌な方は、
先に進まないようお気をつけくださいませ。

      ロザリオとバンパイア アイドルカバーBESTアルバム の感想

 先程も述べたように、曲のラインナップで既にツボにハマってしまったわけですが、
いずれもオリジナルにヒケを取らない出来だったと思います。
こう言うと、いささか誉め過ぎのように思われるかもしれませんが、
実際に聞いていて、極端にオリジナルと比べて見劣り…いや、聞き劣りするようなことも
不思議となく、特に何の違和感もなくフツーに聞けてしまったくらいですから、
私としては、これ以上ないくらいの出来であったと思います。

 そして、私が特に推したいのは、釘宮理恵さんの「スローモーション」
これはご存知のように、オリジナルは中森明菜さんが歌っており、
釘宮さんとは歌い方や声の質など全然違うので、一見違和感があるのかな?
と思ってしまいそうなのですが、これがなかなかどうして。
彼女のはかな気な声が妙にマッチしていて、ええ感じなんですよ。
加えて、私は今まで釘宮さんの歌を、『ハヤテのごとく!』におけるナギのキャラソン
でしか聞いたことがなく、それは当然のことながら「ナギの声」だったものだから、
その時はあんまり「歌が上手い」とは思えなかったんですね。
ですから、今回これを聞いてみて凄い衝撃を受けると共に、釘宮さんの歌唱力に
ついても考えを改めさせられることとなったわけです。
釘宮版スローモーション……うん、見事な出来映えであった。

 次に、千葉紗子さんの「話かけたかった」
これも良かった。
なんと言っても、これは私にとって思い出の曲ですからね。
忘れもしない、南野陽子さんがトップテンだかザ・ベストテンだか、歌の番組で
初めて1位を取った曲だし。(当時私は南野陽子ファンだったのです)
ですから、これを聞いた時、懐かしくなると共に昔のことを色々思い出したりもして、
感慨にふけっていたのですが、それでいて千葉さんの歌も実に爽やかでしたから、
聞いていて元気にさせられました。
千葉紗子版「話かけたかった」……うん、大儀であった。

 そして、忘れてはならない、水樹奈々さんの存在!
やはり彼女は他の方々と比べて、歌唱力が群を抜いてますね。
「MUGO・ん…色っぽい」にしても「DESIRE-情熱-」にしても「赤いスイートピー」にしても
ちゃんと歌い分けていて、さすが元々歌手だっただけのことはあると思わせられる程に
高い完成度でした。
しかも、「物真似してんのか?」と思えるほどに、それっぽく聞こえてしまうのですから
彼女の歌唱力にはただただ脱帽するばかりですね。
歌姫、水樹奈々……うむ。堪能した!

 また、他の曲についても非常に素晴らしかったと思います。
斉藤千和さんの「白い炎」も良かったし。
(さすがオリジナルの斉藤由貴と斉藤つながりなだけはあるぜ。
って言うか、それだけの理由で決めたんじゃないだろうな?
曲をリストアップして、じゃあみんなどれを歌いたい?とか最初は聞いていて、
最終的に「じゃあ、「白い炎」は斉藤つながりで斉藤千和さん、お願いね?」
みたいな感じで………)
福圓美里さんと釘宮理恵さんの2人が歌う「EQUALロマンス」もいい味出してたし、
こやまきみこさんの「デリケートに好きにして」や「淋しい熱帯魚」も不思議な魅力が
あったし、全員で歌う「時の河をこえて」も、元々がそこはかとなくかっこE曲なんで、
『ハイスクール鬼面組』(アニメ版)のOPで女性キャラが自転車で学校へ向かう
シーンが思い出されて、なんか訳もなく燃えたりしました。

 まっ、そんなわけで、私はこのアルバムがとても気に入ってしまったわけです。
普通ならば、「オリジナルを知らない奴がこれをモノホンと思われても困るんですよ!」
とか言うところを、そんなこと思う余地もない程に………
ですから、これがいかに素晴らしいカバーであったかということを、
今日はぜひ、みなさんに覚えて帰ってもらいたいと思う次第です。
オリジナルを知ってる方も知らない方も、一度聞かれてみてはいかがでしょうか?
そして、オリジナルを知らない方は、ぜひオリジナルの方も聞いてみてください。
どちらも素晴らしいと思いますので。

 カバーだろうがオリジナルだろうが、素晴らしければいいじゃない。
そう心から思える、今日この頃です。

 P.S.でも、このアニメはまだ一度も観たことありません(笑)。
     原作にしても、ジャンプの読み切り時の分しか読んでません。
     でも、概要は知ってますよ。
     ロザリオとバンパイアの話でしょ?
     まっ、これくらいはね……。沽券に関わりますからね……
     観た事、聞いた事はなくとも知ってはいる…ってのが、この私……
     …そう、私のあくなき知への探求はまだまだ続く……

|

« ネタに詰まってなくても、今後の予定を言っとけ | トップページ | マジコンはホンマに悪いのか? »

アニメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/44130850

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルだとかカバーだとか、どちらか上だとか下だとか、そんな不毛な考え、赤いバラ投げ捨てこれで終りにしませんか?:

» 美容外科 [美容外科]
美容外科 [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 21時11分

» 千葉紗子 結婚相手って? [瓦版ブログ]
千葉紗子さんが結婚したそうですブログで報告があったそうです肝心の相手は誰なんでしょう・・・千葉紗子情報千葉紗子関連情報千葉紗子公式ブログ... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 02時30分

« ネタに詰まってなくても、今後の予定を言っとけ | トップページ | マジコンはホンマに悪いのか? »