« 人違いに反逆 | トップページ | 長編 神戸オフ会~プロローグ4~ »

2010年2月 6日 (土)

長編 神戸オフ会~プロローグ3~

 時計を見ると5:30だった。
あまりに早い到着。
6:00発の電車まであと30分もあるではないか。
30分あれば、卵何個焼ける?

…と言うわけで、仕方ないのでオレは近くのコンビニで時間をつぶすことにした。
適当に雑誌を読みあさり、そして………空腹感を覚えた。

 さて、どうしたものか?
普段オレは朝食を取らない。
しかし、今回ばかりはそうもいかない。
なぜなら、昼食は14:30からの予定であり、
その前にボーリングをするからだ。

 ゆえに、このままだとボーリング前に、「腹が減って力が出ねえ」
ということも十分にあり得る。
かと言って、ここで朝食を取ろうものなら、
普段の生活のリズムを崩すことにもなりかねない。

 こういう些細なことから、調子が狂い結果に結び付かなかったということは、
アスリートにはよくある話である。
実際にオレ私もそうやって敗北し、消え去っていった人を今までに何百万と見てきた。

 だが、それが今まさにわが身に振りかかろうとしている。
さて、どうしたものか?
オレは熟考した。

 一番良いのは食べないこと。
これだと普段の生活のリズムも崩さないので、
通常通りのパフォーマンスが見込める。
また、空腹により感覚が研ぎ澄まされたり、エネルギー消費をおさえるため
体が無意識に自然で無駄のない動きをしてくれることも、
わずかな可能性ではあるが期待できる。
 もっとも、先程も言ったように、腹が減ってることで通常のパフォーマンスさえ
出来なくなることも大いに考えられる。
…が、そんな幼少期の悟空じゃあるまいし、たかだか一食抜いただけで、
そこまで深刻な事態になることなどあり得ない。

 それならば、食べない方がいいかもしれないな。
オレはそう思いかけた。
と、その時!
私の腹が不意に「ぐぅ~」となった。
どうやら、オレの体は相当空腹らしい。
オレの感覚としては「ぐぅ~」と腹の虫が鳴くほどの空腹感はないのだが、
現実にオレの腹は「ぐぅ~」となっている。
それは、既にオレの精神と肉体のバランスが著しく狂っていることを意味してた。

 仕方ない。この誤差を修正するためにも、少し食っておくか。
腹が減っては戦は出来ぬと言うからな。
オレはそう思った。
だが………
こんな時、どういうものを食べるのが一番良いのだろうか?

 浮かぶ疑問。よぎる不安。刻一刻と迫る出発の時。迫られる決断。
オレはまたもや実にしょーもない重大な選択を迫られていた。

                       つづく

 【次回予告】
オレに残された時間はあとわずか……
はたして、この状況を打開できる究極のメニューはあるのか?
次回、「パンか?おにぎりか?」
あなたなら、どっちを選びますか?

|

« 人違いに反逆 | トップページ | 長編 神戸オフ会~プロローグ4~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/47489930

この記事へのトラックバック一覧です: 長編 神戸オフ会~プロローグ3~:

« 人違いに反逆 | トップページ | 長編 神戸オフ会~プロローグ4~ »