« ゴミ問題 | トップページ | 名指しの誹謗中傷は暴力に等しい »

2013年12月31日 (火)

個人情報の取り扱いにはご注意を!

 インターネット上でも実生活でも、とりわけ取り扱いに注意しなければいけないのものの中の1つに個人情報があります。
 しかし、残念なことに、私は数か月前に、ある人によって私の個人情報がネットで晒されるということがありました。
 もっとも、この件については、先方より一応の謝罪があったので、これ以上この件について非難することはいたしません。
 ただ、それでも、これは許されない行為であり、また、個人情報に対する認識も非常に甘過ぎると言わざるを得ないものであったため、今回この問題について多くの人に考えていただきたいと思い取り上げた次第ですので、皆様方には今一度、ご自分の普段の行動を振り返り、個人情報の取り扱いの重要性を認識していただけたら行幸です。

 私が、S氏(仮にこう呼びます)に対し非常に不可解だったのが、反省の色が全くと言っていいほど見えなかったことです。
私は、個人情報を晒されたこともそうですが、名指しで誹謗中傷されたことについても、「あなたは取り返しのつかないことをやったんですよ」と何度となく申し上げました。
 しかし、彼からはそのような認識はまるで見られませんでした。
つい最近になってようやく謝罪はあったものの、晒した個人情報について「私が隠しているようには思えなかった」とコメントしておりました。
 なにをもってそう判断したのか理解に苦しみます。
私はネット上で自分のその個人情報を公表したことはありません。
ただ、私のツイートやブログの記事等から「そうじゃないかな?」と薄々感づいていた方は、確かにいます。
 また、オフ会などで実際にお会いした方については、私もその個人情報を打ち明けてます。
面と向かってお会いしてるのに「謎のプリーストです」とか、どこかの獣神官みたいなことは言えませんからね(笑)。
そこは包み隠さず教えているので、私のその個人情報を知ってる人というのは、実はたくさんいるというのが現状ではあります。

 しかし、後にも先にも、私のその個人情報をネット上で晒したのはS氏が初めてなのです。
この辺に、個人情報に対する認識の甘さが如実に表れていると思われます。
 前述したように、ネット上で、私はその個人情報を公表してはおりません。
本名もそうですし、年齢等もそうです。
 もちろん、実際に私と会ったことのある人は、それらの情報も知ってはいますが、それをわざわざネットで晒す人等いるはずもありません。
 それは、ネット上では知り得ない情報であり、私自身が公表していない以上、ネット上で晒すことは許されないことであると、誰しも認識しているからです。

 自分が知ってて(しかも、それは私に実際に会うことで知った)、私が普段からそれらしいことをつぶやいているので、みんな知ってるだろうと思ったと言うのなら、やはりそれは認識が甘かったとしか言いようがありません。
 もし、その私の個人情報を知らなかったとしたら言っていたでしょうか?
多分そうなんじゃないかな?と思っただけでは、おそらくは言ってないはずです。

 確かに、ひょっとしたら、みんなは私のその個人情報を知っているのかもしれない。
私だけがそのことに気付いていない、ザ・グレートデンキ状態なのかもしれない。
 しかし、それは、ヒメコがボッスンのことを好きだということと同様に、周囲の人はみんな知ってても、一々そんなことをわざわざ言うはずもない野暮なことなんです。
 ゆえに、仮に、私のその個人情報をみんなが知っていたとしても、それをネット上で一々口に出して言うということは、メカ沢新一に対して「ロボッ…」と言うようなものなのです。
いじめです。

 そして、最大の問題は、どこの誰かも分からない、何人いるのかも分からない、そんな不特定多数の人達に、私のその個人情報が知られてしまったということなんです。
別に私が教える気もなかった、普段なら知られるはずもなかった人達にです。
 だから、取り返しのつかないことだと言ってるのです。
今さら知ってしまったことを忘れろなんて言っても簡単に忘れられるはずもありませんし、第一、誰が知ってしまったのかも分からないのです。
ひょっとしたら、その中に口の軽い人がいて、今でも言いふらして拡散されてるかもしれない。
この落し前どう付けてくれるんですか?
と言われたら、どうするつもりなんでしょうか?
(まあ、実際にそう言っても何もしてくれなかったけど…)

 まあ、冒頭で言ったように、今さら非難する気は毛頭ありません。
しかし、こういうことをもう一度よく考えて欲しいのです。
社会に出て働くことになれば、こういうリスクは常に付きまとうものであり、こんなことしでかしたらタダでは済まないのです。

 例えば、A社という会社があって、営業で使う顧客リストを他の支店にFAXすべきところを、誤ってB社に送ったらどうなるか?
実際に会社勤めされてる方なら分かるでしょうけど、これはもう身の毛もよだつ大惨事です。
こんなことしでかそうものなら、速やかに公表して謝罪をしなければならないし、もしリストに記載されてる顧客が1,000人いたら、その1,000人1人1人に謝罪してまわらなければならないのです。
もちろん、そんなことになれば営業活動や日常業務どころではありません。
1人1人の住所を調べて、直接赴いて謝罪して、不在だったらまた出直して…と、どれだけ時間と労力を費やすか考えただけでも頭が痛くなります。
もちろん、謝罪したからと言って、簡単に許してくれる人もいないですし、離れていく顧客もいるでしょうし、そこからまた新たなトラブルに発展することもあります。

 ゆえに、今はどこも個人情報の取り扱いには神経とがらせてるわけなのです。
FAXするにしても、番号相違がないか細心の注意を払わなければならないし、郵便物についても然り。封筒に入れて糊づけする前に、他の誰かに宛先と中身に相違がないかチェックしてもらった上で初めて出せる…等、些細なことかもしれませんが、それだけ神経使っているのです。

 しかし、それでも間違うことはあるのです。
そこはやはり、人間がやることである以上、ミスはつきものです。
だからこそ、厳格に、注意してもし過ぎることがないくらい注意しなければならない…。
それが個人情報なのです。

 さて、いかがだったでしょうか?
いささか大げさ過ぎだと思われたかもしれません。
 しかし、大げさだと軽く考えてる内は、また必ず同じ失敗を繰り返します。
先程も述べたように、これは注意してもし過ぎることはないんです。
そのことを、1人1人今一度よく考えていただきたい。
そう願わずにはいられない、今日この頃です。

|

« ゴミ問題 | トップページ | 名指しの誹謗中傷は暴力に等しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/58852058

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報の取り扱いにはご注意を!:

« ゴミ問題 | トップページ | 名指しの誹謗中傷は暴力に等しい »