« ディケイドの話 | トップページ | ジャンプ41号の感想 »

2009年9月 6日 (日)

けったグランプリ

 最初にけったさんの言動について振り返ってみましょう。
まあ、色々と批判されたりもしていましたが、そこまで怒ることでもないのでは?
と思いますね。
少なくとも、けったさんは先日の修都さんのネトラジと掲示板の書き込みに対して
怒ってるわけでもなんでもないと思うんですよ。
単に、あのわざとらしい、ネトラジが終わってからの登場をやりたかっただけだと
思うんですね。
ですから、修都さんの第二回ネトラジの日取りが決まった頃から、
「その日は都合が悪くて聞けない」という伏線を張っておいたと思うんですよ。
アレをやりたいがために。
本当は最初から最後まで全部聞いていたんじゃないですかねえ。
そうでなければ、あの掲示板の書き込みだけでどういうことを言われてたか?
なんて分かるはずもありません。
実際に、「こっ、これは…」の書き込みから、
次の「めっちゃいろいろ言われてるやんけ!!」が書き込まれるまでの時間が
わずか51秒しかなく、この間に掲示板の書き込みすべてを読んだってのは、
考えにくいし(速読法をマスターしてれば別)、けったさんについては言う程
そんなに書き込みがあったわけでもなかったですから。

 ゆえに、けったさんがあの掲示板の書き込みを見て怒ったから、
腹いせに「カンコンやる」と言い出したってのは全然違っていて、
あくまでネタとしてやったってのが正解だと思います。
もっとも、「ネタなら何やっても許されるのかよ!」
と言われてしまえばそれまでですが……。

 次にカンコン3の開催についてですが、
これは確かにけったさんが軽率だったとは思いますね。
何しろ、カンコンについて知らなかったと言うのですから、
そこは非難されても仕方ないところだと思います。
ただ、自らカンコンを開催するというその心意気は認めてあげても良いのでは?
と思いますね。
確かにけったさんの言うとおり、カンコンやりたければ自分で開催するなりして
やれば良かっただけの話なんですね。
それなのに我々は誰一人としてそういうことをしなかった。
その理由は多忙であるとか時間的なことももちろんあったりするんでしょうけど、
最大の理由は、「自分がやってもありさちゃんの時程盛り上がらないのでは?」
「人も集まらないのでは?」という不安にあったと思います。
その結果、ありさちゃんの存在の大きさを改めて痛感させられてしまい、
「ありさちゃんと比較されるのが怖い」などと自分が傷つくことを恐れてしまい、
「やっぱりありさちゃんあってのカンコンだよね~」と思うように、いや思い込むように
なったのではないでしょうか?
それを考えると、例えありさちゃんのことやカンコンを知らないが故の蛮勇とは言え、
けったさん自ら「カンコン3を開催するよ」と宣言し、参加者をも指名した事については、
色々と問題はあるものの、その勇気と行動力は評価しても良いと私は思います。

 考えてみてください。
あなたにけったさんと同じようなことが出来ますか?
その勇気がありますか?
我々はいつしかその臆病な自尊心と尊大な羞恥心で虎になっていたのです。
そのことをよく認識し、省みないといけません。
強者なんていない!みんな弱者なんだ!
けったさんにしてもそうです。
だから、こういうことはみんなで支え合い助け合っていかなければなりません。
カンコン関係者であるならばなおのこと。
まっ、そんなわけで、私も出来る限り協力をしたいと思います。
いらないかもしれないけど。

 それと、締め切りと時間についての問題ですが、
私は最初の9月22日(火)まででも良かったと思いますよ。
と言うのもですね、こういう風にぬきうちテストみたいにやるというのも面白いと
思うんですよね。
私もカンコンについては今までに色々と考えてきましたが、
その中で、「○○についての感想を述べてください。制限時間は50分です」
みたいに、テーマと時間制限を決めるという案も浮かびました。
やはり、「時間がないから面白い感想書けませんでした」と言うのも、
何かちょっと違うし、そんなんじゃプロ失格だと思うんですね。← 何のプロだよ!
武道家や格闘家が素人相手に「不意打ちされたんで負けました」
とか言うようなものです。
時間がないならないで、その短い限られた時間内でも、それなりの面白い感想を
提供するってのが「本物」だと思うんですよ。
もっとも、自分はどうなのか?と問われれば「まったく自信なし」なんで、
実際にこれをやられると非常に困るわけですが(笑)、
まあ、そういうことをたまにやってみるのも面白いのではないでしょうか。

 えー、そういうわけで、カンコン3改め『けったグランプリ』が開催されたわけですが、
改めてここに参戦の意を表明しますので、よろしくお願いします。

|

« ディケイドの話 | トップページ | ジャンプ41号の感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/46092902

この記事へのトラックバック一覧です: けったグランプリ:

» 速読 教室 [速読 教室]
速読 教室についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 09時50分

« ディケイドの話 | トップページ | ジャンプ41号の感想 »