« 恋仲の感想その2-恋仲はホンマに具のないカレーなのか?- | トップページ | 最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想 »

2015年9月30日 (水)

ドラマ『探偵の探偵』の感想

 このドラマはラスト2話と、ユースケ・サンタマリアが出てた時の1話、計3話しか観ていないのですが、中々面白かったと思います。
特に、梶原善を見た時は血沸き肉踊りましたね。
あっ!梶原善や!って。
と言うのも、実に久しぶりだったんですよ、梶原善をドラマで観るの。
多分、『竜馬におまかせ!』以来だったのではないかな~と思うのですが、そんなことはどーでも良くてですね、私にとっては、3枚目役をやらせたら右に出るものがいないとかいるとか言われてる、あの梶原善を見られたことが大きな収穫だったのです。
しかも、結構腕利きの探偵という役だったのでしょうか?
そこはかとなく、かっこ付けてる感じが何とも言えない笑いを誘い、実にほっこりとした気分になりました。
これだけでもこのドラマを観た甲斐があったというものです。

 こうなってくると、もうストーリーなんてどーでもいいです。
正直、「探偵の探偵」って言うのが今でも何のこっちゃよく分からないし、以前ツイッターで、あるフォロワーさんが「探偵の探偵って、バカボンのパパの賛成の反対みたいなものか?」って感じのことをつぶやいてるのが一番印象に残ってる…そんな程度の認識しか持ち得ていません。
 しかしながら、最終回で死神とか呼ばれてるラスボスが「私はね、探偵の探偵の探偵をやりたいんだよ」等と宣った時はさすがにヒヤリとしましたね。

「それじゃあ私は、探偵の探偵の探偵の探偵だー!」
「それなら私は、探偵の探偵の探偵の探偵の探偵だー!」
「ならば私は、探偵の探偵の探偵の探偵の探偵の探偵だー!」
…みたいに、ガキの喧嘩のごとく、延々と言い合いが続くのか…?とか、「探偵の探偵を超えた探偵の探偵をもう1つ越えてみるか…」みたいなことを言い出すのじゃないか?と、ハラハラドキドキしました。
でも、そうならなくて本当に良かったです。

 そしてもう1つ印象に残ったのが、死神役の女優さんの演技。
テンションや口調がコロコロ変わって、言ってることややってることの1つ1つがぶっ飛んでいて、「あ~こいつイカれてますわ~」と思えるに十二分な素晴らしい演技でした。
インパクトや瞬間最大風速ならば、池波宗一を演じた佐野史郎を超えてたね!(私的に)
ただ惜しむらくは、彼女の言動が、私の元同僚の酔っぱらった姿にそっくりだったこと。
おかげで嫌な過去を思い出させられました…。

 とまあ、そんなわけで、たった3話しか観てないにも関わらず、この『探偵の探偵』というドラマ、内容的には非常に濃厚で、思ってた以上に楽しめました。
機会と時間があれば、1話目からちゃんと観てみたいものですが、例によってそれがいつになることやら…。漂う今日この頃です。

|

« 恋仲の感想その2-恋仲はホンマに具のないカレーなのか?- | トップページ | 最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/62385457

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『探偵の探偵』の感想:

« 恋仲の感想その2-恋仲はホンマに具のないカレーなのか?- | トップページ | 最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想 »