« ハーフタイム② | トップページ | ハーフタイム④ ゲーム編 »

2009年5月30日 (土)

ハーフタイム③

 リクエストも大方消化でき、残すはオススメ漫画のみとなったので、
例によって、ここで再度小休止をはさみたいと思います。
WHさんには本当に申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちくださいませ。

 

  最近気になったニュースや身の上話など(大半がどーでもいいことです)

 1.J影虎はホンマにネタにされると弱いのか?

   答:弱いよ。悪いけど。

えーまあ、そういうわけでして、弱いんですわ。
ネタにされると、綾波レイじゃないけど
「ごめんなさい。こんな時どんな顔をすればいいか分からないの」
っちゅう話なんですよ。
ですから、ネタにされる度に困惑しては、シンジ君の「笑えばいいと思うよ」
を思い出し、笑っているんですが、そんなこと皆さんは知る由もないですよね?
でもまあ、そんなわけで、ネタにされると嬉しくはあるものの、
あまりはしゃぐのもあれなんで、クールに振舞ってる次第です、はい。

 2.復活の小沢一郎

なんか辞任した後、しれーっと代表代行として復帰したらしいですね。
まあ、復帰自体は別にどーでもいいいんですよ!
ただね、復帰するなら、名前をカタカナにして再デビューを図るとか、
それくらいの気の利いたことしろよ!
と思えてなりません。
その際はちゃんと「イチロウ」と表記した上で、
「イチローとは違うのだよ!イチローとは!」
と言って、自分はイチローと違って正しい日本語表記をしまっせ!
とアピールするくらいのことはしてもらわんと。
それに、代表代行と言うのは、小泉さんと同じで、
『ドラゴンボール』の悟空気取りなのが見え見え。

オラはもうとっくにいねえはずの人間だ…オラがやるべきじゃねえ
若いヤツがなんとかして解決したほうがいい…
……また いつ とんでもねえことが起こるかもしれねえだろ?

とかなんとか言っておきながらですよ、
もう、なんかあったらしゃしゃり出まっせ!オーラが出まくってるじゃないですか。
ホンマ、やめてくれないかなあ。
それに、なんぼなんでも代表代行だと地位が高過ぎるから、
せめて、代表代理補佐見習い、くらいにしてもらわんと国民の支持は得られませんよ。
それに、この前なんか「毎度お騒がせしております。小沢でございます」
とか言ったそうですけど、それって「ちり紙交換」やドラマ『毎度お騒がせします』の
パクリじゃないですか。
政治家ならそんな人の言葉ではなく、自分の言葉で話せ!
(と言っても、この「自分の言葉で話せ」というフレーズはすげー嫌いなんですけどね)
そうでないとね、国民の心に響きませんよ。
その辺のところをね、もう一度よく考えた方がいいと思うよ。
…戯言だけどね。

 3.世襲制限はホンマに必要なのか?

まあ、この件に関しての私の意見はただ1つ!
要は実力ばい!
って言うか、なんで今頃になってこんな世襲制限なんて言い出すわけ?
おかげで、小泉さん家の進次郎君が大ピンチに陥ってますが、
進次郎君の気持ち考えたことありますか?
もし、彼が高校くらいの頃から政治家を目指し、頑張ってきたのだとしたら、
どんな気持ちになると思いますか?
これは別に進次郎君だけの問題ではありませんよ。
政治家になりたくて頑張ってきたのにですよ、
たかが政治家の息子だという理由だけで、切り捨ててしまうってのは
いかがなものでしょうか?
これで彼らが政治家として素晴らしい資質を持ち合わせていたとしたら、
政界だけに留まらず、この国にとっても大きな損失になるんですよ。
その辺のところ、よく考えてるの?
そもそも、二世議員だか三世議員だかが、親父の影響力や資金力や地盤を
引き継ぐことが出来て有利だってのは、政治家達の単なる僻みでしょ?
そんなの国民には関係ないっちゅうねん。
候補者がどうあれ、選ぶのは我々国民なんですから、
選挙で勝ちたいなら、国民の支持を得たいなら、それだけのことをやりなさい
っちゅうだけの話ですよ。
それともなんですか?
国民はアホで、二世議員やタレント議員にやたら投票するから、
それを防ぐために、まずは世襲制限しまっせー!
とでも思ってるんですか?
正直、そうとしか思えません。
我々はちゃんとそういうところも見て、二世議員だったら、
「ああ、こいつは親の七光りのボンボンだから任せられんな」だとか、
「ああ、こいつは親父に似てかなりのやり手みたいだな。将来が楽しみだわい」
などと考えながら投票してますからね。
それなのに、政治家達の手前勝手な都合でこんなことされては、
我々国民を全然信用してないように思えて不愉快です。
大体、親のコネなんてどこの世界でもあることなのに、
それを「良くない」などと大騒ぎしてる奴らって政治家くらいのものですよ。
本当にそれが良くないと言うのであれば、政治の世界のみならず、
全てにおいて世襲制を制限するべきではありませんか?
今回のその世襲制限が、政治の世界で認められるようになったら、
それこそ、「なんで政治の世界だけなんだ?」ってな話になり、
逆に不公平感が増すように思えるんですけどね。
その辺のところをもう一度よく考えて欲しいものです。
繰り返し言いますが、要は実力ばい!
以上。

 4.脳トレパンはホンマに売れてるのか?

なんかドラマとの相乗効果もあって売れてるらしいですね。
売り切れ続出で未だ買えてない人もいるとかいないとか。
しかし、少なくとも私は既にもう3個も食いました。
まあ、他の地域ではどうか知りませんが、長崎においては、
ファミリーマートやデイリーストアでよく見かけますので、
長崎の方は参考にされてみてはいかがでしょうか。
もっとも、味はフツーでしたけど。

 5.消防車と衝突した女性はホンマに悪いのか?

緊急出動中の消防車が青信号で進入した女性の車に衝突…
「死ぬような恐怖を抱いた」と女性が賠償求め提訴
痛いニュースより)

まあ、例によってこの女性を批判する人が大多数を占めていますので、
ここはいっちょ反逆児として、この女性を弁護しつつ、その大多数に反逆の意を
述べたいと思います。

 まず、この件に関して私が初めに皆さんに問いたいこと。
衝突した女性を責めて、消防車を一切咎めないと言うのであれば、
なんでいつぞやのイージス艦が漁船と衝突した事件については、
イージス艦の方をボロクソに批判してたのかな?かな?
っちゅうことです。

 消防車が許されてイージス艦が許されない道理がどこにあろうか?

それに、皆さんは全然分かっていません。
救急車とか消防車とかパトカーに乗ってる奴らの横柄過ぎる態度を。
奴らは常に、「どけどけどけ~どけどけどけ~邪魔だ邪魔だ、どけどけどけ~」
と、いつもここからを気取っており、我々庶民は彼らを避けることが当然の義務だと
言わんばかりに思っているのです。
実際私にもこんなことがありました。
ある日、車を運転していたら、後ろからピーポーピーポーと救急車が来ました。
その時私がいた道路は二車線で、私は左の車線を走っていたのですが、
救急車は右の車線を走ってきていたので、特段何をするでもなく、
そのまま普通に走っていました。
するとどうでしょう!
信じられないことに、救急車の助手席に乗ってた奴は、追い抜き様に
私にガン飛ばして行ったのです。
まるで、「てめえ、オレらが来てんだから、徐行して隅っこで縮こまれや!」
と言わんばかりに。
そりゃあね、道が混んでたらそういうことするのも、やぶさかではないですよ。
でもね、その時は別に混雑してもいなければ、右の車線はガラ空きだったから、
普通に走行できたんですよ。
それをなぜ、私がそこまでしてやらないといけないのか?
救急車がそんなに偉いのか!っちゅう話ですよ。
だから私は逆に不安に思いましたね。
こんな奴らが医療の現場にいてよいものか?と。
そして、それは救急車のみならず、消防車やパトカーにおいても同様です。
今まで私はこんなことを何百回と経験してきました。
ゆえに、今回の衝突事故は、確かに女性に非があるのは否めないものの、
消防車側にも油断があったのではないか?
「避けて当たり前」という奢りがあったのではないか?
そういうところを今一度よく考えて欲しいものです。
…戯言だけどね。

 6.ブーケストはホンマに独身女性に対する人権侵害なのか?

「結婚式のブーケトスは、独身女性に対する人権侵害だ」
「結婚はいい、と押し付けるな」…ブーケトスの苦痛に怒る女性たち
痛いニュースより)

男性が眼中に入ってないことから、男性に対する差別だと思います。
オレだってなあ、ブーケ受け取ってみたいわ!
でもそんなことしたら、ドッチラケでしょ?
おまえなあ、空気読めよ!
とか、非難ゴーゴーでしょ?
だから、毎回オレは受け取りたくてウズウズするのに、
結局出来ないから後でモヤモヤするんですよ。
ですから、この件に関して言えることは1つ!
受け取られるだけ有難く思え!
世の中には私のように受け取りたくても受け取れない人もいるのだから。
…戯言だけどね。

 7.今後の予定

WHさんには悪いですが、とりあえず、もう一回ハーフタイムをはさみます。 
それからお待ちかねの、オススメ漫画紹介のコーナーに入りたいと思いますが、
以前にもちょっと述べていたように、これを機に一足先に『漫画ナツ100』を
やってしまおうかなあと考えています。
題して、『フライング 漫画ナツ100』。
まっ、そんなわけで、もうしばらくお待ちくださいませ。

|

« ハーフタイム② | トップページ | ハーフタイム④ ゲーム編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安易な世襲制限には反対ですけれども、進次郎が政治家を目指して頑張ってきたとはとても思えませんね。

街頭演説もビラ配りもやってるところを見たことないし、ポスターすら貼ってない。地元人ですら1枚も見たことないんですよね。そのくせ、たまに祭りなんかに出てきてもいい車でさっと来てさっと帰る。大船に乗ってゆったり過保護な活動をしてる、志も何も全然伝わってこない。地元ではそんな印象しかないんですよ。

それに比べれば民主や共産の対立候補はものすごく頑張っている。こんなことは誰が見ても明らかで、今まで自民に入れてきた私もさすがに進次郎に入れるのはムリ、と思います。
極めつけはこの動画ですね。全て合点がいきましたよ。あー、こいつやる気ないんだなって。
http://www.youtube.com/watch?v=JhFUYwt3kfY&feature=player_embedded

これが横須賀の実態です。

投稿: 横須賀人 | 2009年5月30日 (土) 19時21分

世襲制限に関しては別にやらなくてもいいと思うんですけどね。
党首が世襲議員の民主や自民が言うのもどうかと思いますし、大体今までは能力関係なしに選んでましたって言ってるようなものじゃないですか。
安易な人気取りが見え見えですね

投稿: WH | 2009年5月31日 (日) 02時24分

 横須賀人様へ

情報提供ありがとうございます。
改めて進次郎君を見ましたが、確かに酷いですね。
イチロー選手の「セーター発言」に匹敵します(笑)。
これなら、兄貴の孝太郎君の方がはるかにマシかも

親父さんにはぜひ土壇場で「おめえの出番だぞ!孝太郎!」と言って欲しいものです。

 WHさんへ
オススメ漫画の方が遅れてしまってすんません。
もうちょっと待ってくださいね。
まあ、世襲制限については、なんだかなあ~と思いますね。
それって、単なるやつ当たりなのでは?
と思えてなりません。
そのくせ、なんでタレント議員については何にも言わないんでしょうねえ。
でっかい謎です…ってそれ程でもないか。

投稿: J影虎 | 2009年5月31日 (日) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45119363

この記事へのトラックバック一覧です: ハーフタイム③:

» ドラゴンボール エボリューション PSP [ドラゴンボール エボリューション PSP]
「ドラゴンボール エボリューション PSP」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 01時29分

» イチローとユンケルについて [イチローとユンケル]
イチローとユンケルの関係、イチローの活躍とユンケルの存在について述べてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 01時23分

« ハーフタイム② | トップページ | ハーフタイム④ ゲーム編 »