« 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 | トップページ | 銀のアンカー »

2009年6月21日 (日)

ドラゴン桜

オススメ漫画その35 ドラゴン桜

ドラゴン桜 (1) (モーニングKC (909))
ドラゴン桜 (1) (モーニングKC (909)) 三田 紀房

おすすめ平均
starsすべての大学受験生が読むべき一冊!
stars受験ノウハウ本としての価値はあるが、漫画としてはイマイチ
stars娯楽作品として十分に面白いというだけで特筆に価する
stars評価できる点もある、でもどちらかというと害が多いでしょう。
stars考え方が面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================
 
 【概 要】
元暴走族の駆出し弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)が、
経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校を、
一見奇抜とも思える方法で立ち直らせるストーリー。
桜木は学校の経営状態を良くするためには進学実績、それも東大の合格者数を
上げるのが手っ取り早いと考え、落ちこぼれ生徒を東京大学に合格させるために
特進クラスを開設。
そこに以前から受験指導に大きな実績を上げつつ も、
いろいろな事情で表舞台から消えていた個性溢れる教師を集める。
一方で元々同校に在籍していた教師に対しては大規模なリストラを実施したため、
当然の ごとく教師からは反発する声が挙がる。
果たして桜木の思惑通り、落ちこぼれは東大に合格し、
同校は立ち直ることができるのか…?
(Wikipediaより引用)

…ってな感じで、どう勉強すれば東大に入れるか?
そのノウハウや受験テクニックを紹介した恐ろしいお話。

 【適当コメント】
一応ドラマ化もされていたので、タイトルくらいは知ってる方も多いでしょう。
しかしながら、内容が東大の受験対策という側面が強いため、
「オレ別に関係ないし~」とか「別に東大なんか受験しないし~」などと言って
敬遠されてる方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに、そういう側面は否定できません。
しかしながら、この作品で紹介されている受験テクニックや勉強法などについては、
例え東大を受けようが受けまいが、社会人であろうがなかろうが、
一見の価値はあると思います。
と言うのも、親や先生というものはよく「勉強しろ」とは言いますが、
勉強するということがどういうことなのか?
については教えてくれないんですね。
と言うより、教えることが出来ない人が多いと言った方が正しいでしょう。
実際に、多くの人が認識してる「勉強」というものは、例えば英単語を覚えたりとか、
テキストを読んで内容を理解するとか、問題集を解いてそれらが身についたかの
確認をするとか、そういう作業的なものでしかないのではないでしょうか?
しかしながら、この作品を読めば勉強するということがどういうことか分かりますし、
色々と参考になることも多々ありますので、読んで損はないでしょう。
ただ、この作品に書いてあることだけが全てだと思い、鵜呑みにするというのは、
ちと危険ですので、そこはあくまで参考にして適度に実践しながら自分なりにアレンジ
していくのがよろしいかと思います。

|

« 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 | トップページ | 銀のアンカー »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45409320

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン桜:

« 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 | トップページ | 銀のアンカー »