« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月21日 (水)

戯言っぽい悩み

 最近、ねとらじの味を締めるようになった………
と言うのはちょっと違うかもしれないけど、
もう今後の更新は全部ねとらじでいいんじゃね?
とすら思えるようになってしまいました。

 しかしながら、私は昔からべしゃりとか口語というものが
あまり好きじゃないんですよね。
と言うのも、これも例によって人間批判になるんですが、
「人間って、人の言ったことすぐ忘れる愚かな生き物なのよね」
というのが根底にあるからなのです。

 そう、そんな物忘れの激しい阿呆共のために、
今まで何度私が歯がゆい思いをしてきたことか……。
私が今までHPやブログで色んな事を徒然なるままに書き記してきたのは、
まさに、そのような理由からのことであり、
私が言ったこと等を証拠として残しておきたいというところも多分にあった訳なのです。

 ただ、それでもやっぱしゃべる方が文章を書くよりも楽だったりするわけで、
先日のねとらじについても、あれを全部テキストにしてUPするとなると、
また膨大な時間がかかったかもしれないため、
今後はテキストとねとらじを上手く組み合わせながらやっていこうかなあと、
かなり真剣に悩んだりしております。

 しかしながら、その反面、ねとらじでしゃべったことをテキスト化しようかな~
と言った、先程述べたことと矛盾するようなことも同時に悩んでいたりします。
そこはホラ、私って『知の記録者』だとか『ザ・データベース』とか呼ばれてる
じゃないですか。
せやから、これも記録として残すために、テキスト化することも必要なのでは?
等と思ったりするわけです。
え?録音?
ええ、それも考えています。
けど、私は自分自身の声があまり好きじゃないので、
あまり自分で聞きたくないのです。
って言うか、自分の声を聞くなんて、怖くて怖くて出来ませんよ。ホンマに。

 まっ、そんなわけで、テキスト化も視野に入れたところで考えているのですが、
だったらねとらじじゃなく、最初からテキストでUPしろよ、とか思ってしまうし、
なにより、わざわざ長時間お付き合い下さったリスナーの方々の
立つ瀬もなくなってしまうわけで、
ホンマに、身も蓋もないことになってしまうので、
これまたどうしたものか?と悩んでいるわけです。

 過去3度、私のねとらじを聞かれた方々の中には、
薄々感づいていらっしゃる方もいるかもしれないけど、
私のねとらじのテーマの1つとして、『試験に出るぬらりひょん』的と言うか、
トリビアと言うか、「ああ、聞いて良かったなー。勉強になったなー」と思えるような
『お得感』ってのがありますから、それをブログよりも前面に押し出して行こうかなー
という思惑もあったりなかったりするわけで、
ホンマにどうしたものかなー?と思案してる次第であります。

 ※ 例:仮面ライダー格差、サッカーファンはなぜにわかを煙たがるのか?
      サッカーファンの歴史はミーハーやにわかファンとの闘争の歴史
      J影虎はW杯においてなぜオランダを応援するのか?(J影虎26の秘密)

 まっ、そんなわけで、何か良いアイディアがある方は、
忌憚のない意見をお願いしたい所存ですので、
何卒よろしくお願いします。

べ…別に、丸投げしてるわけじゃあ、ないんだからねっ!
頼んでるんだぁ!力づくで!
しかし……。
よもや、冷やかしで聞いているリスナーはおりますまいな?
毎度毎度、コメントもされなければ名乗ることもないリスナー様の正体が
激しく気になる、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

一昨日のネトラジの反省

 一昨日のネトラジを聞いて下さった方々、本当にありがとうございました。
正直、話題がW杯に絞っていたため、常連の方々は及び、
交流のある方にすら聞いていただけるかどうか、
それこそ、賭けでしタ(ハッチ風に)。

 しかし、結果的には成功とは言い難かったものの(例によって終盤はグダグダ)、
一回目、二回目の時と同じくらい、リスナーの方も集まっていただいたので、
ホッとしたと同時に、リスナーの方々には本当に感謝しております。

 ただ、やる前から告知していたように、
今回のネトラジについては、私の言いたかったこと…ややもすれば「愚痴」とも言える
ような内容を垂れ流していただけのようにも思えるので、
その点は反省しております。
そりゃ、掲示板への書き込みも少ないわなぁ~。
みんなリアクションに困ってたんだろうなぁ~。
お情けで聞いてくれてたんだろうなぁ~。
それにしても、Jonyさんっぽい(私にはそう思えた)『名無し』さんは、
はたして誰だったのだろうか?
そして、最後まで一言も発言されなかったお二人は何者だったのか?

…と、色々思うところはあるのですが、
まっ、終わりよければすべてよしってことで。
少なくとも、私は言いたいことは全部言えましたので、
それを最後まで聞いてくださったリスナーの皆さん。
重ね重ね、ありがとうございました。
次回はもっと上手くやりますので、
その時はまたお付き合いいただくよう、お願い申しあげます。

 最後に訂正事項をば。
いつぞやの中国での親善サッカーに、『曙』が出ていたと言ってましたが、
『朝青龍』の間違いでした。
ご指摘いただいた、105円均一さん、どうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

W杯を口実に、色々語ってみようのコーナー

…と言う訳でネトラジやってます。

放送URL:
http://std2.ladio.net:8130/toritome.m3u

掲示板:
http://jbbs.livedoor.jp/movie/9130/#1

放送は終了しますた。
ご清聴ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

告知~ネトラジやるにょ~

 迷いに迷いましたが、予定通り明日ネトラジをやることにします。
時間は21:00から。
内容は、主にW杯の話になる予定ですが、
具体的に申し上げるならば、 

 先日の南アフリカW杯を振り返ったり振り返らなかったり、

 W杯のテレビ放送及びマスコミや評論家共の批判をしたりしなかったり、

 ミーハーやにわかファンを断罪したりしなかったり、

 南アフリカを含め過去の5大会を振り返ったり振り返らなかったり、

 それに併せて、当時の時代背景を思い出話風に語ったり語らなかったり、

 W杯に関連して『キャプテン翼』を話題に挙げたり挙げなかったり、

 同時にテクモ版『キャプテン翼』シリーズのⅡ~Ⅴについても紹介したりしなかったり、

 また、特定のサッカー選手についてこき下ろしたり下ろさなかったり、

 私はなぜオランダを応援するのか?その謎が明らかになったり、ならなかったり

 ………etc

…といった感じに、なったりならなかったりします。

題して!W杯を口実に、色々語ってみようのコーナー

 まあ、ネトラジするかもしれないことを先日からほのめかしていたのに、
未だにどこからも誰からも何のリアクションもないってのが、
ちょっと気がかりで、そこはかとなく怖いのですが、
今のモヤモヤした気持ちのままでいるのも気持ち悪いので、
「男ならやってやれ!」の精神で、はりきっていこうと思いますので、
どうかよろしくお願いします。

 

※ 放送URLは当日UPします。

また、例によって、ご意見・ご要望等があれば、
以下のネトラジ用掲示板に書き込んでください。

 

ネトラジ用掲示板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

ネトラジするやせざるや

 先日から申し上げていたように、7/17(土)にネトラジやろうかなあ~と
思っていたのですが、カレンダーを見てみると3連休ではありませんか!
昨日、会社の同僚に「3連休何する?」と聞かれて初めて気付きました。

 そんなわけで、皆様も既に3連休の予定が入っていて、
都合が悪いのではないかな~と思った次第でして、
もしそうであれば、また延期しなければならないかな~と考えております。
まあ、これ以上延期すると、折角高揚してるテンションが下がり兼ねないんですが、
リスナーがいないさみしさに比べればまだマシですからね。

 そこで、ちょっくら皆様のご意向をお聞きしたいと思いますので、
当日、都合が悪いという方や放送時間のご希望のある方は、
油断なく躊躇いなく容赦なく、お申し付けください。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

フライング漫画ナツ100 こぼれ話⑥

 えー、薄々感づいている方もいらっしゃることかと思いますが、
もう既に「フライング」ではなくなってますねw
それどころか、周回遅れも甚だしい限りではあるんですが、
今更生き方を変えられん。大人とはそういうものだ
ってことで、ご理解のほどをお願いいたします。

 まっ、そんなわけで、ようやく51~60までが終わりましたので、
改めてご報告申し上げた次第でございます。
最近はちょっくら思うところがありまして、
今までの分はちょいとばかしネタばれが過ぎていたのではなかろうか?
と悩んだりした結果、今回の51~60は、なんともさっぱりした感じになったのですが、
今度はこれはこれで、ちょっとさっぱり過ぎるんじゃないか?
と思えるようになったわけで、今でも「あーでもない、こーでもない」と
思案しているといったところです。

 ただ、それでも早々に仕上げないといけないかなぁ~とは思ってますので、
引き続きお付き合いいただければ行幸です。
あと残り40………
ゴールには一歩前進したけど、まだまだ遠いな……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妖しのセレス

オススメ漫画その 60 妖しのセレス

妖しのセレス―天空お伽草子 (1) (少コミフラワーコミックス)
妖しのセレス―天空お伽草子 (1) (少コミフラワーコミックス) 渡瀬 悠宇

おすすめ平均
stars妖しのセレス

Amazonで詳しく見る
by G-Tool

======================================================================

 【概 要】

少女が16歳の誕生日を迎えたとき、全ての運命が狂いだした…。
彼女の名前は『御影妖』。
双子の兄・『明』と共に、ごく普通の学生生活を送っていた妖だったが、
誕生日の前日に不思議な体験をする。
街で引ったくりを捕まえようとして歩道橋から落ちたが、未知の力によって守られる。
その直後に妖を救ったナゾのサングラスの青年。
何かが起りつつあった。
そして妖と明の16歳の誕生日、御影一族の親族会議の場で、
驚くベき事実が明らかとなる!
(アニメ公式サイトより失敬)

…ってな感じで、ごく普通の少女だった妖が、
自らの恐るべき運命に翻弄されながらも、
果敢に立ち向かい強く生きていくという、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
結構話が重たいです。
ふしぎ遊戯』を読む感覚で読み始めると、思わぬしっぺ返しを食らいかねません。
(まあ、『ふしぎ遊戯』も時折重たいけどね)
暗いし重いし、人はやたら死ぬし、鬱展開もあるし、必ずしもハッピーエンドとは
言えないような結末を迎えますが(人それぞれ受け取り方が違うでしょう)、
だからこそ、命の尊さ、生きることの意味、愛するということ、
等について考えさせられます。
しかも、それでいて序盤はスピーディーかつスリリングな展開が繰り広げられるので、
読めばグイグイと引き込まれること請け合いです。
また、この作品も見ての通り少女漫画ですので、
少女漫画に抵抗のある方は、これも例によってアニメの方から入るのもよろしいかと
思います。
ちなみに、私もアニメから入った口で、ビデオの1巻を観て、
続きがすごく気になったので、原作に手を出しました。

 まっ、そんなわけで、原作、アニメともどちらもオススメですので、
お好みに合わせて堪能されてはいかがでしょうか?
なお、アニメのOPは一聴の価値あり。
ちょっと昼ドラっぽい印象を受けますが、すごくイイ曲です。
下に動画を貼っておきますので、ぜひともご覧になられてください。
ただ、アニメーションがちょっとエッチィので、
思春期のお子さんはくれぐれも親と一緒に観ないでください。
気不味くなりますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

夏のあらし!

オススメ漫画その 59 夏のあらし!

夏のあらし! 1 (ガンガンWINGコミックス)
夏のあらし! 1 (ガンガンWINGコミックス) 小林 尽

おすすめ平均
starsあとは編集部のがんばり次第
stars表紙と中身がリンクする、素敵な世界観
stars非現実的なところにロマンがある。
stars小林尽は面白いよ。
stars和風コメディー+ミステリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】

古くから営まれる街の喫茶店で、八坂が出会った年上の女子高生・あらし。
自らを幽霊と称する彼女は、八坂と手をつなぐことで過去へと飛べる不思議な少女
だった。いわくつきのマスター、あらしを追うグラサン男。
八坂と同じ中学1年の上賀茂。そして、ドイツ人の少女・カヤ──…。
ノスタルジック溢れる喫茶 店・方舟を舞台に、
少年と少女達の忘れられない夏休みが始まる!!
(ガンガンジョーカー公式サイトより失敬)

…ってな感じで、男一匹-八坂一が、惚れた女-あらしのために奔走し、
時折、過去へとタイムスリップすることもある、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
まあ、こういうことを言うと年寄り染みてて説教くさく感じるかもしれませんが、
若者…特に10代の方に読んで欲しいと思いますね。
と言うのも、以前テレビで「最近の若者は歴史を知らな過ぎる」
「過去に戦争があったことすら知らない子供もいる」
みたいなことが言われていたので……。
もっとも、それがどれほど信憑性のあるものかは分かりませんが、
少なくとも、この作品を読めば、そういった戦時中のことなども、
知ることができるし、なにかしらの知識の肥しにもなりますので、
まあ、読んでみる価値は大いにあるかと……。
それに、世界観が昭和の雰囲気で満ち満ちていますので、
昭和世代の方は、ノスタルジックな気分になれること請け合い。

 ただ、それらのことは必ずしも本題ではなく、
あくまでもテーマは一や潤の恋や成長を描いた人間ドラマだと思えるので、
彼らが今後どのように成長していくのか?
そして物語はどのような着地を見せるのか?
こちらの方も要注目です。

 ちなみに私は、潤の苦悩をカヤが慰め励ますシーンに感銘を受けました。
まあ、ネタばれになるので詳しくは言いませんが、
色々と考えさせられることもあるので、ホンマにオススメです。

 後は補足として、アニメの方もプッシュしておきます。
もっとも、私としては一の声がイメージと違っていたり、
やたらパロディやネタを挟むところに、ちょっと抵抗を感じたりしてたのですが、
特筆すべきは、「これぞ昭和だ!」というべき、昭和を代表する歌謡曲が、
ちょくちょく流れたりするので、これは一見の価値、いや一聴の価値あり。
特に昭和世代の方は、懐かしくて涙がちょちょぎれるかもしれませんので、
注意が必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

雑記みたいなものとか近況報告とか

 【ジャンプ31号の感想(BLEACHのみ)】
藍染とギンの前に現れた謎の人物。
はたして、敵か味方か?
ってな引きで終わったわけですが、
これとそっくりなシーンを、昔見たことありますね。
それはズバリ!かの『ドラゴンボール』。
フリーザ親子が地球にやって来た時……あの時の引きとクリソツなんですね。
だから、あれは新キャラなんじゃないかな~。
未来から来た死神…みたいな感じで。
それで、藍染とギンも瞬殺されちゃうんじゃないかなー。
そんでもって、3年後に恐ろしい人造死神が現れるとかなんとかで、
みんな修行に入っちゃうんじゃないかなー。
…等と一瞬ふと思ってしまったわけですが……。
…ないな。多分。
うん。でも、謎の人物が誰であれ、藍染とギンがここであっさり敗れた方が
面白くはあるな。
ぜひともそういう展開にして、更なるグダグダ感を出して欲しいものだす。 

 【最近プレイしてるゲームの話】
スパロボAPは完全に行き詰ってます。
って言うか、やる気減退してます。
未だに第19話「勝利者たちの挽歌」から進んでおりません。
デスアーミーの分際でこちらの攻撃を避けまくるのが我慢なりません。
図体がでかそうなデビルガンダムにさえ避けまくられるのも意味が分かりません。
東方不敗のおっさんのHPがある程度減ったら全回復するのは卑怯だと思います。
こんなことをこれ以上やってたらグレてしまいそうです。
そんなわけで現在中断してます。
でもって、スパロボAPに変わってプレイしてるのが、ファミコン版の『ドアドア』。
思いのほかハマってます。
ホンマに、人生何がどうなるか分からないものですね。

 

 【ネトラジの話】
W杯もいよいよ大詰め。
私が長年応援しているオランダがついに決勝まで進みました。
相手はスペイン。
当初は本日、オランダの優勝祈願ということで、ネトラジをすることも考えてましたが、
私がそんな余計な事をしたばっかりに、オランダが負けるようなことにでもなったら、
目も当てられないので、ここはおとなしくしておこうと思います。
普段やらないようなことをこの土壇場でやってしまうと、その結果どのような因果律の
変化をもたらすか分かったものじゃないですからね。
なんのこっちゃ分からんかもしれませんが、もうここまで来たら理屈じゃないんですよ。
『風が吹けば桶屋が儲かる』とか『人1人殺せば人殺し。1万人殺せば英雄だ』
という言葉があるように、ここまで来たら何がどう作用するか分かりませんから、
下手に動かない方がいいのです。
うん。キン肉マンソルジャーになり変ってた人も、
「男は両の眼で、静かに結果だけを見ていればよいのだ!!」
とか言ってたしね。
だから、私もここまで来たらジタバタせずに、ただただ見届けようと思います。

 まっ、そんなわけで、ネトラジについては来週の土曜日にやりたいと思います。
話題はW杯についてがメインになるかもしれませんが、それを口実に色々べしゃり
倒したろか~とも思ってますので、実際どんな話になるかはまだ分かりません。
ただ、今回ばかりは誰に遠慮することなく、言いたいことをズケズケと言おうと
思ってますので、毒舌、狂言、暴言、虚言、妄言、たわ言、戯言、罵詈雑言、誹謗中傷
…等々と言った、なんでもありのルール無用のデスマッチチックなものになるかと
思いますので、お聞きの際にはくれぐれもご注意されるよう、お願い申し上げます。
詳細については、また後日にお知らせいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あずまんが大王

オススメ漫画その 58 あずまんが大王

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)
あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル) あずま きよひこ

おすすめ平均
stars出来の良い4コマ
stars一冊の本としてのレビュー
stars期待値は超えなかった
starsおもしろい
starsとても満足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】

舞台は、とある高校。 
マイペースでわがままなゆかり先生のクラスに、天才少女ちよちゃんが編入してきた。
ちよちゃんは10歳だけど、とっても頭がいいので高校生になったのだ!
さらにゆかりクラスには、元気とやる気だけは誰にも負けない暴走女子高生ともちゃん。つっこみ上手でいつもダイエット中のよみ。
クールでスポーツ万能でネコが大好きな榊さん等々の個性的なメンツが揃っていた!
そして、大阪から、超天然ボケ少女、あだ名もそのまんま大阪がやってきて、
ゆかりクラスはますますにぎやかになるばかり!
果たして、ちよちゃんたちは、まともな高校生活を送ることができるのか!?
彼女たちの3年間を超駆け足でお届けします。

…ってな感じで、タイトルからは内容が全く想像できないが、
蓋をあけると、なんのことはない、女子高生のゆったりまったり、ほのぼのとした
高校生活が描かれてるだけだという、恐ろしいお話。

 【適当コメント】
まあ、今更敢えて説明することもないでしょう。
それくらいにこの作品は今や超有名なので、ここでは『あずまんが大王』の死角
と称して、正しい楽しみ方を解説します。

 あずまんが大王の死角~正しい『あずまんが大王』の楽しみ方~

言うまでもなく、この作品は今や超有名にして超人気作品ではありますが、
中にはこの作品のどこが面白いのか分からないという人もいるのではないでしょうか?
まあ、その理由は人それぞれであり、色々と考えられるので、
一概に、これから私の言うことがホンマに効くのかどうかは定かではありませんが、
1つ騙されたと思って、実践されることをお勧めします。
…騙されますから。
…戯言だけどね。

 まっ、冗談はさておき。
とにかく、まず試していただきたいのは、ズバリ!
ちゃんと最初から読むということです。
はい、KCの第一巻の1ページ目からです。

 実は私も最初読んだ時は、あんまり面白いと思えなかったんですよね。
ある日、ツタヤに行くと、ふと『電撃大王』が目にとまり、そこに『あずまんが大王』
の文字を見たので、「ああ、噂に聞く『あずまんが大王』はこれに連載されてたのか~
と思い、油断なく躊躇いなく即座に『電撃大王』を手に取り、読み始めた訳ですが、
その時は正直、全然面白いとも思えなかったし、何が面白いのかすら分からず、
途方に暮れてしまいました。
「え?なんなの、これ?今はこういうのが面白いって言うの?」
考えても考えても、私はどうしてもそれが面白いとは思えなかったのです。

 さて、これは一体全体どういうことだったのでしょうか?
答えは簡単。
それは私が何の予備知識もなく、いきなりストーリーも終盤、
それも、みんながちよちゃん家で受験勉強をするために集まり、
さらにあろうことか!大半が大阪の見る夢だったという、
初心者にはハードル高過ぎだろ!
と言えるような内容だったからなのです。
もちろん、大阪の夢に出てくる「ちよちゃんのお父さん」とやらも、
当時はなんのこっちゃさっぱり分かりませんでした。

 しかし、それから月日が流れ、ひょんなことから今度はアニメ版を観た時、
私は「すっげー面白れー」と思いました。
そのあまりの面白さに溜まりかねて、原作に手を出し、ちゃんと1巻から読み始めた
ところ、この作品の魅力にどっぷりつかることとなってしまったのでした。
そして、最終巻である4巻を読み進めていくと、あの時面白いと思えなかった話が
今度は面白いと思えるようになっているではありませんか。
つまりこれは、ちゃんと最初から、1巻から読み始めたことで、
各キャラの性格や人となりが掴めたからこそ、面白く感じられるようになったという
わけなのです。

 このように、この作品の面白さを堪能するには、まずメインキャラの性格や
人となりを知ることが絶対条件となります。
それゆえ、無造作に無作為にこの作品を読んだとすると、
多くの人は、メインキャラの大半について「変な奴」という印象しか受けないでしょう。
大阪の言動なんて特にそうです。
この『あずまんが大王』を、さほど面白いとも思えないという方は、
まさにこのようなことに起因してるのではないでしょうか。

 ゆえに、そのような方で、まだこの作品をろくに読んでないというのであれば、
今一度、最初から読み直すことをお勧めします。
それでもダメでしたら、もうどうしようもありません。
単に感性が合わないとしか言いようがありませんので、
こればっかりは自分自身でどうにかするしかないでしょう。

 最後に、アニメと原作の両方を楽しみたいというのであれば、
これは『けいおん!』とは逆で、先にアニメの方を観ることをお勧めします。
これも私の体験談で誠に恐縮ではあるんですが、
たまたま一回観たアニメが面白かったため、ついつい原作に手を出し、
一気に読破してしまってからというもの、原作が面白過ぎたためか、
それ以降、アニメの方が純粋に楽しむことが出来なくなってしまったのです。
確かにアニメの出来も十二分に良いことに間違いはないのですが、
やはり所々、原作と比べて違和感を感じたりすることも多々あったため、
先にアニメを観て、それから原作を読めば、両方とも存分に堪能することが
出来たのになぁ~と、後になってちょっとばかし後悔してしまったので、
まだどちらも観てない、読んでないという方は、まずアニメを観て、
それから原作を読む方がよろしいかと思います。
もっとも、これはあくまで私の主観でしかありませんので、
参考程度に留めつつ、その辺の最終判断は各々でされるよう、お願い申しあげます。
長文スマソ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

けいおん!

オススメ漫画その 57 けいおん!

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス) かきふらい

おすすめ平均
stars素晴らしい
starsアニメを見てからの方が
starsアニメから入ると…
starsおもしろ
stars脚太ぇww

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

======================================================================

 【概 要】

春、新入生がクラブを決めるころ━
田井中律(たいなかりつ)は幼馴染の秋山澪(あきやまみお)を連れて
軽音部の見学へ行く。
しかし部員全員が卒業してしまった軽音部は、あらたに4人の部員が集まらないと
廃部になってしまうという。
琴吹紬(ことぶきつむぎ)という仲間を加えて、最後の1人をさがしているころ、
「軽音部」を軽い音楽(口笛など)と勘違いしていた楽器初心者・平沢唯(ひらさわゆい)
が入部してくる。
(アニメ公式サイトより失敬)

…ってな感じで、廃部寸前の軽音部を立て直し、全国大会で優勝するぞ!
…みたいな展開にはならず、ただひたすら、平凡な女子高生達が、
軽音部の部活を通して、まったりとしたゆる~い高校生活をエンジョイするという
恐ろしいお話。

 【適当コメント】
誤解のないよう、あらかじめ断っておきますが、
私はこの作品、アニメ(第一期)が始まる前から原作を読んでいました!
決してブームに流されて読んだわけでは断じてありません!

まっ、そんなわけで本題に入りますが、うん、普通に面白いと思うよ。
次に紹介する予定の作品『あずまんが大王』と系統的には同じで、
癒し系ほのぼのギャグ漫画と言ったところなので、
ゆったり、まったりとした気分で楽しめること請け合い。
また、周知のように、アニメも大変好評であり面白いので、
こちらの方もオススメ。
ただ、原作よりもアニメの方が断然面白く、アニメを先に見て原作を読むと
原作に物足りなさを感じると言う方が意外に多いため、
アニメを観るのは、先に原作を読んでからの方がよろしいかと思います。
私は別にそんなにアニメの方が特段すごいとは思えないんだけど……。
まあ、その辺は各々の判断にお任せします。
ちなみに、私が好きなキャラは教師の山中さわ子さんです。
メガネを取ればなおよし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

雑記

 取りあえず、リクエスト回答はこれで終了しようかな~と思ってます。
そう言えば、リクエストを募集した時に、苦情やら誹謗・中傷みたいなものも
来ていたのですが、こちらについてはどうしたものか?と、現在も思案中。
反応したら負けかな?とも思うので、華麗にスルー決め込みたいところなんですが、
「逃げた」と思われるのも癪なので、ホンマにどうしたものか?
と、地味に悩んでいます。

 それとも1つ。
久々にネトラジでもやろうかなぁ~とか思っちゃったりもしてます。
なんか最近、W杯について色々と思うところがあったりしたので、
その思いのたけをべしゃり倒したろうかなぁ~なーんて、
軽い気持ちで考えている最中です。
時期的には早ければ7/10(土)にやろうかなあと思っておりますが、
これもオランダ次第ですね。
次の準決勝でウルグアイに勝てば、優勝祈願。
負ければ3位祈願。という名目でやる予定ですが、
後者の場合は、私もヘコんでてそれどころではないかもしれないので、
W杯が終わってしばらく経って落ち着いてからの方がよいのかな~とも思うので、
その辺はおいおい決めて、決まり次第お知らせしますので、
よろしくお願いします。

 まあ、なんにせよ、オランダ頑張れってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こち亀はホンマにすごいのか?

 これはホンマに難しい問題でしてねえ、すごいだのすごくないだの、
そういうレベルの話じゃないんですわ、これが。
しかし、あえてその2択で言うならば、
残念ながら、「すごい」と言わざるを得ません。
だって、こんなに長期にわたって連載されてる漫画って、
他にないでしょ?
せいぜい『ゴルゴ13』くらいでしょ?
ですから、その点に関してだけは、異論の余地もないくらい
「すごい」と言うより他ないでしょう。
ただ………。
それ以外の点についてはどうかと言うと………
色々と御託を並べたくなるのですが、
まあ、それは別の話として、とにかく結論だけ申し上げるなら、
「すごい」ということで、締めさせていただきます。

 なお、ここから先は先程述べた「別の話」であり、
御託やら、論評やら、狂言やら、戯言やらのオンパレードになりますので、
お読みの際にはくれぐれもご注意されるよう、お願い申しあげます。

続きを読む "こち亀はホンマにすごいのか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »