« タクティクスオウガ | トップページ | 少年アシベ »

2010年11月21日 (日)

硝子のかけらたち

 これは正直言って、有名と言えるかどうか、
またヒットしたかどうかイマイチよく分からないドラマです。
それゆえに、これも例によって内容的なことはよく覚えていません(笑)。
ただでございますねえ、主演があのチェッカーズでおなじみの藤井フミヤ、
そして当時人気を博していた江角マキコ、
そしてなぜか鶴瓶師匠も出演されていたこと(しかも悪役)で、
キャスト的にはインパクトを受けた作品でした。

 特に藤井フミヤさんがドラマに出演されてるのを観るのは、久しぶりで、
って言うか、私としてはむか~しむかしに『CHECKERS IN TAN TAN たぬき』という
映画に出てたことくらいしか記憶に残っていなかったので、
なんか変な気分になりました。

 また、鶴瓶さんがこれがもうとんでもないエロ親父な悪党だったのも、
ある意味衝撃的で、ああ、鶴瓶師匠もこんな演技出来たんだ~と、
感心したことを今でもよく覚えています。

 ただ、ストーリーとしてはイマイチだった気がしてなりません。
いや、ほとんど覚えちゃいなんいですけどね(笑)。
しかし、当時の『ザ・テレビジョン』の1コーナー、『ドラマ井戸端会議』とやらで、
ボロクソに叩かれていたことは覚えています。
「駆け落ちして逃げればいいのに」とか、
「結局あれでしょ。なんだかんだ言って居心地いいから出ていかないんでしょ?」
「生活には困らないからねえ」
みたいな感じで。

 まあ、それだけ言われても閲覧者の方にはなんのこっちゃ分からないでしょうけど、
私もよく分かりませんからご安心ください(笑)。
ただ、うっすらとした記憶ではありますけど、
相思相愛だったフミヤと松雪泰子が、鶴瓶によって引き裂かれた揚句、
松雪泰子は鶴瓶の愛人みたいなことになり、DVを受けたりしてる中、
今度はフミヤと江角マキコがなんかええ感じになったりしつつ、ストーリーは進行。
ほんでもって、てんやわんやの大騒ぎになり、
最終的にはよりを戻してハッピーエンドになったけど、
視聴者としては、フミヤと江角マキコが結ばれた方が良かったなあ~
という意見が多かったという…そんな感じのドラマでした。はい。

 まあ、機会があればもう一度観てもいいかなぁ~とは思うのですが、
その機会がいつくるのか分からない、今日この頃です。

|

« タクティクスオウガ | トップページ | 少年アシベ »

ドラマ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/50093396

この記事へのトラックバック一覧です: 硝子のかけらたち:

« タクティクスオウガ | トップページ | 少年アシベ »