« ドラマ『探偵の探偵』の感想 | トップページ | 最近のミナミの帝王の感想 »

2015年10月 1日 (木)

最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想

 前聖戦時の黄金聖闘士1人1人にスポットを当てるこの外伝も、いよいよこれで最後になるのでしょうか?
トリを飾るのは教皇セージと、その双子の兄ハクレイの物語。
それも彼らが現役聖闘士だった時代の頃…つまり、前聖戦のそのまた前の聖戦のエピソードというのだから興味をひかれます。
それも、冥王軍による黄金聖闘士の洗脳という恐るべき計画が発動したものだから、さあ大変!
敵の最強戦力を洗脳し味方に引き込もうとは、なんとロマンにあふれた戦略であろうか!
でも、わざわざそんなことをしなくても、黄金聖闘士は勝手に裏切って内輪もめを始めますからァー!!!!残念!!
って言うか、それはむしろ『NEXT DIMENSION』でのことじゃないのか?斬り!

 …というツッコミを入れたいところではありますが、よくよく考えるとこの作品、原作を熟知してるばかりか、原作であまり描かれていない所を補完したりと、そういうにくい演出を今までにしてくれたりしてますよね。
と言うことは、今回のエピソードは、ある意味『聖闘士星矢』の最大の謎、「なぜ黄金聖闘士から裏切り者が出てくるのか?」その答を示してくれる、もしくはそのヒントを与えてくれるようなものになるのではないだろうか?

 後世の黄金聖闘士から、サガ、デスマスク、アフロディーテのような裏切り者が出てきたのは、実は過去の冥王軍による黄金聖闘士洗脳計画が、時代を超えて何らかの後遺症みたいなものをもたらし、今でも尾を引いているとか、そんな感じなのかも。
とりわけ、2代前の双子座の聖闘士が、この冥王軍の洗脳によりどうなってしまうのか?
要注目です。

|

« ドラマ『探偵の探偵』の感想 | トップページ | 最近のミナミの帝王の感想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/62366666

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝の感想:

« ドラマ『探偵の探偵』の感想 | トップページ | 最近のミナミの帝王の感想 »