« ドラゴン桜 | トップページ | エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝- »

2009年6月21日 (日)

銀のアンカー

オススメ漫画その36 銀のアンカー

銀のアンカー 1 (ジャンプコミックスデラックス)
銀のアンカー 1 (ジャンプコミックスデラックス) 三田 紀房

おすすめ平均
stars就活版ドラゴン桜
stars就活生に役立つかは不明
stars高校生・大学生におすすめ
stars現代就職戦線事情
stars「ドラゴン桜」就活版

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================
 
 【概 要】
ヘッドハンティングのプロで、ニューヨークでは“草刈機”の異名を持つ白川義彦
大口の引き抜きに成功して、多額の成功報酬を手にした白川が日本に突然帰国
してきた。その情報を嗅ぎつけたメガトーキョーテレビの北沢冬美は、
白川に帰国の真意を聞き出そうとするが、白川はただの休暇を楽しむだけだと
言うばかり。時を同じくして、白川の滞在しているホテルでは、人材派遣会社社長の
高柳日佐子による就職セミナーが行われ、白川はそれに参加する。
高柳は不遜な態度でセミナーに臨んでいた白川に対して、
自説をもって諌める(高柳はこの時点では白川が 誰だか気がついていなかった)が、
白川は「キャリアアップなどというのは存在し得ない」など自説をもって逆に高柳を
徹底的に論破し、セミナーをぶち壊しに してしまう。
セミナーを後にした白川は、セミナーに参加していた北沢の妹である大学3年生の
千夏
と、その同級生の田中雄一郎に就職で悩んでいると相談される。
しかし、その2人に対し、白川は「なぜもっと早く準備しておかないのか。
社会に出る第一歩がいかに大切か、なぜもっと真剣に考えないのか」と
過酷な現実を突きつけるのだった…。
(Wikipediaより引用)

…ってな感じの、「ドラゴン桜」の就職版のような作品であり(世界観も共有している)、
就活に悩む学生達にとって一筋の光明となるかもしれない恐ろしいお話。

 【適当コメント】
『ドラゴン桜』と同様、「オレもう就職してるし~」だとか、
「オレ、ニートだし~これからも就職する気ないし~」だとか、
就職活動が自分に関係ないからと言って、読まないと言うのは、
いささか軽率であると思います。
確かに、就職活動に縁のない方にとってみれば、この作品などどーでもいい存在かも
しれませんが、例え就職しているにしろ無職であるにしろ、
この作品には就職活動のノウハウに留まらず、社会人としてのあるべき姿、
求められる資質、または社会人になってから必要なことなどが描かれるため、
既に社会人である人にとっても、考えさせられることや参考にすべきこと、
学ばされることなどがたくさんありますので、就職活動を控えた学生の方は元より、
社会人になってまだ日が浅い人やバリバリの社会人である人も、
今一度原点に戻り、自分を見つめなおすという意味でも、読んでおいて損はない
作品であると私は思います。

|

« ドラゴン桜 | トップページ | エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝- »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45409707

この記事へのトラックバック一覧です: 銀のアンカー:

« ドラゴン桜 | トップページ | エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝- »