« ハーフタイム | トップページ | マイユア祭り ゲーム編② »

2009年5月23日 (土)

マイユア祭り ゲーム編①

 5月28日に発売される、『MYSELF;YOURSELF それぞれのfinale」を記念して
前作の『MYSELF;YOURSELF』について今更ながら、色々語ろうと思います。

周知の通り(と言っても、知らない方も多いでしょうが)、この作品は、
恋愛シュミレーションゲーム…いわゆる、ギャルゲーと呼ばれるジャンルの
ゲームであり、最近のギャルゲーが「泣きゲー」とか「鬱ゲー」と言われて久しいように、
当然、この作品もそれらの要素は多分に含まれています。

とは言え、『Kanon』だとか『君が望む永遠』だとか『CLANNDA』のような
ビッグタイトルと比べると、いささか見劣りするのは否めません。

しかしながら、トータル的に観ればそうであっても、部分的には前述した
過去の名作にも匹敵する程の素晴らしい面があるのも事実であります。

ただ残念なことに、この作品はこの作品ならではの長所が同時に短所にも
なっており、互いに打ち消しあってるように思えたので、
今から述べる点を次作で改善されていたらなあ~と思う今日この頃です。

 【PS2ソフト 『MYSELF;YOURSELF』の特徴(長所と短所)】

① ダブル主人公制

この作品は主人公を日高佐菜と若月修輔の2人から選ぶことが出来ます。
アニメでは主人公は佐菜であり、修輔は佐菜の親友でサブキャラだったため、
修輔でプレイ出来ることに驚かれた方も多かったと思います。
とは言え、「やったー、修輔でプレイ出来るぞー」などと喜んだ方はあまりいないように
思えますし、このことにより攻略できる女の子が変わってしまうのも、
ちょっとどうなのかな~と思ってしまいます。
そこはやはり、どちらを選ぼうとも女の子全員を攻略できるようにした方が良かった
のではないのかなあ~と。
まあ、最大の目玉は「修輔で菜々香を攻略できる」というところなんでしょうけど、
「オレが見たいのはそんなんじゃねえ!オレは修輔で朱里を落とし、
アニメでは観られなかった姉弟の禁断の愛を成就させてえんだ!」
などと思う方も多かった…とまでは言いませんが、そういう願望を抱いた人も
間違いなく存在したと思えるので、やはりなんだかな~と思えるのは否めません。
ただ、このダブル主人公制にすることで、重複するイベントや、佐菜と修輔の会話
などを、違った視点から見れることで「ああ、この時修輔はこんなこと考えてたのか」
とか、色々な発見があり、深みが増すところは良かったと思います。

 ② 6人のヒロイン

前述したように、主人公が佐菜か修輔で、攻略できる女の子も変わってきます。
つまり、佐菜では攻略できない女の子もいるし、逆に修輔では攻略できない女の子
もいるわけなのです。
唯一、メインヒロインの菜々香だけが、佐菜と修輔、どちらでも攻略できるようには
なっています。
もっとも、難易度は相当高いですが(笑)。
ただ、それも最初から、例えば佐菜なら、この子達しか攻略できませんよということを
あらかじめ示されているので、それってどうなのかなあ~と。
親切と言えば親切かもしれませんが、やる前からそういうことが分かっていたら、
ちと面白みに欠けるのではないかなあと思えてなりません。
まあ、確かに攻略できない子を攻略しようと躍起になって、後で無駄骨だったと
分かるのはちょっと嫌な気分になるかもしれませんが、
そういう無駄も楽しさの1つだと私は思うので、やはりなんだかなあ~と思います。

 ③ ヒントモード

この作品に限らず、恋愛シュミレーションゲームというものは、
要所要所で迫られる選択で、正しい選択肢を選ぶと言うのがセオリーです。
しかしながら、それは言う程簡単なものではありません。
特にこの作品においては、どの女の子のルートを進んでも、
クライマックスで重大な選択を迫られるのですが、これが実に難しく、
ここを間違うと、バッドエンドに一直線と進むことになるのです。
ただ、誰か1人でも女の子を攻略し、グッドエンドを見ることが出来れば、
2周目からは、この「ヒントモード」が使用できるようになり、
これを使えば、難解だった選択肢も簡単に正解が分かってしまうのです。
まさに、忙しくてプレイする時間がない人には有難すぎる機能!
しかし、例によってこれってどうよ?とも思えてしまうんですね。
と言うのも、この手のゲームは選択肢で悩むと言うのも面白さの1つなわけで、
最初から正解が分かってしまうとしたら、そもそも選択肢の意味がなくなってしまいます
からねえ。
まあ、それならそれでこの「ヒントモード」を使わなければいいだけの話なんですけど。

よって、純粋に楽しみたい方は「ヒントモード」を封印してプレイし、
どうしてもプレイする時間が取れない、早く全てのシナリオを見たいという方は
「ヒントモード」を使ってプレイされた方がよろしいかと思います。

ちなみに、前述した、クライマックスで迫られる重大で難解な選択肢は、
あまり相手のことを考え過ぎず、自分はどうしたいのか?
で判断した方がいいと思います。
相手を思えばこそ!の選択が常に正しいとは限らないということを覚えていて下さい。

  最後に注意事項をば

先程もちょっと述べましたが、どのルートにおいてもクライマックスでは重大な決断を
迫られ、ここで間違った選択肢を選ぶとバッドエンドとなるわけですが、
この作品のバッドエンドも、かなり鬱になります。
グッドエンドとバッドエンドとではまさに天国と地獄。
それくらい落差があるので、ギャルゲー初心者の方はご注意下さい。
ってなわけで、次回は各シナリオについて語ります。
ネタバレもあるので注意してね。

|

« ハーフタイム | トップページ | マイユア祭り ゲーム編② »

ゲーム」カテゴリの記事

リクエスト回答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/44983945

この記事へのトラックバック一覧です: マイユア祭り ゲーム編①:

« ハーフタイム | トップページ | マイユア祭り ゲーム編② »