« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

科学者たちの憂鬱

 なんか最近、科学者たちの評判が悪い。
それと言うのも、事業仕分けに科学者たちが猛反発したとかしないとか、
そんなニュースが面白おかしく報道されていたためであろう。
こんなことを言うと、なんでもかんでもディケイドのせいにする鳴滝さんみたいで
心苦しい限りなんですが、例によってこのケースでも一番悪いのはマスコミです。

 と言うのもですね、要は今まで科学者たちの功績や普段どんだけ頑張っているか
というものを全然伝えようとしてなかったのが最大の元凶なんですよ。
我々の生活なんて、科学者たちの恩恵をいっぱい受けているというのに、
なぜか誰もそんなことを認識もしなければ知ろうとも感謝しようともしないし、
マスコミも伝えようとすらしないというのは、考えてみれば極めて異常だと
言わざるを得ません。

 芸能人とかスポーツ選手とか、やたらとアホみたいに、実にどーでもいい個人情報
というおまけまで付けて過剰に取り上げているくせにですよ、
なんでそれをほんのちょっとでも科学者たちに配分すらしないんですかね?

 そりゃあね、そこまでしたらさすがに問題ですよ。
ただでさえ、この国はスパイ天国ですから、そんなことをしようものなら、
根こそぎパクられてしまうのは目に見えますから。

 でも、どこそこの○○博士は□□の研究に定評があります。
くらいのことは知らせるべきだし、国民も知るべきなんじゃないの?

 だって、ノーベル賞を受賞されたことで、初めてその人を知ったっていうのも、
実に情けないじゃないですか。
なぜ、それほどまでの人を今まで知りえなかったのか?
ホンマに恥ずかしい話ですよ。

 しかも、これは逆に言えば、科学者のような人達は、ノーベル賞でも取らなければ
自身の存在を世に知らしめることが出来ないわけです。

 これってなんか不公平じゃありませんか?
先ほども少し述べましたが、例えばスポーツ選手なんて、オリンピックに出ます
というだけで、やたらチヤホヤされますよね?
まだメダルすら取ってもいないのに、その存在は世に知れ渡り、
応援までしてもらえるのですから。

 この違いはなんなんでしょうか?
スポーツ選手でここまでするのだったら、
科学者たちに対しても、○○博士が今やってる研究がうまくいけば、
ノーベル賞も夢じゃないぞ。
おい、みんな○○博士を応援しようぜ。
わっしょい、わっしょい。

…と、国をあげて盛り上げてもいいじゃないですか?
なぜ、それをやらん!
ホンマ、ええ加減にして欲しいものだす。

 まっ、そんなわけで、例によって一番悪いのはマスコミではあるのですが、
今の今まで、自分らの活動内容などをPRしてこなかった科学者たちも悪いし、
彼らに何の関心も示さないばかりか知ろうともしない国民1人1人にも責任が
あるとも言えるわけなので、この辺りもうちょっとどうにかならんかなーと思う、
今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

J影虎語録 その弐拾九

ラブ&ピースが一番ですわ

=======================================================================

 【用 途】
自分が博愛主義者、平和主義者であることをアピールしたい時に使用。
なお、その際にはニヤリと意味ありげな笑みを浮かべるとなおよし。
また、このセリフは裏に「愛と平和のために自らの手を汚すこともいとわんよ」
みたいな意味を持たせることで、相手を威圧することにも使用できる。

======================================================================

 【元ネタ】
SAMURAI DEEPER KYO』に登場する、鎭明(ちんめい)のセリフ。
原文はどうだったかはよく覚えていない。

======================================================================

 【備 考】
 ホンマに一番かどうかは関係ありません。

========================================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳩山さんの受難

 なんか母親から贈与を受けただの受けてないだの、
てんやわんやのお祭り騒ぎが今でも続いているわけですが、
いい加減にして欲しいですね。
騒ぎたてるマスコミと国民に………
鳩山さんもウダウダやってないで、ビシッと言ってやればいいのに。

おまえ達は母親にもらったお小遣いの額を一々覚えてるのか?
と。

…戯言だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

twitter始めました

 はい、タイトルどおり、twiiter始めました。
本当はもっと早くに始めたかったのですが、
修都さんに先を越されてしまったので、
このタイミングでやると、修都さんの真似してると思われてしまう……
「真似っ子やーい」と、揶揄されるかもしれない……
そんな臆病な自尊心と尊大な羞恥心から、
今まで自粛していた訳ですが、やっぱり始めることにしました。

そんなわけで、例によってしょーもないことをウダウダ述べていきますので、
ひとつ、よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

最近観た(観てる)ドラマの感想

 【東京DOGS
イマイチですね~。
まあ、そんなに観たわけでもないんですが。
それに、吉高由里子さんが結構重要な役どころを演じてる辺り、
女優として着実にサクセスロードを歩んでるように思えるのですが、
最近、仕事が激減してるグラビアアイドル達はこういうのどう思ってるんだろうか?
「私ですらまだ連ドラなんて出たことないのにぃ~」とか悔しがって憎悪の炎を
燃やしてるんだろうか?
等と、全然関係ないことを考えてしまう今日この頃です。

 【ライアーゲーム シーズン2
前作はほとんど観たことがなく、今回のシーズン2から本格的に視聴し始めたけど、
中々面白いですね。
ストーリーや手に汗握る頭脳戦、心理戦もそうですが、
出演者のオーバーリアクションが一番笑えます。
加えて、大げさな演出、ユニークなカメラワークも中々にGood!
このドラマのスタッフが『遊戯王』の実写版とか作ったら、
かなり面白くなるんじゃなかろうかと思ってしまいます。
ただ、直ちゃん(戸田恵梨香)のモノローグ風のナレーションが一々ネタバレし過ぎ
なので、そこは自粛して欲しいなあと思う、今日この頃です。

 【リアル・クローズ
例によってあまり観てないんですが、そもそも香里奈さんに
イケテナイ女を演じさせること自体が失敗だったのではないかと……。
って言うか、たかだかダサい黒縁眼鏡をかけただけで、
「見た目が全てではないと思います!」と力説されても、
嫌味にしか聞こえないから、なんだかなあ~と思ってしまいます。
せめて、『ショムニ』の女優陣くらいに、ためらわず怯まず腐らず「変顔」を
してみせるくらいのことはしないと、視聴者は納得しないんじゃなかろうか?
かと言ってやり過ぎると、『弁護士のクズ』の豊川悦史さんみたく、
マスコミによってイメージダウンさせられてしまいますから、難しいところですね。
まあ、ドラマ自体の感想は全然述べてないような気もするんですが、
そういうわけで、香里奈さんは何気に女優としての壁にぶち当たってるのでは?
と思います。
ここがいわゆる正念場!!

 【ギネ 産婦人科の女たち
これもほとんど観てないんですが、
なんで藤原紀香はここまでよいしょされるものなんでしょうか?
離婚したと言うのに、イメージアップして仕事が増えるってのはおかしいのでは?
そりゃあ確かに陣内君の方に問題あったかもしれないけど、
かつて貴ノ花と破局した宮沢りえなんて、破局後はまったく仕事が来なくなったと
いうのに、この違いはなんなの?
と、これまたドラマとはまったく関係のないことを考えさせられてしまうのでした。

 【不毛地帯
2,3回観たけど中々面白かった。
しかし、視聴率が振るわず、やたらと酷評されてるみたいなので、
ちょっとムカムカパラダイスな今日この頃です。
そもそも、演技力に定評のある唐沢寿明を捕まえて、
当時の時代背景(昭和40年代)において彼の演技が軽いとか、
一体何を根拠にそんなこと言ってるのか説明して欲しいものです。
そん風に漠然と軽いと言われても、比較対象がない限り、
そんなもんこっちは全然分からないっすよ。
では、誰だったら、誰の演技なら、昭和40年代に相応しいのか?
それを言ってもらわんと。
それに、いい加減視聴率云々言うのはやめて欲しいですね。
視聴率は取れてないけど、これはいいドラマでっせ。
とか、たまには言えんのか!
ホンマ、いい加減にして欲しいものだす。

 と、ここまで擁護しておいてなんですけど、
唐沢さんの嫁はん役である和久井映見さんが、
仕事一辺倒で家庭を顧みない唐沢さんに対して、
「家族を何だと思ってるの?」とか「仕事の方が家族よりも大切なんですか?」とか
不満をぶちまける辺り、当時の時代背景を考えると、リアリティがないと思います。
うん、当時はまだそんな考え方、日本にはなかったと思うんだ。
よく分からんけど。
でも、少なくとも私の母は「それも致し方ない」という考え方でしたぜ。
あと、唐沢さんのライバル的存在の遠藤さんが、毎回宮迫に見えてしまうので、
これもなんとかして欲しいものです。
完全に言いがかりですが(笑)。

 【おひとりさま
一昨日はじめて観たんですが、
松下奈緒さんが「ここからはステルス奈緒の独壇場っすよ」
と言わんばかりに、小池徹平に強烈なアプローチをかけてたんでワロタ。
(ステルス奈緒がなんのこっちゃ分からない方はこちらこちらをご参照ください)
今後のステルス奈緒の活躍に期待!

 【サムライ・ハイスクール
日テレ土9らしいおバカドラマっ振りが素敵。
昨日も観ていたら思わず笑ってしまいました。
主人公の妹さんの「お兄ちゃんは何も悪いことしていない」という主張の根拠が、
「だって、お兄ちゃんなんだもん」だったり、
「じゃあ、奴(主人公)はなんで日本刀持って逃げてるんだ!」という警察の尋問に
対する、主人公(三浦春馬)の舎弟的存在(城田優)の返答が、
「それは、殿がサムライだからです」
といったとんちんかんなものだったりするから、
おまえらアホちゃうか?
と思わずにはいられませんでしたが、今までもこんな感じだったんでしょうか?
そう言えば、前々回も、ヒロイン的存在な娘(杏)が、
唐突に、「小太郎、サムライになってー!」とか叫んでいましたから、
一事が万事、こんな調子だったのかもしれない。
そう考えると、このドラマ、実はネタドラマとして相当面白かったのでは?
と思えてしまうので、ちゃんと観ておけばよかったなぁ~と、
後悔してしまいそうになりますが、「反省しても後悔しない」というのが私の信条なので、
こんなところでこんなしょーもない後悔をするわけにはいかない!
今更生き方を変えられん。大人とはそういうものだ。
と思ってしまう、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

最近プレイしたゲームの感想

 【ラブプラス】
つい魔が差してプレイしてしまいました。
が、率直に申し上げると、噂ほどでもなかったかなぁ~と。
と言うのもですね、ぶっちゃけ作業なんですわ。
RPGのレベル上げみたいな……。
来る日も来る日もなんか訳の分からんスケジュール立てて、
それによって好感度が上がったり下がったりして、
気が付けば、愛花といい感じになってるじゃないですか。
って、バカヤロー!
オレの本命は寧々さんなんだよ!
寧々さんとイチャイチャしてーんだよ!
なのに、なんで愛花なんだよ!
そりゃあ、確かに最初の方は二股かけてたよ!
でも、何がどうなって愛花に行き着いたのか、そこをはっきりさせて欲しいんですよ!
おまけに、やり直そうと思ってもやり直せないし、セーブせずに電源落とした日には
なんか怒られてしまうし、訳分からんわ、ホンマ!

…まっ、そんなわけで、残念ながらこの作品は私の肌に合いませんでした。
うん、どっちかっつーと、普通の恋愛シュミレーションゲームの方がまだいいかな。
ただ、今回の一件で、「二股は難しい」ということが身にしみて分かったのは、
それこそ「プラス」だったかな?
と思わないでもないですが、漂う今日この頃です。 

 【Memories Off 2nd(メモリーズオフセカンド)】
で、普通の恋愛シュミレーションゲームであるこちらをプレイしてみたんですが……
イマイチでしたね。
それほど感動っぽい感動を抱くことはありませんでした。
それもこれも、メインヒロインである、ほたるちゃんが少しばかし痛い子だったのが
原因かと。
正直、あのラストシーンはちょっと引きましたからね。
メインヒロインでこれかよ!みたいな。
むしろ、南つばめルートの方が、声優が私の好きな池澤春菜様ということもあって、
感情移入できたと思います。
もっとも、翔太君は涙目状態でしたが(*^-^)、

 まっ、そんなわけで、前述したように、この作品も私にとってはイマイチでしたが、
この作品での水樹奈々さんと池澤春菜様の演技、声質が、
私の知ってるものとはまた違っていたので、「へえ、こういう声も出せたのか」
「こういう演技も出来たのか」と、新たな発見もあったので、
その点においては有意義であったと思います。

 えー、他にもあったはずなんですが、長くなってしまうので、
今回はここまでにしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »