« 預言者J影虎 エヴァンゲリオン編 | トップページ | J影虎エピソードE~私とエヴァ~その六 »

2012年11月24日 (土)

エヴァQの感想

 ぶっちゃけビミョーでした。
ネットでもよく言われているように、最初の7分間だけでした(笑)
それ以外は、うーん……?
ってのが、正直な感想です。

 それに、例によって「ホンマにすべての謎は解けるのか?」
という激しい不安を覚えずにはいられませんでした。
たとえるなら、TV版後半の鬱展開から旧劇場版をぶっ通しで見せられ、放心状態にさせられた…といったところでしょうか?

 ただ、救いなのはこれで終わりではないことです。
ラストがそこはかとなく旧劇場版のものと似てはいたものの、旧劇場版と違って若干希望が感じられたので、まあ、次回の最終章に期待!
としか言えませんね。

 もっとも、見るべきところや判明した謎、新たに出てきた謎など、たくさんあるので、色々思うところ、感想を書きたいという気持ちは激しくあるのですが、なんかモヤモヤとしたままですっきりしない…ってのが、今の私の現状です。
それゆえ、例によってグダグダな感想しか書けなさそうな気もするのですが、今回は珍しく、「書きたい!」という思いが強かったので、それでも書いてみようと思いました。

 以下、ネタばれ感想になりますので、ご注意ください。

 【エヴァQネタばれ感想】

前述しましたが、最初の7分間だけでした(笑)
それ以降は、「あれ~なんか変な方向に話進んでるなぁ~これはひょっとするとヤバいんちゃうんかぁ~」と、ヒヤヒヤしてました。
と言うのもですね、まず原因の一つは、『破』の時の予告で見せられていたシーンが全然なかったことです。
当然、私はその予告の内容を期待していたんですよ。
そんでもって最終的に、今までもテレビやネットで流れていた、宇宙空間でのアスカの戦いにつながっていくのだろう…と、そう思ってたんですね。
だから、最初の7分間のシーンは終盤で来るのだろう。
でもって、次回の最終章は宇宙だか月だか知らんけど、戦場を広大なフィールドに移して、銀河の星星を破壊しまくるような壮絶なラストバトルが繰り広げられるのだろうと…。
いや、そこまでは思ってませんでしたけどね(笑)
でも、概ねそんな期待をしてたんですよ。

 ところが、ふたを開けたらあーた。
そのシーンは最初の7分で、聞けば、破の時から14年経っていて、あの時のゼルエルとの戦いでニアサードインパクトが起きてて…etc
ってな感じで何やらかんやらめまぐるしく変わってるではないですか?
 ですから、序盤はなんつーか、置いてけぼり感がすごかったですね。
まあ、それも狙ってやってのことなんでしょうけど。
特に14年ってのがね。
よく言われてますけど、旧劇場版が終わってからちょうど14年が経ってるんですよね。
だから、アスカとマリが14年前と全然変わってない(肉体的に歳をとってない)のが、エヴァの呪縛ってのも、ファンや視聴者に対するあてつけや皮肉なんじゃないかなぁ~と思ったりもしました。

 エヴァという作品自体(外観)は変わらないけど、中身は変わってるんだよ。
だから、シンジ君みたいに、いつまでも14年前と同じものを求められても困るんだよ。
みんな変わって(大人になって)いくんたから、いつまでも子供のままじゃいけないぜ。
…なんか、そんなことを暗に言われているような気がしてなりませんでした。
それゆえ、今回の新劇場版も説教エンド(笑)みたいな形で、謎が何も解決されないまま終わるのではないか?
そんな不安がぬぐえませんでした。

 ただ、ラストシーンは幾ばくかの希望が持てるものだったので、今度こそはすべての謎が解け、大団円で終わることを期待しつつ、次回の最終章を待ちたいと思います。

 しかし、こうして未だにエヴァから離れられない私も、エヴァの呪縛にかかっているのではないだろうか?
いや、私なんかまだいいけど、熱狂的なファンやオタクは、それこそDVDやCD、その他関連グッズなど買いまくって、それこそ破産した人がいても何らおかしくはありません。
下手をすると、人生を狂わされた人すらいるのかもしれない…。
そう考えると、まさにこれはエヴァの呪縛ですね。

 かつて、覚醒剤やめますか?それとも人間やめますか?
というキャッチコピーがありましたけど、まさにこれと同じですね。
エヴァやめますか?それとも人間やめますか?
笑えない冗談です。
そして、劇中、エヴァ(に乗るの)をやめられないアスカやマリは、人間でなくなりつつある(使途になりつつある?もしくは使途に近しい存在になってきてる?)という現実があります。
それを考えると、ハッピーエンドと言うのは今回も厳しいのではないか…?
そんな不安にかられる、今日この頃です。

 ※ 例によって長くなりそうだったから、今回はここまで。
    次回は謎についての感想・考察を述べたいと思います。
    例によって、予定は未定ですが(笑)

|

« 預言者J影虎 エヴァンゲリオン編 | トップページ | J影虎エピソードE~私とエヴァ~その六 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/56178590

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァQの感想:

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 再びディスコミュニケーションへ [はらやんの映画徒然草]
前作から3年半ぶりの公開となった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の新作です。 初日の [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 08時30分

» エヴァンゲリオン新劇場版:Q [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; nbsp; ◆エヴァンゲリオン シリーズ nbsp;  前作から14年後の世界でしたが nbsp; 話が飛び過ぎて何だかわからないのは nbsp; エヴァンゲリオンシリーズ特有のことなのでしょう。 nbsp; アヤナミレイは、0号機でなき9号機に登場しているし。 nbsp; プラ... [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 09時42分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
上映が終了した時の会場は もう1回観ないと分からない…声が多数   ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 19時54分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく [大江戸時夫の東京温度]
本日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を新宿ミラノ1で観ました。この劇場、ヱ [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 22時11分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [にきログ]
さて、映画を見たのは先週なんですが今更ながらに感想です 私自身はエヴァは旧アニメ旧劇場版は大学時代に1度、序・破も1回見たぐらいですね なので熱狂的なファンの人に比べたらあまり深い部分まで見ることは出来ていないとは思いますが 何だかんだ言いつつ見たので感想でも書きたいです 今回は旧アニメとは大きく変わってきましたね それをどう捉えるかって気はします 以下ネタバレ感想です... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 21時15分

« 預言者J影虎 エヴァンゲリオン編 | トップページ | J影虎エピソードE~私とエヴァ~その六 »