« 最近プレイしたゲームの感想 | トップページ | twitter始めました »

2009年12月 7日 (月)

最近観た(観てる)ドラマの感想

 【東京DOGS
イマイチですね~。
まあ、そんなに観たわけでもないんですが。
それに、吉高由里子さんが結構重要な役どころを演じてる辺り、
女優として着実にサクセスロードを歩んでるように思えるのですが、
最近、仕事が激減してるグラビアアイドル達はこういうのどう思ってるんだろうか?
「私ですらまだ連ドラなんて出たことないのにぃ~」とか悔しがって憎悪の炎を
燃やしてるんだろうか?
等と、全然関係ないことを考えてしまう今日この頃です。

 【ライアーゲーム シーズン2
前作はほとんど観たことがなく、今回のシーズン2から本格的に視聴し始めたけど、
中々面白いですね。
ストーリーや手に汗握る頭脳戦、心理戦もそうですが、
出演者のオーバーリアクションが一番笑えます。
加えて、大げさな演出、ユニークなカメラワークも中々にGood!
このドラマのスタッフが『遊戯王』の実写版とか作ったら、
かなり面白くなるんじゃなかろうかと思ってしまいます。
ただ、直ちゃん(戸田恵梨香)のモノローグ風のナレーションが一々ネタバレし過ぎ
なので、そこは自粛して欲しいなあと思う、今日この頃です。

 【リアル・クローズ
例によってあまり観てないんですが、そもそも香里奈さんに
イケテナイ女を演じさせること自体が失敗だったのではないかと……。
って言うか、たかだかダサい黒縁眼鏡をかけただけで、
「見た目が全てではないと思います!」と力説されても、
嫌味にしか聞こえないから、なんだかなあ~と思ってしまいます。
せめて、『ショムニ』の女優陣くらいに、ためらわず怯まず腐らず「変顔」を
してみせるくらいのことはしないと、視聴者は納得しないんじゃなかろうか?
かと言ってやり過ぎると、『弁護士のクズ』の豊川悦史さんみたく、
マスコミによってイメージダウンさせられてしまいますから、難しいところですね。
まあ、ドラマ自体の感想は全然述べてないような気もするんですが、
そういうわけで、香里奈さんは何気に女優としての壁にぶち当たってるのでは?
と思います。
ここがいわゆる正念場!!

 【ギネ 産婦人科の女たち
これもほとんど観てないんですが、
なんで藤原紀香はここまでよいしょされるものなんでしょうか?
離婚したと言うのに、イメージアップして仕事が増えるってのはおかしいのでは?
そりゃあ確かに陣内君の方に問題あったかもしれないけど、
かつて貴ノ花と破局した宮沢りえなんて、破局後はまったく仕事が来なくなったと
いうのに、この違いはなんなの?
と、これまたドラマとはまったく関係のないことを考えさせられてしまうのでした。

 【不毛地帯
2,3回観たけど中々面白かった。
しかし、視聴率が振るわず、やたらと酷評されてるみたいなので、
ちょっとムカムカパラダイスな今日この頃です。
そもそも、演技力に定評のある唐沢寿明を捕まえて、
当時の時代背景(昭和40年代)において彼の演技が軽いとか、
一体何を根拠にそんなこと言ってるのか説明して欲しいものです。
そん風に漠然と軽いと言われても、比較対象がない限り、
そんなもんこっちは全然分からないっすよ。
では、誰だったら、誰の演技なら、昭和40年代に相応しいのか?
それを言ってもらわんと。
それに、いい加減視聴率云々言うのはやめて欲しいですね。
視聴率は取れてないけど、これはいいドラマでっせ。
とか、たまには言えんのか!
ホンマ、いい加減にして欲しいものだす。

 と、ここまで擁護しておいてなんですけど、
唐沢さんの嫁はん役である和久井映見さんが、
仕事一辺倒で家庭を顧みない唐沢さんに対して、
「家族を何だと思ってるの?」とか「仕事の方が家族よりも大切なんですか?」とか
不満をぶちまける辺り、当時の時代背景を考えると、リアリティがないと思います。
うん、当時はまだそんな考え方、日本にはなかったと思うんだ。
よく分からんけど。
でも、少なくとも私の母は「それも致し方ない」という考え方でしたぜ。
あと、唐沢さんのライバル的存在の遠藤さんが、毎回宮迫に見えてしまうので、
これもなんとかして欲しいものです。
完全に言いがかりですが(笑)。

 【おひとりさま
一昨日はじめて観たんですが、
松下奈緒さんが「ここからはステルス奈緒の独壇場っすよ」
と言わんばかりに、小池徹平に強烈なアプローチをかけてたんでワロタ。
(ステルス奈緒がなんのこっちゃ分からない方はこちらこちらをご参照ください)
今後のステルス奈緒の活躍に期待!

 【サムライ・ハイスクール
日テレ土9らしいおバカドラマっ振りが素敵。
昨日も観ていたら思わず笑ってしまいました。
主人公の妹さんの「お兄ちゃんは何も悪いことしていない」という主張の根拠が、
「だって、お兄ちゃんなんだもん」だったり、
「じゃあ、奴(主人公)はなんで日本刀持って逃げてるんだ!」という警察の尋問に
対する、主人公(三浦春馬)の舎弟的存在(城田優)の返答が、
「それは、殿がサムライだからです」
といったとんちんかんなものだったりするから、
おまえらアホちゃうか?
と思わずにはいられませんでしたが、今までもこんな感じだったんでしょうか?
そう言えば、前々回も、ヒロイン的存在な娘(杏)が、
唐突に、「小太郎、サムライになってー!」とか叫んでいましたから、
一事が万事、こんな調子だったのかもしれない。
そう考えると、このドラマ、実はネタドラマとして相当面白かったのでは?
と思えてしまうので、ちゃんと観ておけばよかったなぁ~と、
後悔してしまいそうになりますが、「反省しても後悔しない」というのが私の信条なので、
こんなところでこんなしょーもない後悔をするわけにはいかない!
今更生き方を変えられん。大人とはそういうものだ。
と思ってしまう、今日この頃です。

|

« 最近プレイしたゲームの感想 | トップページ | twitter始めました »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/46953948

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た(観てる)ドラマの感想:

« 最近プレイしたゲームの感想 | トップページ | twitter始めました »