« 勇午 | トップページ | ああ播磨灘 »

2010年6月 6日 (日)

鉄のラインバレル

オススメ漫画その 53 鉄のラインバレル

鉄のラインバレル 1 (チャンピオンREDコミックス)
鉄のラインバレル 1 (チャンピオンREDコミックス) 下口 智裕

おすすめ平均
stars愛すべき馬鹿作者
stars絵がよくない
starsエヴァ+ガンダム。画力はすばらしいが、ストーリーが今ひとつ.
starsとりあえず受ける要素は詰め込みました、みたいな
starsかっこいいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】

時は2016年、社会科見学で行った海上都市建設現場で起きた事故は、
その後人工衛星の落下による事故と発表された。
事故の被害者の少年・早瀬浩一は、事故から半年後に目を覚ますが、
彼の中では何かが変わっていた。
そして2019年、突然窮地に陥った浩一の元へ巨大ロボット・ラインバレルが出現する。
(Wikipediaより引用)

 …といった感じで、ちょっと痛い言動が目立つ主人公が、
戦いに巻き込まれることにより、自分が得た力を正しいことへと使い、
真の正義の味方になるべく奮闘していくという、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
やはり、主人公の浩一君の痛さがやたらとクローズアップされますが、
私としましては、彼はまだ中学生(現在は高一かな?)だったから、
まあ許容範囲かな?と、思わないでもなかったりします。
って言うか、他のキャラ達も浩一君に負けず劣らず、
痛かったり、寒かったり、と、実に個性的なキャラが多いので、
見所である、迫力あるロボット同士のバトルよりも、人間模様、人間ドラマの方が
面白かったりします。
ゆえに、面白半分で読むのではなく、面白全部で読むことを推奨します(笑)。

|

« 勇午 | トップページ | ああ播磨灘 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/48555062

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄のラインバレル:

« 勇午 | トップページ | ああ播磨灘 »