« 2015年9月 | トップページ | 2016年5月 »

2015年10月

2015年10月12日 (月)

最近のミナミの帝王の感想

 この作品は単なる金貸しの物語と言うわけでもなく、タイムリーな話題をぶっこんでくるから油断ならないんですよね。
で、今回のシリーズは、脱サラしてラーメン屋を開業した人の話。
退職金だけでは開業資金が足りず、ミナミの帝王こと萬田銀次郎に200万円借りたものの、腎臓を患ったため人工透析を受け、闘病生活をしながらラーメン屋を切り盛りしなければならなくなったものだから、さあ大変。
今のところ店は繁盛して、返済もなんとか出来てはいるものの、こんな状態でこの先うまくやっていけるものなのだろうか?
…と、非常に先行きが不安視されるわけです。

 これはアレですかね?
最近流行りの、格差社会における貧困層に陥る人達…。
これがテーマになってるんですかね?
だとしたら、ここからどのように現状を打破していくのか?
どういう結末になるのか?
非常に興味があるところですが、それも最近になって雲行きが怪しくなりました。
入院中に色々と世話をしてくれた担当の看護師さんが病院を辞める羽目になり、その理由がどうもきな臭い。
ストーリーに関係なさそうで、その理由とやらがこの先大いに関わってくるんだうなぁ~。
ってことは、医療ミスとかがあって、それを突き止め賠償金をたんまりせしめて返済&今後の生活資金に充てる…でも闘病生活は続くよ…みたいな感じで落ち着くのかな?

 でも、どうせなら、今回のケースみたいに不慮のアクシデントで貧困層に陥ったらどうすべきなのか?そういう点にも踏み込んで欲しいなぁ~と思う、今日この頃です。
まあ、保険に入ってればある程度はカバーできるんですけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想

 前聖戦時の黄金聖闘士1人1人にスポットを当てるこの外伝も、いよいよこれで最後になるのでしょうか?
トリを飾るのは教皇セージと、その双子の兄ハクレイの物語。
それも彼らが現役聖闘士だった時代の頃…つまり、前聖戦のそのまた前の聖戦のエピソードというのだから興味をひかれます。
それも、冥王軍による黄金聖闘士の洗脳という恐るべき計画が発動したものだから、さあ大変!
敵の最強戦力を洗脳し味方に引き込もうとは、なんとロマンにあふれた戦略であろうか!
でも、わざわざそんなことをしなくても、黄金聖闘士は勝手に裏切って内輪もめを始めますからァー!!!!残念!!
って言うか、それはむしろ『NEXT DIMENSION』でのことじゃないのか?斬り!

 …というツッコミを入れたいところではありますが、よくよく考えるとこの作品、原作を熟知してるばかりか、原作であまり描かれていない所を補完したりと、そういうにくい演出を今までにしてくれたりしてますよね。
と言うことは、今回のエピソードは、ある意味『聖闘士星矢』の最大の謎、「なぜ黄金聖闘士から裏切り者が出てくるのか?」その答を示してくれる、もしくはそのヒントを与えてくれるようなものになるのではないだろうか?

 後世の黄金聖闘士から、サガ、デスマスク、アフロディーテのような裏切り者が出てきたのは、実は過去の冥王軍による黄金聖闘士洗脳計画が、時代を超えて何らかの後遺症みたいなものをもたらし、今でも尾を引いているとか、そんな感じなのかも。
とりわけ、2代前の双子座の聖闘士が、この冥王軍の洗脳によりどうなってしまうのか?
要注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年5月 »