« フライング漫画ナツ100 こぼれ話④~気弱な決意表明~ | トップページ | MASTERキートン »

2009年6月28日 (日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 の感想

 今更エヴァなんて………。
そう思っていたはずなのに、なんだかんだで「序」を観に行って早2年近く…。
昨日、ようやくお披露目となった「破」を観てきた訳ですが、
これがまあ、期待以上に大変面白かったですね。
映像や音楽の凄さは元より、従来のテレビ版の7話~19話までを超高密度に圧縮し、
そこに新キャラの投入、待望のアスカ登場、色々な意味でパワー&ヴァージョン!?
アップした使徒に、迫力ある戦闘、明らかになる真実、深まる謎、そして次回への引き、
次回予告…等など、新しい要素をふんだんにつぎ込み、「破」が示すとおり、
それまでのエヴァを壊しかねない変革をもたらしつつ、それでもエヴァはやっぱりエヴァ
だと思わせられる、新しい「エヴァンゲリヲン」がそこにはありました。
まさに、女房を質に入れてでも観る価値がある!
と言っても決して言い過ぎではないでしょう。 
 そんなわけで、今回も例によって色々と、そして長々と(笑)、
語りたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

             ※ 以下、ネタばれですのでご注意を!

=========================================================================
 
 【ネタバレ簡易感想】

やはり「破」というのが今回の最大のポイントであり、
従来の「エヴァ」を適度に壊していることで、これまでにない全く新しいエヴァに昇華
されているといった印象を受けました。
そこで、今回の「破」を振り返ってみて、どういうところが「破」だったのかを、
徒然なるままに語っていきたいと思います。

 「破」その1 新キャラ マリ
従来の作品にはいなかったキャラを出すというのは、確かにその作品を壊しかねない
ため、彼女の存在はかなりの高「破」ポイントだったように思えるのですが、
私としては印象が薄かったですね。
いや、凄く目立ったことをやってはいましたが、やはりなんと言うか、
厳しい言い方をしますと、結果を出せなかったものだから、何か色々やってた割には
印象も薄いし、ちょっと浮いてたかなあ、と。
もっとも、問題児と言われてるものの、シンジ達よりもエヴァのパイロットとしての技量は
かなり上であると思えましたが。
なんと言っても、彼女は戦闘を心から楽しんでいましたし、その際に自身が受ける
ダメージや苦痛もなんのその……
まあ、Mな人なのかもしれませんが(笑)、ゼルエルにあれだけボコられて、
無事でいられたのも何気にすごいんじゃなかろうか?
と思わせられました。
また、裏コードのビーストモードを知っていたり、それを使いこなせている辺り、
戦闘のプロと言っても良いのかもしれませんけど、
前述したように、結果的にはゼルエルにボコられてしまった為、
なんだかなあ~という印象は否めず、善戦マンでしかなかったのはちょっと残念でした。
それに、今後ますます戦況が激化するであろうことを考えると、
はたして彼女の活躍の場はあるのか?
と一抹の不安を覚えてしまいます。
まっ、なんにせよ、次回の「Q(急)」以降の展開に期待したいものです。

 「破」その2 式波アスカ
なぜか名前が「惣流」から「式波」に変わっていた上に、
加持に好意を抱いているという設定、そして彼女自身の役割すらも今回は
大幅に変わっていて、ある意味今回最大のサプライズは彼女にあったのでは?
とすら思えてしまいます。
しかし、悲しいかな。
前回の「序」で私は、カヲル君の早過ぎる登場、使徒のリストラ、新キャラの登場
などの理由から、アスカに活躍の場はあるのか?と危惧していましたが、
その不安が見事に的中し、今回早過ぎる退場となってしまいました。
良かったのはデビュー戦で、かつての面影がすっかりなくなった(笑)第七使徒を
一蹴したことくらいでしょうか。
その後も、なんかお色気担当となって、あられもない姿を晒すも、
肝心なところが缶ビールで隠されたり、見えたかと思うと、際どいところがストローで
隠されたり、「おいおい、それはさすがに不味いだろ!」と思えるところも、
タイミングよくお盆で隠されたりと、かなり頑張っておられたようですが(笑)、
なぜか参号機の機動実験のパイロットになってしまったがために、
テレビ版のトウジと同じ運命を辿ることとなってしまいました。
いや、精神汚染の恐れがあるからといって隔離された上に、
リツコにサンプル呼ばわりされたのだから、トウジよりも扱いは酷いですね。
このとばっちりがトウジに行くのではないかと、ちょっと不安です。
まあ、そんなわけで、今後の彼女がどうなるのか不安なんですが、
次回予告に眼帯姿の彼女がチラッと出てきていたことから、旧劇場版観たく、
復活を遂げて大暴れする展開を望みたいものです。

 「破」その3 加持とシンジのBL
びっくりしましたね~。
まさかの告白イベントに、さすがのシンちゃんもアッー(笑)
いや、そんだけです(笑)。

 「破」その4 カヲル君
思ったより出番が少なかった彼ですが、やはりその存在感は雄大であり、
そしてまた今回もラストで美味しいところを持って行きやがりました。
そして意味深な発言も2つ。
1つ目がゲンドウと冬月を見て「はじめまして、お父さん」と言ったこと。
これはどういう意味であろうか?
そして、どっちがお父さんなんだろうか?
そう言えば、従来のエヴァでは、カヲル君はアダムのコピーでした。
そして、リリスのコピーであるレイがユイのクローンであったことからも、
カヲル君は誰のクローンなのか?
髪の色が同じだから、実は冬月のクローンなのではないのか?
という憶測が飛び交っていましたが、この疑惑も今回のこの発言によって
再び浮上するのでしょうか。
そして2つめの発言。
ラストで月より飛来し、ロンギヌスの槍(と思われる)を上空から投げつけ、
旧劇場版の弐号機みたく、初号機を串刺しにしたわけですが、
その時に彼は、「今度こそ君だけは幸せにしてみせる」とか、
そんなことをシンジに言っておりました。
この「今度こそ」の件、そして「序」での意味深な発言を併せて考えると、
やはりこれって「ひぐらし状態」なんだろうか?
彼の登場によって今後どんな展開になっていくのか、ますます目が離せません。

 「破」その5 エロ過ぎるゼルエル
ゼルエルに限らず、今回の使徒も従来のモノとは大きく変わっていました。
前述した第七使徒なんて原型を留めていなかったし(って言うか全くの別物)、
第八使徒のサハクイエルも、最初の見た目はレリエルみたいだったのが、
落下直前でようやく従来のものっぽくなったり、
第九使徒(参号機)もなぜか腕が生えてきて4本腕になったり、
と色々変わっていました。
しかし、ゼルエルはもっと凄い!って言うか、酷い!
なんと言っても零号機を食って零号機と融合するんですから。
しかもそれで女体化ですよ、女体化!
巨大綾波再び!ですよ!
ってなんでそっちなんだよ!と。
普通、零号機と融合したなら、零号機の体になるもんだろ!
なんでパイロットのレイの体になってんだよ!
しかもすっ裸で。
ボクには使徒のことがよく分かりません。

 「破」その6 ポジティブなキャラ達
前回の「序」同様、キャラ達が従来とは打って変わって凄くポジティブになってるのが
非常に好感が持てます。
今回はシンジに限らず、アスカやレイにも大きな心境の変化が表れていました。
アスカは今まで独りが良いという考えだったのが、シンジ達と触れ合うことで、
「人と話をするのは楽しい」と思うようになったし、
レイは料理に挑戦した上に、ゲンドウとシンジを仲良くさせようと食事会を企画したりと、
かなりアグレッシブな行動を取っていました。
それだけに、あんな展開になってしまったのは切ないことこの上ないですね。
特に、ダミーシステム(なぜかダミープラグとは言われてなかった)の初号機が
参号機をボコる(って言うにはグロ過ぎるんだが)シーンで流れていた、
「今日の日はさようなら」はあまりに切な過ぎ。
しかし、ここまで悲劇的な展開にしながらも、従来のものとは違って、
ゼルエルとの戦いで希望を感じさせるところが良かったですね。
なんと言っても、あのシンジが自らの意思で初号機を暴走させ、
取り込まれたレイを救うため、必死になって呼びかけ、手を懸命に伸ばすところとか、
バックで流れてる「翼をください」が不思議とマッチしてることも相まってか、
凄く感動的で盛り上がるシーンになっていました。
ただ、それでもまだまだ前途多難な状況は変わらないので、
今後どうなるのか不安でもあるのですが、シンジ達には最後まで今のポジティブさを
持ち続けて欲しいなあと思います。

 「破」その7 その他色々
狙ってやってるのかどうかイマイチ定かではないのですが、
いたるところに「遊び」が見られましたね。
まず冒頭でスタジオカラーのロゴが出るところでウルトラマンの変身する効果音が
流れていたこととか………。
これもそこはかとなく笑えたのですが、よもやこれをウルトラマンのパクリだと
騒ぎ立てる奴とかおりますまいな?
まあ、そんなことはどーでもいいとして、そこはかとなく笑えたと言えば、
エヴァ3体が走ってるシーンも、『エアマスター』のEDやアイシールド21を思い出して
ちょっと笑えました。
また、前述したように見えそうで見えない、別の意味でギリギリの戦いを繰り広げた
アスカも見事でした(笑)。
あとは、やはり音楽がすごく良かったですね。
ただ、日常パート(特に学校)で『彼氏彼女の事情』の曲が流れていたように思える
のは気のせいだろうか?
まあ、そんなこんなで、映像、音楽、演出などの点においても、
一瞬たりとも気を緩められない、極上のものに仕上がっていたと思います。

 「破」その8 従来のモノとの変更点とか謎とか……
前述したように、アスカの名前が「惣流」が「式波」に変わっていたりとか、
ダミープラグがダミーシステムに名称が変わっていたりとか、
色々と変更点も見られましたが、謎や設定についての変更も今回多々見られました。
特に謎の部分については、結構重要な変更もあったみたいで、
以下にそれらを私の曖昧な記憶に基づいて記したいと思います。

 1.加持が持ち込んだアダムが今回、「ネブカドネザルの鍵」に変わっていた。

  こうなると、第一使徒のアダムの存在はどうなるんでしようねえ。
  やはり月にあったのがアダムなんでしょうか。
  そして、この「ネブカドネザルの鍵」とやらははたしてなんなんでしょうか?
  そして使途との関係は?
  文字通り、今後の展開において非常に重要な鍵になることは間違いないでしょう。

 2.ゼーレとネルフ(ゲンドウと冬月)の溝深まる

  まあ、これも旧作では目的が両者の間で食い違っていたわけですが、
  今回もそれは変わりません。
  そこで現時点での両者の目的を以下に記すと、

    ①ゼーレの目的
     真のエヴァンゲリヲンを創ること。
     4号機以降のエヴァの生産もそのためのものであるらしい。
     エヴァの個数はさほど重要視していない。
     そして、そのことはゲンドウと冬月も最初は聞かされていなかった。

    ②ゲンドウと冬月の目的
     初号機の覚醒とリリスの復活。
     ゼーレのエヴァの量産に対して急いでいる模様。
     ゼルエルとの戦いで初号機の覚醒は叶ったかに見えたが………

  と、こんな感じですかね~。
  ただ、漠然とした印象としては、ゲンドウと冬月には旧作のような余裕があまり
  感じられませんでした。
  旧作ではゲンドウと冬月が裏で色々企んではゼーレを出し抜いていたような
  感じだったんですが、今回はそれが逆転してるように思えます。
  裏死海文書も公開されていない部分もあるらしいし、
  4号機以降の建造も聞かされていなかったし、カヲル君のことも知りませんでした。
  (もっとも、視認できなかっただけなのかもしれませんが)
  このことからも、今の時点ではゲンドウと冬月の方がゼーレ側に圧されてるように
  思えますが、次回はどうなるんでしょうか? 
  予告では「廃棄される要塞都市」、「幽閉されるネルフ関係者」、
  「ドグマへと投下されるエヴァ6号機」、「胎動するエヴァ8号機とそのパイロット」
  とありましたから、いよいよゼーレとネルフの全面対決になっていくんでしょうけど、
  これらのことから判断すると、ものっそい不利に思えますね。
  まあ、旧作でも戦況という点でみれば見るに耐えませんでしたからね。
  ただ、この両者の対立がシンジ達にどのような影響を与えるのか、
  注目したいものです。

=======================================================================

 えー、まだまだ語りつくせないところもあり、何か肝心なことを忘れているような気も
するのですが、あんまり長くなってしまうのもアレなんで、ここらで終わります。
前回の「序」の感想でもそうだったんですが、何気に見当違いのこと言ってたり
するかもしれませんが、もしそういう点にお気づきになられたら、
軽く流されることをオススメします(笑)。
まあでも、あと一回は観に行くつもりなので、後で間違いを修正したり、
加筆したりすることもあるかもしれませんが、この点についてもサラッと流されるよう
お願い申し上げます。
ご精読ありがとうございました。

 【おまけ(前作「序」の感想など)】
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の感想
初心者必見!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の楽しみ方
フライング エヴァサントラの感想

|

« フライング漫画ナツ100 こぼれ話④~気弱な決意表明~ | トップページ | MASTERキートン »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

見てきました!まさしく「破」というタイトル通りでした。また、次回作「Q」が期待されます。昔のゲリオンのストーリーやキャラクター、映像、BGM、宣伝などなどが、ゲリヲン「破」で、見事にボク自身の期待していた以上の作品になっていました。また、ゲリヲンの期待のハードルが上がったと思いました!監督、製作関係者やファンの皆様の熱い願いや愛があってこそのエヴァなんでしょうね。これこそ、アンチATフィールド?

投稿: | 2009年6月29日 (月) 01時34分

どもども。コメントありがとうございます。
いや~本当に面白かったですね~。
私にとっても期待以上の出来だったと思います。
それだけに、次回作の「Q」がどうなるのか、期待は膨らむばかりなのですが、唯一不安があるとすれば、あとどれくらい待たされるのだろうか?
ということくらいですね。
まあ、あれだけのクオリティを出すにはそれなりに時間がかかるのは致し方ないとは思いますけど、それでもやはり早く続きを見せて欲しいと願わずにはいられない、今日この頃です。

投稿: J影虎 | 2009年6月30日 (火) 22時35分

はじめましてまとめからきました。
感想が細かくてDVD発売前に読んで楽しめましたw

>1つ目がゲンドウと冬月を見て「はじめまして、お父さん」と言ったこと。
>これはどういう意味であろうか?

これ、なんかシンジの親父さんって意味だと考えてたんだけど違うんですかね?カヲルのキャラ的に。「お義父(とう)さん、シンジ君は僕が幸せにします(笑)」ってキャラだと思ってましたw実は深い意味があるんですかね?これでカヲルがゲンドウのクローンだったら似てなすぎて怖いけどTV版の台詞やなんか考えて整合性はとれるようなとれないようなですね。ただそうすると明かされなかったオフィシャル設定てんこ盛りって扱いのゲーム・エヴァンゲリオン2の設定とか漫画の設定どうなるんだとは思いますがw使途の意味とかはエヴァンゲリオン2や漫画版のままでいって欲しいですね。

ホントQはどうなるのか期待が大きいぶん不安も大きいですね。

投稿: るどるふ | 2010年5月19日 (水) 02時02分

るどるふさん、どうもはじめまして。
コメントありがとうございます。

>これ、なんかシンジの親父さんって意味だと考えてたんだけど違うんですかね?

なるほど、そういう単純な解釈でもいいのかも。
旧作においても、2人が実際に面識があるかどうかってのは、
はっきり分かってないわけだし、「そういや、はじめましてだったね」くらいの軽いノリで、
ふと口にしただけで、特に深い意味はないのかもしれませんね。
もっとも、実は冬月先生がお父さんだという可能性も、ないわけでもなくはありません……って、それはさすがにないかな?やっぱ。

>ホントQはどうなるのか期待が大きいぶん不安も大きいですね。

ほんとだよね~。
私は特にカヲル君が、何気に死亡フラグ立ててるような気がして不安でなりません。
シンジのことより、まず自分のことを考えて欲しいものです。

投稿: J影虎 | 2010年5月20日 (木) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/45469813

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 の感想:

» ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
友人を説得して2回も観てしまったw 序の衝撃と面白さが100だとしたら、破は500って所でしょうか? タイトルの通り、本当に『エヴァンゲリオン』の世界観をぶっ壊した内容になってましたな(もちろん良い意味で) そして観終わった後、各キャラクターの事...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 14時32分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
公開初日に観に行ってきました ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 さすがに今回の作品は混雑する予 [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 19時00分

» 劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [日々“是”精進!]
 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞してきましたオリジナルのTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4部作の第2弾。本作は完全新作をベースに制作、新たなヒロインや新型エヴァンゲリオンの登場などデザインと設定が大幅に刷新され...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 19時26分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」破の限りを尽くされて見つけた愛するものを守る意味 [オールマイティにコメンテート]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は1995年から1996年に掛けて放送されたエヴァンゲリオンの劇場版を新たにリメークした作品で、前回の序に続く新ストーリーも組み込まれた新劇場版第2弾である。今回は前回の続編だけでなく、新キャラクターである真希波・マリ・イ...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 21時19分

» 新世紀ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 ネタバレ&感想 [あっ!やせいのブログがとびだしてきた!]
ひっじょーに濃厚なネタバレ注意!! 嫌なら見るな!嫌なら見るな! [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 21時56分

» 映画 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』 [アニメって本当に面白いですね。]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破   現時点での評価:4.0〜4.5   []   総監督 : 庵野秀明   監督 : 鶴巻和哉・摩砂雪   キャラデザ : 貞本義行   メカデザ : 山下いくと   アニメ制作 : カラー   http://www.evangelion.co.jp/ ... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 23時02分

» [映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆明日、また観に行くので、ちゃんとした感想は後ほど・・・^^  でも、これ、現時点では究極とも言える<大エンターテイメント作品>だと思う。  本日忙しく、明日も忙しいので、今はちゃんと書けないですいません^^;  ファースト・インプレッションを箇条書きで記しておく。      ◇   ・冒頭に戦う使徒、全くのオリジナルデザイン。    私が、…だけではなく、多くのファンが再観するのを期待しているかのように、やや把握しづらい全容。    同様にエヴァ5号機も造型が分かりにくい。   ・マリ... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 23時23分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [そーれりぽーと]
オリジナルの面白さはわからず、前作も楽しめなかったけど、とりあえず流行ってるので『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観てきました。 ★★★★★ うはっ、面白い! 最初から最後まで超ハイテンション。 前作で最も盛り上がったヤシマ作戦バリのアドレナリン出まくりなバトルの連続の間に、キャラクター達の魅力爆発な人間ドラマローパートを絶妙に挟んで描く『破』は、俺のヱヴァンゲリヲンに対する「意味わからんし、くどいし」というイメージを破ってくれました。 ちなみに前作は★3個でした。 ほぼオリジナル通りの展開だ... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 00時22分

» 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』 [唐揚げ大好き!]
  真の姿が現れる、新EVA伝説第2ステージ  ■汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオ... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 06時48分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Akira's VOICE]
頭の中がエヴァ色に染まる見応え。   [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 10時07分

» ヱヴァンゲリオン新劇場版・破 [ストロボフィッシュ]
評価:★★★★☆ まろやかヱヴァ?(ネタばれは極力なしの方向で) ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray] posted with amazlet at ... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 11時32分

» お一人さまで“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破” [『ならうよりなれろ!!』]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観にいってまいりましたよ。 初日・初上映のチケットを、2日前にPCの前にスタンバってゲット。 アラフォー女、一人で「ヱヴァ破」 でも、気にしない~。 TOHOシネマズはものすごい混雑でした。 「ヱヴァ破」は初上映の9:3..... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 13時59分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を観てきました! [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
めーーっちゃ面白かった!!!! もうアニメや映画を見尽くしてストーリーはわかっているとはいえ、 最後は泣けたwwwwwww もうクライマックスすぎてですね!!! ・゚・(つД`)・゚・ 最高じゃああああ!序とは比べ物にならんw(おい ↓は...... [続きを読む]

受信: 2009年6月30日 (火) 22時48分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/ネタバレ感想 [ランゲージダイアリー]
 本日劇場で観てまいりました『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のネタバレ感想です。  まだ劇場で観ていない人は、「続きを読む」以降は死んでも読まない方がよいかと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年6月30日 (火) 23時00分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [C note]
観終わるなりすぐさまもう一度観たくてたまらなくなり、立て続けに次の回を本当に観て [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 10時21分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 [にき☆ろぐ]
さて、映画の日に観てきちゃいましたよエヴァ自体はTVシリーズを見ただけで旧劇場版も序も見てないんですよねそれでも今回はTV版の中盤を再構成したような内容だったので十分楽しめましたけどあと田舎で平日だったこともあり半分ぐらいの客入りで快適に見れましたね〜...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 23時55分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 Beautiful World [はらやんの映画徒然草]
素晴らしかった! 久しぶりに映画を観て、鳥肌がたつ経験をしました。 公開前はマリ [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 07時10分

» 【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [新!やさぐれ日記]
▼動機 だってエヴァだもん、そりゃ見たいでしょ? ▼感想 で、続きはいつになるのです? ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 北極のネルフ施設であるベタニアベースに、第3の使徒が現れた。エヴァンゲリオン仮設5号機で迎撃にあたるのは謎の少女、真希波・マリ・イラストリアス。仮設5号機は、体を欠損させながらも第3使徒を殲滅するが、使徒のコアを破壊した直後に自爆してしまう。自爆する直前に仮設5号機から脱出したマリは「自分の都合に大人を巻き込んでしまった」とつぶやくが、その言葉に後... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 09時13分

» エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 05時17分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [C note]
観終わるなりすぐさまもう一度観たくてたまらなくなり、立て続けに次の回を本当に観て [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 14時41分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [よろずな独り言]
 行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう少し経ってから(出来たら)アップしたいと思います。そうそう,今回は「やはり来てると思いました。」なんて失礼なことをいう後輩とは会いませんでした。(爆)... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 22時30分

» ハジメマシテオトウサン [*nicoponism]
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 感想メモ 公開されて日も経ってるのに満席でしたよほんとすごい人だった!あまりにも素晴らしすぎて震え・・・た!リアルタイムでTVみて翌日に学校で昨日の放送について熱くか... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 12時27分

» もう一回エヴァ破見てきた [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
朝遅く起きて、ふと思い立ってもう一度エヴァンゲリオン新劇場版:破を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 01時30分

« フライング漫画ナツ100 こぼれ話④~気弱な決意表明~ | トップページ | MASTERキートン »