« ゴッドサイダー・セカンド | トップページ | ふしぎ遊戯 玄武開伝 »

2009年6月13日 (土)

ふしぎ遊戯

オススメ漫画その22 ふしぎ遊戯

ふしぎ遊戯 (1) (少コミフラワーコミックス)
ふしぎ遊戯 (1) (少コミフラワーコミックス) 渡瀬 悠宇

おすすめ平均
stars面白いです!
stars 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】
中学3年生の夕城美朱(ゆうき みあか)と親友の本郷唯(ほんごう ゆい)は
「四神天地書」(しじんてんちしょ)という書物の中に吸い込まれ、
古代中国に似た異世界でそれぞれ朱雀・青龍の巫女となる。
美朱は、 本の中の世界を守って自分の世界に戻るため、
彼女を助ける朱雀七星士とともに力を尽くし、また七星士の一人である鬼宿(たまほめ)
と強く惹かれ合うようになるが、2人を待ち受けるのはあまりに過酷な運命だった。
…といった感じの異世界ファンタジーものであり、能力バトルものの一面もあるが、
ぶっちゃけ、美朱と鬼宿のラブストーリー色が強いという、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
少女漫画に不慣れな方は、美朱と鬼宿のラブラブ振りにひくかもしれません。
それでいて、様々な障害の前に、互いにへこんだり、悩んだり、別れようとしたりする
ものだから、いいからおめえらさっさとくっつけや!
と、イライラすることも多々あるかもしれません。
しかし、そこはグッと堪えて読んでください。
実際に、私も最初の内はイライラしながら読んでいましたが、
「おめえら、ここまで来たら絶対結ばれろよ!」
「いいな!幸せになれよ!ならなかったら承知しねえかんな!」
と思うようになりましたから、読み続けていれば、きっとあなたも私と同じ心境に
なるはずです。………多分ね。
まあ、それでもちょっと受け入れ難いという方には、アニメの方をオススメします(笑)。
実際、アニメの方がより感動的だったり、泣けたりしますからね。
(個人的には婁宿(たたら)と鈴乃の話が一番好きだったかなあ)
もっとも、多少演出過剰かな?と思えるところもありますが、まあ許容範囲かと……。
あとはそうですね~。
朱雀七星士が他の七星士と比べて能力が地味なのが釈然としませんでしたね。
例えば、剣術に長けています、武術に長けています、科挙に受かる程の知力がある
とか、そんな感じですからねえ。
いや、それって普通に訓練していても身につくものじゃないの?
別に七星士ならではの能力…とは思えないんですが……
と、そう思えてなりませんでした。
まっ、そんなこんなで、涙あり、笑いあり、バトルあり、感動あり、と、
楽しめる要素はたくさんありますが、前述したように、少女漫画に対して不慣れな
方は、最初はアニメから入った方がよろしいかと思います。

|

« ゴッドサイダー・セカンド | トップページ | ふしぎ遊戯 玄武開伝 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45290958

この記事へのトラックバック一覧です: ふしぎ遊戯:

« ゴッドサイダー・セカンド | トップページ | ふしぎ遊戯 玄武開伝 »