« ジキルとハイドと裁判員 | トップページ | スーパーメイドちるみさん »

2009年5月31日 (日)

ユーベルブラット

オススメ漫画その7 ユーベルブラット

ユーベルブラット0巻 (ヤングガンガンコミックス)
ユーベルブラット0巻 (ヤングガンガンコミックス) 塩野 干支郎次

おすすめ平均
stars過去を求める王道ファンタジー
starsまずは0巻から読むべきでしょう
starsうーん…。
starsお勧めです。
starsアシェリ-トがケインツェルな理由

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】
20年前の闇の軍勢封印の時である。
仲間を裏切り、虐殺し、武勲を奪った者たち・・・
彼らは「七英雄」と称され、帝国の民の尊敬を集め、栄華の座に上りつめた。
一方、簒奪の果てに虐殺された者たちの一人、
青年剣士アシェリートは、妖精の血肉を喰らい、生き延びる。
そして容姿を少年に、名をケインツェルに変え、
20年の時を経て、七英雄に復讐すべく旅に出る。
復讐の旅路で、ケインツェルを待ち受けるものとは?
壮大なスケールでお贈りする、ダークファンタジー!
公式ページより抜粋)

まあ、つまり、かいつまんで言えば、

うらぎり者の~名を受けて~♪すべてを捨てて戦う男~♪

…って言う話です。← ちょっと違う

 【適当コメント】
戦闘がとっても迫力があってイカス!
ただ、全体的に戦闘シーンは凄惨で、エグかったりグロかったりします。
キャラについても、いい奴もいれば悪い奴もいるわけで、
その悪い奴らが世間的には英雄扱いされている上に、人間的に壊れていたりする
ので、気分が悪くなったりもします。
それゆえ、人によっては受け入れ難く感じてしまうかもしれませんので、ご注意を。
と言うより、根本的に「復讐劇」というものを受け入れられるか否かってところが
大きいかなあと思います。
まあ、私の場合は「復讐劇」が大好きなんで、楽しんで読んでいますが、
それでもケインツェルの明るい未来が想像出来ないんで、
なんだかなあ~とも思います。
彼が七英雄を全て倒し、復讐を成し遂げることが出来たとしても、
その後は………?
まさか、本体とか出てきませんよね(笑)?
まあ、冗談はさておき、「七英雄」の元ネタってなんなんでしょうねえ。
「7」という数字は色々と意味がありますし、漫画等においても、
「7人の悪魔超人」とか、「七将軍」とか、「七魔将」とか、「7人の侍」とか
色々と使われてますが、「七英雄」という名称で言えば、
やはり『ロマンシング・サガ2』であろうか?
何気にでっかい謎です。

 【関連サイト】
ヤングガンガン公式サイト
上記サイトでの『ユーベルブラット』紹介

|

« ジキルとハイドと裁判員 | トップページ | スーパーメイドちるみさん »

リクエスト回答」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45194003

この記事へのトラックバック一覧です: ユーベルブラット:

« ジキルとハイドと裁判員 | トップページ | スーパーメイドちるみさん »