« DEATH&REBIRTH シト新生 | トップページ | くたばれ庵野! ※旧エヴァの映画を観た時の赤裸々な気持ち »

2013年5月15日 (水)

Air/まごころを、君に

【J影虎エピソードE~私とエヴァ~その拾】

 泣いても笑っても、エヴァもこれでようやく完結。
ここまでの道のりは長く…そして犠牲も大きかった…。
エヴァによる全ての謎の解明を願うぞ!
そう思い、いざ観ることとなったエヴァ。
前半は非常に満足のいく内容でした。
前回観た時と比べても(前半の半分は前回で公開されていた)、大幅にリテイクされていたし、何よりもBGMがすごいと思いました。
観ていて、これは絶対サントラは買いだなと思った程です。
 内容についても、アスカVSエヴァシリーズの壮絶な死闘には圧倒されたし(そして、その前のアスカ復活、アスカ無双のシーンにまたもや泣きそうになったww)、その後の悲劇的な展開も終始目が釘づけになり、つづくのテロップ、ED?のTHANATOS-IF I CAN'T BE YOURSが流れた時は、思わず「また庵野に騙された!」と思った程です(笑)

 しかし、次第に冷静さを取り戻すと「ああ、これから26話が始まるのか」と、そのからくりに気づき(からくりか?)、どっしりとした気構えで引き続き観ていると………。
 悲劇はやっぱり起きてしまいました。
その後は何がどうなっているのかよくわからないまま、TV版26話みたいなノリで話は進行し、そして終劇。
 そのあまりの超展開に、僕らはあっけに取られてしまいました。
終わった後も、しばらく呆然としていたくらいです。

しかも、「ひょっとして、謎を解く鍵がどこかに隠されていたのではないか?」
そんな戯けたことをまだ考えていたのです。
そして後日、私は映画館に足を運び、もう一度観てみたのですが、それでもやっぱり肝心の謎の部分については分かりませんでした。
全然謎解けてへんやん!
私は大いに憤慨しました。
しかし、その憤慨もすぐに無駄で不毛であることに気付きました。
そう、エヴァはもう終わったのだから……。
それが唯一、明らかとなった真実でした。

                       つづく

|

« DEATH&REBIRTH シト新生 | トップページ | くたばれ庵野! ※旧エヴァの映画を観た時の赤裸々な気持ち »

J影虎エピソードE~私とエヴァ~」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/57390468

この記事へのトラックバック一覧です: Air/まごころを、君に:

« DEATH&REBIRTH シト新生 | トップページ | くたばれ庵野! ※旧エヴァの映画を観た時の赤裸々な気持ち »