« 聖闘士星矢レビューその弐~フェニックス一輝はホンマにすごいのか? | トップページ | 2010年月刊少年マガジン11月号の感想 »

2010年10月 9日 (土)

2010年ジャンプ45号の感想

 久々にジャンプの感想でも書いてみます。
あれ?ジャンプ感想やめたんじゃなかったの?
とか思ってるあなた!!
甘いです。
遠足は家に帰るまでが遠足と言うように、
Finalと言ってる内はまだ終わりではありません!!
かの名作『カイン』だって、アオリ文句で散々クライマックスだのフィナーレだの
言いつつも、4週くらい粘ったではありませんか。
あれと同じようなものですよ。はい。
まあ、そんなこんなで久々のジャンプ感想(45号)、地味にスタート!!

 【バクマン】
マジでこいつらウザい。
あんな風に自転車乗りながら会話するって、
相当デカい声でしゃべってないと成立しねえぞ。
つまり、こいつらは近所迷惑も甚だしいってことだす。
それでいてアオリが「深夜の激走!!」?
ハァ?
するってえとなにかい?
売れてる漫画化は何やっても許されるってのかよ!
集英社はそんな横暴を許すってぇのかよ!
ふざけんな!!
でもまあ、富樫先生を容認してるあたり、マジでそう思ってるのかもしんない。
つくづく、出版社のコンプライアンスが問われる時代になったと、
痛感させられる今日この頃です。

 森屋君
なんかコソコソやっておりましたが、
私は別にいいと思いますよ。
身の程を知るという意味では。
そういう点では内でくすぶっているよりは何らかの行動を起こした方がいいわけで、
なんら咎められることでもないと思いますです、はい。

 白鳥君
危なっかしくて見てられません。
ラストシーンを見て、『フランダースの犬』を思い出したのは私だけでしょうか?
それだけに、彼の今後が不安で不安でなりません。
この後、不良に絡まれて身ぐるみ剥がされたりするのではなかろうか?
そしてその後に、警察が来て、全裸姿でいるのを見られて、
草なぎ君みたくしょっぴかれてしまうのではないか?
とか、いらぬ心配をしてしまいます。

 ってなわけで、主役の二人よりも、
森屋君と白鳥君の今後に注目したい、今日この頃です。

========================================================================

 【ワンピース】
ハンコックがなんか不憫に思えてきた。
しかしながら、結局、2年もの間ルフィとの間に進展はなかったものの、
未だルフィとの協力関係を海軍に知られてないのは不幸中の幸いかな。
フラミンゴ辺りに怪しまれてて、モリアみたく抹殺者候補に挙げられるのかな~
とも思ったけど、杞憂だったみたいですね。
って言うか、2年の間に何がどう変わったのか?
の方が興味があります。
黒ヒゲはあれからどうなったんだろうか?とか、
七武海はあれから補充があったのだろうか?とか、
白ひげ海賊団のメンツはあの後どうなったのか?
マルコ辺りが頭になって新たな海賊団を立ち上げたんだろうか?とか、
茶ヒゲは今でもご存命なのか?とか、
そんなことばかりが気になって仕方ない、今日この頃です。

=======================================================================

  【ナルト】
マダラの新しい仮面は、キルバーンのパクリ。
島が亀だったと言うのは、『海のトリトン』のパクリ。
10万体のゼツは綾波レイのパクリ。
そして、カブト君の衣装は『キングダムハーツ』の13機関のパクリ。
…戯言だけどね。

と、一式言いがかりをつけたところで本題に。
私の一押しキャラ、カブト君がようやく活躍しそうで、今後の展開が非常に楽しみ。
正直、カブト君の凄さが全然分かってない読者があまりに多過ぎで
こんな世の中なくなっちゃえ!と思うくらいにうんざりしてただけに、
カブト君の戦い振りが多くの下々の有象無象共の目を覚まさせてくれることを
願いたいものです。
…戯言だけどね。

 そして最後に……。
あの10万体のゼツはホンマに10万体あるのか?
以前、君麻呂戦で見せたナルトの影分身が一体何人いるのか?
ありさちゃんに数えていただいたことがありましたが、
今回も依頼してみようかな~と、危険な誘惑にかられています。
今度ばかりはさすがにキレられるんじゃないかな~と思いつつも、
キレたありさちゃんもちょっと見てみたいなあ~という気がしないでもないが、
そんな恐れ多いことが出来る筈もない、今日この頃です。
だって、私は『気弱な』反逆児なのだから……

=======================================================================

 【トリコ】
メルクの星屑って食材じゃなく、鉱物の類なのでは?
と思ったが、最後にもろに「menu」と書かれてたからやっぱ食材なんだろうな。
まあ、なんにしても、小松は新しい包丁を造ってもらうことになるんだろうけど、
その際、大量の血が必要になるとか、そんな展開になるのかもしれん。

======================================================================

 【リボーン】
結局、復讐者(ヴィンディチェ)が最強なんじゃないの?
前のシリーズでも、ゴースト(別の並行世界の白蘭さん)を捕獲した実績もあるし。
って言うか、あの時どうやって捕まえたんだよ!!
…と、今回の内容とはまったく関係のないことが気になって気になって
仕方ない、今日この頃です。

======================================================================

 【黒子のバスケ】
一度対戦、それも勝った相手との再戦と言うのは正直萎える。
よって、チャッチャと終わらせて欲しい。
それが私の、たった1つの望みです。

くれぐれも、『烈火のなんちゃら』の木蓮みたく、
負けた奴がしぶとく生き残って、何度も対戦……
みたいなことにならないことを祈ります。

======================================================================

 【BLEACH】
藍染さんが普通にとっ捕まっていたので思わず笑ってしまった。
あのまま封印してればよかったんじゃね?
わざわざ中身出す必要あったの?
甚だ疑問ではありますが、
藍染さんのへらず口のせいで、刑期が1,200年伸びたのが
また、そこはかとない笑いを誘ってくださいました。
っていいのか、そんな理由で刑期を決めても。
むしろ、18,800年ってのは半端なんで、キリのいいところで20,000年にしました
って言った方がまだ納得がいくよ。
まあ、それでも他に比較材料がないから、長いのか短いのか、
あれで適切な量刑なのか?
ってのもさっぱり分からないんだけどね。

 しかし、今回拘束されてた藍染さん……。
ホンマに藍染さんなのか?
なんか多くの読者は、完全催眠はどうなった?だの、
鏡花水月はなんで使わなかったんだ?のと、非難ゴーゴーでしたが、
何気に発動してたのかもしれないじゃないですか。
あれがホンマもんの藍染さんという確証がどこにあると言うんです?
って言うか、今まで散々騙されてきたってのに、
なんですんなり受け入れてんの?信じてんの?
また雛森と入れ替わってるかのもしれないんでっせ。
って言うか、むしろそうであって欲しい。
そう願わずにはいられない、今日この頃です。

 でも、案外次のシリーズ辺りで、
警護の人が見回りに来たら、投獄されたはずの藍染さんが干からびた雛森になってて、
当の藍染さんはなんやかんやで助っ人参戦したりするのかもしれまへんなあ。

======================================================================

 【ベンチ】
佐門豊作みたいな人が笑えた。
読んでないけど。

======================================================================

 【べるぜバブ】
今更ながら、べる坊が魔王の末っ子であることを認識。
すると、最後に現れたのは第一王子とか王女とかの類なんだろうか?
まさか魔王本人ってことはないよね?
まっ、なんにせよ、その内、王位争奪編とか始まるのかもしれまへんなあ。

======================================================================

 【めだかボックス】
人気投票の結果が解せん。
特に3位が宗像ってのに激しい違和感を覚えます。
この子、なんだったっけ?
人を殺せない殺し屋?暗殺者?チキン野郎?
うーん、あんまし印象に残ってないなあ。
まあどうでもいいけどね。

と、そんなことより。
今回、球磨川君の能力『大嘘憑(オールフィクション)』が、
ここ2,3年の間で得たものであることが判明したわけですが、
そういうことはホンマに、もっと早く言って欲しかったですね。
って言うか、なんで今頃になってそんな重要なこと言うんだよ。
再会した時に既にハチャメチャやってたではないですか。
負け犬組とプラスシックスを全滅させてたり、治癒したり、
自分の頭をネジで刺したり……etc。
なんでその時に言わなかったの?
あまりに不自然過ぎ。
西尾先生の底が見えたぜ!

等と、例によってアンチは思ったりするんだろうか?
とかなんとか、ついつい考えてしまった、今日この頃です。

======================================================================

 【こち亀】
地域コミュニケーションとか、そんな小賢しいこと言ってないで、
ちゃんと警察としての仕事をしてください。
ホンマに、警察ってちゃんと仕事やってんのか疑問ですからねえ。
10年以上も経つのに、未だ盗難届出した私の自転車を見つけられないってのは
無能以外の何物でもないですよね、ホンマ。

…と、内容とは関係のないことを思ってしまいました。
まあ、その、なんだ。
秋本先生は作品内でもっと警察批判とかした方がいいと思うよ。

しかし、これだけ長期連載やってて、両津もハチャメチャやってるのに、
未だにこの作品によって警察のイメージダウンが叫ばれたり、
警察からのクレームが来ないってのも、ある意味すごいことですね。
考えようによっては、何の影響力も持たない人畜無害な作品とも言えますけどね。
幸か不幸かは分からんが。

======================================================================

 ってなわけで、今回はここまで。
例によって、次回はいつになるか分かりません。

|

« 聖闘士星矢レビューその弐~フェニックス一輝はホンマにすごいのか? | トップページ | 2010年月刊少年マガジン11月号の感想 »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

ハードルの違いがわかりやすいw

投稿: | 2010年10月10日 (日) 19時18分

Dはワンピースのパクリ

投稿: | 2010年10月11日 (月) 12時05分

>ハードルの違いがわかりやすいw

名もなき投稿者様。
コメントありがとうございます。
そして、今まで放置してしまってすいませんでした。
名前がなかったものですから、Dさんの陰に隠れて
気付くのが遅くなりました。
本当に申し訳ありません。
私の不徳の致すところです。
ただ、今回のようなことが起こってしまうので、
出来れば次回からお名前を書いていただけたら行幸です。

>Dはワンピースのパクリ

こちらも名もなき投稿者様ですね。
コメントありがとうございます。
一瞬なんのこっちゃ分かりませんでしたが、
気付いたら思わず苦笑してしまいました。
あれですね、モンキー・「D」ルフィとかのDのことですね。
なるほどなるほど。Dさんの「D」はここから来たんですね~。
まあ、実際に、私のセリフもパクリまくってるしね。
前の名前の方がまだオリジナリティがあっただけに、
つくづく今のHNは残念でなりません。

投稿: J影虎 | 2010年10月11日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/49689592

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年ジャンプ45号の感想:

« 聖闘士星矢レビューその弐~フェニックス一輝はホンマにすごいのか? | トップページ | 2010年月刊少年マガジン11月号の感想 »