« 科学者たちの憂鬱 | トップページ | 例によって未定ではあるが、今後の予定とか考えてみよう »

2010年1月10日 (日)

一年の計はホンマに元旦にあるのか?

 あけたけど、それってホンマにめでたいことなのか?

な~んて野暮なことは今更言ったりはしません。
いや、言うまでもないといったところでしょうか。
まあ、これについては昨年も言いましたからね~。
私はその辺のタレントや芸人と違って、同じネタは2度も使わんのです。
はい。

 それで、その代わりと言ってはなんですが、
「一年の計は元旦にあり」ということわざに対して、今回はいちゃもんを
つけさせていただきます。

 と言うのもですねえ、ムカつくんですわ。
1年の初めを勝手に元旦(1月1日)に決めてるっとことが。
年の始まりなんて、それこそ人それぞれじゃないですか。
なんか勝手に1月が1年の始まりって決められてますけど、
人によっては、それが5月だったり、8月だったりするんですよ。
それをなんで、誰に断るでもなく勝手に1月に決めて、
それを我々に無理強するのか?
っちゅう話です。

 これはもう、ちょっとしたラビリンスですよ(笑)。
なのに、なんでこの件について誰も何も言わないのか、
プリキュアも何もしないのか、不思議で不思議でなりません。

 まあ、そんなわけで、年は明けたけど、だからと言って早急に今年の抱負だとか
目標だとか、決めることもないんじゃないかと……。
そう思うわけなのです。

 ※ ただし、1年の始まりが1月以外の人に限る

 ちなみに、私の場合、ここ数年間の抱負とか目標といった類のものは、
「現状維持」であり、今年も引き続きこのスタンスを保っていく所存ですので、
どうか今年もよろしくお願いします。

|

« 科学者たちの憂鬱 | トップページ | 例によって未定ではあるが、今後の予定とか考えてみよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/47255550

この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計はホンマに元旦にあるのか?:

« 科学者たちの憂鬱 | トップページ | 例によって未定ではあるが、今後の予定とか考えてみよう »