« 今日も今日とて、第4回ねとらじの話 | トップページ | 長編 神戸オフ会 本編2 ~泣けるボウリング~ »

2010年8月19日 (木)

長編 神戸オフ会 本編1

 ついに目的地へと到達した私は、ムーさんを探した。
しかし、フロアにいる人々をくまなく見まわし、ビリヤード場の方にまで行ってみたが、
ムーさんの姿はどこにも見当たらない。
バ…バカな!
ここにいない?
それとも気配を消してる?
さしずめ、ステルスムーと言ったところか……。
面白い!
隠れている者を見つけるのは得意なんだ。
元盗賊だからね。

…な~んて戯言を脳内でのたまったりしていると、
修都さんが現れた。
軽く挨拶し、ムーさんが来てるはずだけど見当たらないことを伝えていると、
今度はけったさんが現れた。
私は修都さんと同じ対応をけったさんにも取り、
「ムーさんどこにいるのかなあ~」と改めて見まわしたところ、
それらしき人を見つけた。

 どうやら申込書の類を書いていたみたいで、
よく見ると横にはまりもさんも一緒だった。

 私はなんだかちょっとだけ嫌な予感がした。
この2人が一緒だということは、なにかとんでもないことを企んでいるのかも……
そう思ったからだ。

 そして、その予想は当たっていた。(詳しくはこちらをご参照ください)
まあ、私が「気弱反逆児」であるのは良いとして、「色情魔」ってのは誰だろ?
そんなことをボンヤリと考えた。

 そうしていると、ムーさん達が用意した、たくさんの誕生日プレゼントのガンプラに
みんなで何か一言祝いの言葉を書こうということになり、
ガンダムで有名なセリフってどんなのがあったっけ?
と聞かれたので、取りあえず、

ザクとは違うのだよ!ザクとは!

と言ったりしつつ、みんなそれぞれに祝いの言葉を所せましと、
書きあげていきました。(詳しくはこちらをご参照ください)

 そんなこんなで、その後は(っていうかその前だったかもしれないけど)、
まりもさんがご招待した美沙さんを紹介してもらったり、こちらも自己紹介したりで、
まったりとした時を過ごしていましたが、ある意味主役であるたくさんが、
15分程遅れるという連絡があり、また定刻に近づいてきたため、
予定通り、ボーリングを行うこととなったのでした。

 その際、けったさんが、何やら「女性陣にハンデをあげなくていいのか?」等と
紳士的と言うか強者の余裕と言うか、そんな感じの気の利いた対応をされてた
ようでしたが、これが後に想像を絶する悲劇の前振りとなることに、
その時はまだ誰も気づいていなかったのでした。

                          つづく

 【次回予告】
ついに始まったボーリング大会。
だがそれは、1ゲームだけの、まさに真剣勝負そのものであった。
はたして、スロースターターであるJ影虎はこのピンチをどう乗り切るのか?
次回、ボーリング王への道。
これを読めば、あなたもきっと、ボーリングが上手くなる…かも…しれない…
そんな気がする、今日この頃です。

|

« 今日も今日とて、第4回ねとらじの話 | トップページ | 長編 神戸オフ会 本編2 ~泣けるボウリング~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/49192959

この記事へのトラックバック一覧です: 長編 神戸オフ会 本編1:

« 今日も今日とて、第4回ねとらじの話 | トップページ | 長編 神戸オフ会 本編2 ~泣けるボウリング~ »