« 鉄のラインバレル | トップページ | ああっ女神さまっ »

2010年6月 9日 (水)

ああ播磨灘

オススメ漫画その 54 ああ播磨灘

ああ播磨灘 (1) (講談社漫画文庫)
ああ播磨灘 (1) (講談社漫画文庫)
講談社  2002-03
売り上げランキング : 553757

おすすめ平均  star
star男の漫画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================


 【概 要】

9月場所初日、新横綱播磨灘は仮面をかぶって土俵入りに登場、人々を驚かせる。
さらに、双葉山の69連勝を破ること、今後一度でも負けたらその場で引退することを
宣言する。
相撲協会の怒りを買い、全幕内力士を敵にまわして、播磨灘の快進撃が始まる。
(Wikipediaより引用)

 …ってな感じで、孤高の力士-播磨灘が、相撲協会はおろか世論をも敵に回し
ながらも、無敗を保ち、並みいる力士をバッタバッタと倒していくという、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
実に痛快ですね。
一途に努力を重ねてきた善良な力士を、圧倒的な力でねじ伏せた挙句、
説教かましたりして、さらに貶める播磨灘の姿は実に惚れ惚れします。
そもそも、努力した奴が報われると信じて疑わない人が世の中多過ぎなんですよね。
バカを言っちゃいけない。
それこそ幻想であり、努力しようがしまいが強い奴は強いし、弱い奴は弱い、
成功する奴は成功するし、失敗する奴は失敗する、勝てる奴は勝てるし、
負ける奴は負ける、それが現実なんですよ!
この作品は、そういう現実をまざまざと見せつけてくれるので、
夢見がちな人程、読んだ方が良いのではないかと思います。

 ちなみに、ダークヒーロー的な主人公、播磨灘についてですが、
彼も一見ふざけてるようには見えますが、こと相撲に関しては真剣であり、
一応は努力もしています。
そして、時折なんかええこと言ったりもするので、
読み続けていけば、そんなに嫌悪感も抱かなくなることかと思います。
私が個人的に一番印象に残ってるセリフは、
おまえの稽古は稽古のための稽古じゃ!
そんなんで勝てるか!
…といった感じのもの。

 これには正直、感銘を受けました。
何を以って努力してると言えるのか?と考えた時、
はたして自分の行ってることは努力と言えるのか?
単なるルーチンワーク、作業と化してるだけなのではないか?
はたして、それを努力と言えるのか?
それでホンマに勝てるのか?
成功するのか?
ということを、考えさせられましたから。

 まあ、そうは言っても、私の場合、言うほど努力してないんですけどね(笑)。
でも、こういう風に、時折ハッとさせられることもありますので、
一度読んでみてはいかがでしょうか?

 最後に注意事項を。
聞くところによると、この作品の正式タイトルは
『読むと強くなる横綱漫画 ああ播磨灘』
だそうですが、私の場合、まったく強くなった実感がありません。
ひょっとしたら、私自身が気づいていないだけで強くなってるのかもしれませんが、
確かめようもないし、そんなことやって裸の王様みたくなっても嫌だし……
とまあ、そんなわけで、読むことによってホンマに強くなるかどうかは
よく分かんないので、どなたか検証していただけたら、
嬉しいなぁ~と思う、今日この頃です。

|

« 鉄のラインバレル | トップページ | ああっ女神さまっ »

漫画」カテゴリの記事

コメント

 ああ懐かしい 父がモーニング定期購読してたんで小学生くらいでリアルタイムで読んでました

凄ノ尾(母親の方がキャラ立ってたけど)とか気象予報士の勉強してた力士(名前忘れたけど)が好きでした

さだやす先生は何故かこの後の連載でかたくなに主人公の顔を播磨灘で統一しましたね(落語家まで播磨灘似にしなくても・・・)

今プレイコミックでやってる雑賀孫市も播磨顔です
というかサンデーと思いっきり被ってるな

投稿: なおくん | 2010年7月13日 (火) 21時51分

なおくんさん、どうもです。
凄ノ尾は確かに母親の方が記憶に残ってますね。
気象予報士の勉強してた力士(私も名前忘れた)は、確か唯一、播磨灘が誉めた力士だったように思います。
もっとも、その割にはあっさり負けたけど。
後は、太刀風とか紫電海とか天山辺りが印象深かったですね。
太刀風が刹那相撲とか繰り出して来た時は、いよいよトンデモ相撲に転向か?
と冷や冷やしたものでしたが、なんとかリアル相撲の域内で終わったので、安心したようながっかりしたような、複雑な気分になったことを今でも覚えています。

投稿: J影虎 | 2010年7月14日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/48561310

この記事へのトラックバック一覧です: ああ播磨灘:

« 鉄のラインバレル | トップページ | ああっ女神さまっ »