« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

第4回ねとらじやってます

放送UR
http://std2.ladio.net:8110/toritome.m3u

掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/movie/9130/#1

放送は終了しますた。
ご清聴ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

告知~ネトラジやるにょ~

 第4回ねとらじのお知らせ 

8月28日(土)の21:00より開幕します。
なお、20:45からマイクのテストも兼ねて、前回の補足やまとめ的なことも
話しますので、前回聞きそびれた方はこちらもぜひお聞き下さいませ。
以下プログラム内容。

   1.アニメ業界はホンマにDVD売る気あるのか?
   (アニメ業界の販売戦略、業界の悪しき体質等にJ影虎が物申す)

   2.ネットコミュニケーション論~Web拍手はホンマに必要なのか?
   (コミュニケーションツールのWeb拍手がもたらす意外な弊害とは?)

   3.男はなぜメイドさんに惹かれるのか?
    (日本の伝統・文化とメイドさんの意外な因果関係とは?)
   

   4.円高はホンマにアカンのか?&日銀総裁はホンマにすごいのか?
   (ボケとマジレスを交えて面白おかしく語る…努力をします。
    また、おまけとして「必聴!株より安全、確実に資産を増やす方法」も付属)   

   5.キュアサンシャインはホンマにすごいのか?
   (みんな大好きキュアサンシャイン。彼女の人気の秘密に迫ります)

   6.平野綾がなんぼのもんじゃい!
   (先日の平野綾のアレについてや人気声優さんについて語ります)

   7.ゆでたまごの憂鬱~ゆでたまごと吉野家のとてつもない因縁~
   (例のあの騒動や最近のキン肉マンⅡ世について語ります)

   8.FFについて今一度考えてみよう
   (主にFF6についての魅力を語ります)

   9.その他

                                        以上

なお、上記のプログラムは、例によってあくまで予定です。
すなわち、「予定は未定」。
まあ、基本的にその場のノリでべしゃるだけですから、
疲れたり、予想以上に時間がかかったり、途中で飽きたり、
声が出なくなったり、停電になったり、お腹がすいたり、
眠たくなったり、リスナーが全然いなくて寂しくなったり…などと言った理由で
中断することも十分に在り得るので、あらかじめ、ご了承願います。

 ※ 放送URLは当日UPします。

 【追 記】
例によって、ご意見・ご要望等があれば、
以下のネトラジ用掲示板に書き込んでください。

 

ネトラジ用掲示板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

長編 神戸オフ会 本編2 ~泣けるボウリング~

何のスポーツにおいても一番重要なのはフォームなのよ!!

私の脳内で、どこぞの生徒会長が(小さい)胸を張って力一杯にそう主張した…
…気がした。

そう。まさにその通りなのだ。
例えば、プロ野球の場合、バッターはピッチャーの投げる球を目で追って打っている
訳ではなく、あらかじめどこに投げるのか予測したうえでスイングをするのである。
しかし、その予測が当たっても、そこに正確にスイング出来ないことには
ヒット以上の結果をもたらすことは出来ないのである。
つまり、ここで問題となるのは、どれだけ自分のイメージ通りにスイングが出来るか?
ということであり、それは日々のたゆまぬ精進によってしか得られない。
それこそ、何百万、何千万と、気の遠くなるほどの素振り、実戦経験を通して
身についていくものなのだ。
そしてそれは、他のスポーツにおいても同様である。
ボウリングとて例外ではない。
ボウリングの上手い人と言うのは、まずフォームからして違う。
綺麗であることはもちろんのこと、安定しているのである。
ゆえに!
ボウリングが上手くなりたければ、まず自分のフォームを確立しなければならない。
だが、それは決して容易なことではないのだ。
なんせ、我々はプロではない。
ただのお遊びで時々興じる程度にしかやらないからだ。
ゆえに、我々一般人のボウリングの腕前と言うものは、
経験とセンスと、そしてその時の調子の良し悪しに大きく左右されるのである。

 だが、その調子の良し悪しと言うものは、
やってみなければ分からないもので、それゆえに実に厄介なのだ。
はたして、オレは今日調子が良いのか悪いのか?
まず、そこを見極めなくてはならない。
これが2ゲーム目、3ゲーム目までと続いて行くのならば、
途中で調子が上がってくることも期待できるのだが、
残念なことに、今回は1ゲームオンリーなのだ。
調子が上がる前に、実力も発揮できずゲームオーバーと言う最悪の結果も
十分に予想される。
そんなことは断じてあってはならない!

 私は思考を張り巡らせた。
まず、ボールを手に取ってみる。
重さはいつものごとく14ポンドだ。
これより軽いと、力が有り余ってしまう為、フォームにブレが生じてしまう。
リリースの瞬間、無意識に手首を捏ねたり、腕の振りが歪んだり、
投射角度が斜めになってしまう等の弊害を招く。
逆に、これよりも重いと、今度はボールの重さに振り回され、
これまたフォームが崩れてしまうのだ。
ゆえに、まずはこの14ポンドの重さをなじませなければならない。
そして、最初はどうしても余計な力が入ってしまいがちだから、
適度に疲労させておかなければならない。
人間、疲れが出ると無意識に自然な動きをするようになるからだ。
私はそれを過去の経験で知っているし、何より、アバン先生もそう言ってましたから。
はい。

 …こうして、なんとか下準備は出来てはきたが、
まだこれだけでは不十分であった。
くどいようだが、肝心なのはフォームなのだ。
そして、こればっかりは実際にやってみないと良し悪しが分からないのである。
例えば、右利きの人で投げたボールが真っ直ぐではなく、左方向にに偏るならば、
その原因はいくつか考えられる。
リリースの瞬間、軸足が左を向いていたり、手首を左に捏ねたり、
投球前に上体が既に左を向いていたり、振り被った瞬間、肘が曲がっていたり、
腕の振りが真っ直ぐではなく斜めになってたり、意識が左に向いていたり、
等と言った事柄が考えられるのである。

 そしてこれは、私の立ち上がり時に極めて起こりやすい症状なのだ。
ゆえに、この症状が表れるようなことがあるならば、
直ちに原因を究明して修正していかなければならない。
それもプレイ中にだ。
これは言う程簡単なことではない。
下手をすれば、それだけで1ゲームを費やしてしまうこともあり得るのだ。

 私は思わず最悪の事態を想像し、身震いした。
それだけはなんとしても絶対に避けなければならない!

 私がそう気負った時であった。
「J影虎さんは、ボウリング上手いんですか?」
不意に、けったさんがそう問いかけてきた。
見渡すと、私みたいに緊張してる人なんざ誰もいないように見えた。
特にけったさんなんて、緊張の「き」の字も持ち合わせてないのでは?
と思えるほどだ。

 オレは何を今までウジウジと悩んでいたのだろう。
そう思うと、いささか気も楽になり、そして沸々と闘志も湧いてきた。
まったく、愚問と言うかなんと言うか…
私は不敵な笑みを浮かべ、そしてこう言った。

 

わいのボウリングは……泣けるでぇ!!

残念なことに、私の返答に対してけったさんは特にこれと言って面白いリアクションを
見せてはくれなかったが、今思うと、これがなんらかのプレッシャーを与えていて、
それであのような結果(※ ネタバレ注意!!)になったのかな~と、
少しばかり申し訳ない気がしないでもなくもなかったが、
冷静に考えると、多分そんなことはなかっただろうなあ~と思えたわけで……

 

だから 『僕は悪くない』

と思った次第です。
まっ、そんなわけで、次回につづく

 

【次回予告】
ボウリングが恙無く進行していく中、
一向に現れる気配のないたくさん
はたして、たくさんは間に合うのか?
そして、突如として我々の前に現れた謎の人物の正体とは?
次回。BLACK STRANGER
邂逅は再会を凌駕する?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

長編 神戸オフ会 本編1

 ついに目的地へと到達した私は、ムーさんを探した。
しかし、フロアにいる人々をくまなく見まわし、ビリヤード場の方にまで行ってみたが、
ムーさんの姿はどこにも見当たらない。
バ…バカな!
ここにいない?
それとも気配を消してる?
さしずめ、ステルスムーと言ったところか……。
面白い!
隠れている者を見つけるのは得意なんだ。
元盗賊だからね。

…な~んて戯言を脳内でのたまったりしていると、
修都さんが現れた。
軽く挨拶し、ムーさんが来てるはずだけど見当たらないことを伝えていると、
今度はけったさんが現れた。
私は修都さんと同じ対応をけったさんにも取り、
「ムーさんどこにいるのかなあ~」と改めて見まわしたところ、
それらしき人を見つけた。

 どうやら申込書の類を書いていたみたいで、
よく見ると横にはまりもさんも一緒だった。

 私はなんだかちょっとだけ嫌な予感がした。
この2人が一緒だということは、なにかとんでもないことを企んでいるのかも……
そう思ったからだ。

 そして、その予想は当たっていた。(詳しくはこちらをご参照ください)
まあ、私が「気弱反逆児」であるのは良いとして、「色情魔」ってのは誰だろ?
そんなことをボンヤリと考えた。

 そうしていると、ムーさん達が用意した、たくさんの誕生日プレゼントのガンプラに
みんなで何か一言祝いの言葉を書こうということになり、
ガンダムで有名なセリフってどんなのがあったっけ?
と聞かれたので、取りあえず、

ザクとは違うのだよ!ザクとは!

と言ったりしつつ、みんなそれぞれに祝いの言葉を所せましと、
書きあげていきました。(詳しくはこちらをご参照ください)

 そんなこんなで、その後は(っていうかその前だったかもしれないけど)、
まりもさんがご招待した美沙さんを紹介してもらったり、こちらも自己紹介したりで、
まったりとした時を過ごしていましたが、ある意味主役であるたくさんが、
15分程遅れるという連絡があり、また定刻に近づいてきたため、
予定通り、ボーリングを行うこととなったのでした。

 その際、けったさんが、何やら「女性陣にハンデをあげなくていいのか?」等と
紳士的と言うか強者の余裕と言うか、そんな感じの気の利いた対応をされてた
ようでしたが、これが後に想像を絶する悲劇の前振りとなることに、
その時はまだ誰も気づいていなかったのでした。

                          つづく

 【次回予告】
ついに始まったボーリング大会。
だがそれは、1ゲームだけの、まさに真剣勝負そのものであった。
はたして、スロースターターであるJ影虎はこのピンチをどう乗り切るのか?
次回、ボーリング王への道。
これを読めば、あなたもきっと、ボーリングが上手くなる…かも…しれない…
そんな気がする、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

今日も今日とて、第4回ねとらじの話

第4回ねとらじの告知及びリクエストの募集から9日が経過しました。
しかし、リクエストは一向に集まることもなく、
昨日ようやくけったさんから一件あったという状況です。
これにはさすがの私もしびれを切らしましたので、
けったさんのリクエストと共に新たに4項目追加することにしましたので、
お知らせします。

  追加項目

5.キュアサンシャインはホンマにすごいのか?
 (みんな大好きキュアサンシャイン。せやけど、彼女の何がいいの?っていうお話)

6.平野綾がなんぼのもんじゃい!
 (先日の平野綾のアレについてや人気声優さんについて語ります)

7.ゆでたまごの憂鬱~ゆでたまごと吉野家のとてつもない因縁~
 (例のあの騒動について物申します)

8.FFについて今一度考えてみよう
 (主にFF6についての魅力を語ります)

9.円高はホンマにアカンのか? - けったさんのリクエスト -

                                        以上

 しかし、冷静になると少し多過ぎるんじゃないか?
と、心配になってきました。
これを全部やるとなると1時間や2時間どころの話じゃないぞ。
3時間はかかるわw

いやいやいや、下手すると千日経っても終わらない、
千日ねとらじ(ワンサウザンドレイディオ)になりかねない。

 ってなわけで、引き続きリクエストを募集しますw
はい、今言ったこととまったく食い違ったことを言ってるのかもしれませんが、
とにかく、リクエストを募り、これまでにあがった項目と合わせたところで、
ちょっくら篩にかけて選びたい、もしくは選んでもらおうと思いますので、
どうかよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

第4回ネトラジの告知~みんな!オラに少しだけネタを分けてくれ!~

 前回のネトラジで学んだこと…と言うか、気付いたこと。

しゃべってる方が、ブログで記事を書くよりもストレス解消になるw

 それに、2回目までは「こんなこと言ったらリスナーに嫌われるんやなかろうか?」
とかヘタレな考えばかりが先行し、言いたいこともろくに言えず、
控えめで遠慮がちなトークしかしていませんでしたが、
前回は割と好き勝手しゃべっていたにも関わらず、
さしたる苦情も誹謗・中傷のコメントもなかった為(普通のコメントも少なかったが)、
自信がつきましたw

次回以降は、もっと激しく、もっとアグレッシブに、
言いたいこと、しゃべりたいことを、油断なく躊躇いなく容赦なく言える気がするので、
早速ですが、第4回目のネトラジを8/28(土)にやろうかなぁ~と思っております。
(時間帯はおそらく21:00からになるかと……)

 既に内容の方もある程度固まっておりまして、
今まで諸々の事情で没になったネタをここで披露したいと思います。

     プログラム内容

 1.アニメ業界はホンマにDVD売る気あるのか?
  (アニメ業界の販売戦略、業界の悪しき体質等にJ影虎が物申す)

 2.ネットコミュニケーション論~Web拍手はホンマに必要なのか?
  (コミュニケーションツールとして重用されるWeb拍手がもたらす意外な弊害とは?)

 3.ネタバレが消える日?~近い将来、ネタバレ禁止法案が成立する?
   (ネタバレの歴史をひも解くと、そこにはある恐るべき事実があった! )

 4.男はなぜメイドさんに惹かれるのか?
  (日本の伝統・文化とメイドさんの意外な因果関係とは?)

                                              以上

 

なお、これに加えて、皆様からのリクエストを募ろうと思いますので、
何か取り扱って欲しいテーマ、話題、要望等があれば、
ここのコメント欄やメールフォーム、Web拍手などにどしどしお書き下さいませ。
もし、リクエストが何にもなければ、上の4つをやるまでです。
しかし、逆にリクエストが多ければ、私の独断と偏見でチョイスするか、
もしくは皆様に投票していただいて決めることにいたしますので、
まずは、リクエストをしていただくよう、お願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

多分昨日でジェイ・ワールドから通算して9周年じゃなかったのかな?

…と言う訳で、私の記憶が確かならば、私がジェイ・ワールドというHPを
開設したのは、2001年8月6日。
これが正しいと仮定するならば、昨日で実に9年もの月日が経ったということに
なるんですね~。
すごいですね~怖いですね~。

 そこで、9周年を記念して何かやろうかな~と思ったのですが、
9周年と言うのもなんか半端な数字なので、
来年に持ち越すことにします。

 もっとも、それまでここが続いてるかどうかってのも疑問なんですが、
まあ、多分大丈夫でしょう。
更新が滞ることはあっても、辞めることはないと思うんで。
例によって予定は未定でしかないんですが……

 えー、他にも色々と述べたいことがあったのですが、
現在の私は夏風邪を患っておりまして、
また本日20時からの『けったラジオ』にも備えないといけないので、
今回はこの辺で終わっておきます。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

2010年 ジャンプ35号の感想

 最近更新意欲が湧かないので、
ここで己に鞭打つ意味で、久々にジャンプの感想でも
述べてみようと思います。
例によって少なめではありますが……。

 【NARUTO】
クシナさんが息も絶え絶えな虫の息状態で、
ベラベラとしゃべりまくる姿に、微笑ましくも、
ホンマは全然大丈夫なんじゃねーか?
と、疑念を抱かずにはいられなかった。
って言うか、あんな風に一方的に言われても、
ナルトに伝わるわけないよね?
常識的に考えて。
でもまあ、ここでの母の魂の語りが、
後のナルトに多大な影響を与えてるところが、
そこはかとなくええ話のように思えた。
特に印象深いのが、ナルトが意外にもコツコツと貯金をしていたという事実。
あれは母の教えを無意識に実行してたんやな~と、感慨深くなりますた。
ただ、あの金って、自来也にパクられなかったっけか?
その辺りの記憶が残念ながら曖昧なんだけど、
もしパクってたとしたら、クシナも浮かばれませんね。
そういった事柄を総合的に判断した結果、
今回のお話は、ちょっぴり切なかったです。

====================================================================

 

【ワンピース】

五老星はホンマに強いのか?

====================================================================

 

【めだかボックス】

黒子に続いて、またしてもステルスモモのパクリかよ!
大したことねーな、西尾維新先生よォ~。
オレにはあんたの底が見えたぜ。
とか、アンチが騒ぎ立てたりしてるんだろうか?
と、余計な不安を抱いてしまいました。

 でもまあ、前生徒会長は不憫だよね。
これって彼が悪いわけじゃなく、周囲の人間が悪いよね。
悲しいけど、人間ってすぐに物事を忘れる悲しい生き物なのよね。
私も、かつて『ドラゴンボール』という漫画で、
「フリーザ倒したら、今度はフリーザの父ちゃんが出てくるよ」
という予言を的中させた時も、そのことをほとんどの奴らは忘れてましたからね。
だから、僕は悪くない。し、彼も悪くない。
ってなわけで、前生徒会長がこれまでの輝かしい活躍を周りの奴らが一切合財
覚えていないことにキレて、球磨川の方に付くことを期待したいものです。

 【追 記】
日之影空洞さんで私もふと思い出したんだけど、
初代J-LINKSの管理人さんはまさにこんな感じでしたよね。
ジャンプ感想サイトの管理人は彼のことを決して忘れてはならない。
そして感謝の意も。
ってなわけで、初代J-LINKSの管理人様に改めてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

=====================================================================

 

【BLEACH】

今更ながら、この漫画は何においてもいっちょん信用できんばい。
ある意味、狼少年より酷い。
藍染はギンの裏切りをホンマに気付いていたのか?
知ったかぶってカッコつけてるだけちゃうんか?
ギンもホンマに裏切ったのか?
裏切り者の名を受けて~全てを捨てて戦う男ォ~
と、単なるデビルマン気取りだけなんちゃうんか?
それに、ギンの能力もホンマは最初に言ってた13㎞伸びるってのが、
実は正解ちゃうんか?
とか、もう全てにおいて信用出来ない。
こんな嘘にまみれた漫画って、私の知る限りでは、
この作品と『24のひとみ』くらいですよ。
いっそのこと、この両作品コラボしてくんねーかな、と本気で思います。
まあ、そんなわけで、例によって何から何まで信用できない展開ではあるんですが、
だからこそ、最後に藍染が致命傷を負ったかもしんないことに関してだけは
本当のことであると信じたい。
ギン黒幕説を唱えていた私としては特に。
まあ、土台無理な話だろうけど。

====================================================================

 うーん、他にもなんかあったみたいなんだけど、
思いつかないので、今回はここまで。
けど、次回がいつになるかは例によって未定だす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »