FPらしいことをつぶやこう!

2015年1月 3日 (土)

投資の必要性②

 ※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。

先日話した『投資の必要性』の内容を、ざっくりまとめると、昔は良かった…に要約されます。

別に懐古厨とか、そんなんじゃなくてですね(笑)、昔は定期預金の金利が6~8%くらいあったから、倍々ゲームでお金を増やすことが出来たいう訳です。

しかし、今の定期預金の金利は0.025%なので、増やすことなんざ到底無理な訳です。
それどころか、消費税増税、物価上昇、上がらない給料、年金受給額の減額、年金支給開始時期の引き下げなどのマイナス要因目白押しで、お金を増やすどころか、目減りしていく一方なのです。

ゆえに、今のご時世、お金を増やすには…と言うより、自分の資産を守るには、少なからず投資をすること…預金以外の金融商品を利用する事が必要不可欠になってくるわけです。
しかし、これに対し、拒絶感を示す人が依然として多いというのが現状です。

せやかて工藤。投資なんて面倒やし、難しいし、損するかもしれへんのやろ?
そんな危険が危なくリスキーなデンジャラシックパークみたいな眠たいことやってられまへんわ~(゚o゚;
…と、そんな戯けたことをのたまう人が実に多いのですが、彼らは事の重大性が分かってないのです

投資なんて必要ない。
別にお金なんて増やさなくていい。
減らなければいい。
そう言う人も実に多いです。
しかし、それは現状認識が甘いと言わざるを得ません。
甘い!チョコより甘いわ!お兄さん!(゚Д゚)

一言で言うなら、時代が変わったのです!
定期預金にしてれば、勝手にお金が増えていった時代はもう、とっくの昔に終わったのです!
今は定期預金にしてても、増えるどころか、目減りしていく一方なのです。
まずはそれを自覚してください!
現実を見てください!

例えば10万円お金があったとします。
消費税が上がり、物価が上がっていったら、この10万円は今と変わらず10万円の価値があるでしょうか?
答はノーです。
消費税、物価が上がれば、今まで10万円で買えてたものが買えなくなります。
つまり、お金の価値が下がるのです。

ゆえに、消費税や物価の上昇分をカバー出来るよう、投資をしなければならないのです。
何も儲かるために投資をする訳ではありません。
自分の資産を守るために投資をする…。
これが前提であり最大の目的なのです。
そこを履き違えてはいけません。

しかし、こういうことはなぜか正しく伝えられることがありません。
マスコミなんて、円高とか円安とか、株高とか株安とか、人より優れているとかいないとか、そんな表面的な所だけを見て大騒ぎするだけで、こういう肝心なことは決して伝えようとはしません。

例えば、アベノミクスにより、円安になったことで、輸入品の価格やエネルギーコストが高くなった等と騒いでは、マスコミは安倍政権を叩いてますが、そんなこと予め分かってたことです。
なのになぜ、民主党政権時に、円安になった時の為の備えを勧めなかったのか?
実に不可解です

民主党政権時は円高だったため、あまり実感はなかったかもしれませんが、日本の食料品の7割近くは輸入に頼っています。
ゆえに、これが円安になっていけば、食料品の価格が上がる事ははじめから分かりきった話です。
しかし、マスコミはそういう大事な事を一切伝えなかったのです

ちなみに、当時の金融機関は、「今はデフレで円高だから物価も安いけど、これがインフレになったり、円安になれば、物価は上がりますよ。
預金の金利だけでは、値上がり分をカバー出来ませんよ。
何か対策は立ててますか?」
と、こんな風にアプローチしてたみたいです。

そう言えば、当時マスコミは「日本が財政破綻するかもしれないから」と言って、外貨を勧めていました。
破綻すれば円が紙切れになる…そんな極端な理論を展開してましたが、同じく外貨を勧めてた金融機関は、あくまで円安・インフレになった際の備えの一環として勧めていました。

繰り返し言いますが、投資は儲かるためにするものではありません。
あくまで、消費税や物価の上昇分をカバーする…等の目的で、自分の資産を守るためにするものなのです。
これが前提であり最大の目的なのです。
そこを履き違えてはいけません。

| | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

投資の必要性①

 ※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。

連日NISAの話をしてるが、世間のNISAに対する無関心さに、一抹の不安を覚えるので、今回から少し趣向を変えて、なぜ投資が必要なのか?について語っていこう。

前にも話したが、今のご時世、預金ではお金が増えないのです。
むしろ、預金の金利だけでは、物価上昇、消費税増税をカバー出来ない状況なのです。

消費税が3%アップ、そして日銀の黒田総裁が物価上昇率2%を目標にすると明言してるのに対し、定期預金の金利は依然として0.025%。
100万円を1年間定期預金にしてても、利息は200円しかつかないわけです。
たった200円の利息で何が出来ますか?

そんなわけで、今は昔と違って、預金の利息ではお金は増えないのです。
ちなみに、昔は、バブル全盛の頃は、定期預金の金利も6~8%程ありました。
10年定期預金にしておけば、お金が2倍になってたと言う話はよく聞きます。
しかし、今ではそれも儚い夢でしかありません。

72の法則と言うものをご存知でしょうか?
72を金利で割ると、資産を倍にする年数が割り出せるのです。

例えば、金利が6%だとすると

72÷6=12

つまり、預けたお金を2倍にするのに、金利が6%だと12年かかると言うわけです。

では、72の法則を今の金利に当てはめてみましょう。

72÷0.025=2,880

預けたお金を2倍にするのに、今の定期預金の金利だと、2,880年かかるのです。
すごいですね~怖いですね~。

そして、最も憂慮しなければならないのが、老後の生活。
民間サラリーマン世帯での年金支給額は、世帯合計で約23万円(加入期間や平均標準報酬月額等によって個人差はある)
しかし、ゆとりある老後の生活を送るには、1ヶ月の生活費が約36万円必要と言われています。

つまり、ゆとりある老後の生活を送るには、年金だけでは足りず、毎月13万円ずつ手持ちの預金を取り崩していかないといけないわけです。
そして、仮に2,000万円(退職金等)あったとして、月10万円ずつ取り崩していくと、今の0金利では17年で底を尽いてしまいます。

また、これが自営業者だと、もらえる年金は国民年金だけなので、世帯合計の受給額(月額)は約13万円です。
よって、手出しする金額はより多くなります。
ちなみに、老後の最低日常生活費は約22万円と言われてるので、贅沢しなければやっていけないことはありません。しかし…

今話したことは、あくまでこれまでの話。
これからは消費税が上がり、物価も上がり、そして年金は減額となるため、今まで以上に出費はかさむことになるでしょう。

以上のように、現在我々を取り巻く環境は非常に厳しいと言えます。
金利も低い、給料も中々上がらない、その反面物価や税金は上がっていく。
年金も減額され、支給開始時期を引き下げられるかもしれない…。
そのような状況下で、投資を考慮しないことは自殺行為に等しい。


                       つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NISAのススメ~NISAを解約せし者~

 ※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。

今回のお話は、NISAを利用してる方、もしくは、これから利用することを考えてる方々の、夢も希望も打ち砕くような…と言うよりは心を折るような、本当にあった怖い話なので、心臓の弱い方は決して夜中に1人で読まないでください。


ある人が、今年に入ってNISAで投信を100万買いましたが、昨日早くも解約しました。
確かに利益は出ていましたが、これで今年のNISA枠は使いきってしまったのです。
この人はなぜ、こんな短期間で解約したのか?
その驚愕の理由とは!?


100万円の非課税枠を使って、例えば10万円利益が出たとして、それがなんなのだ?
仮に500万円してれば5倍の50万。
101千円(50万円×20.315%)の税金を引かれるが
それでも398千円の利益になるのだ。
…と、理由はそんな感じ。


つまり、金持ってる人はNISAの非課税枠なんざ使うまでもなく、儲けることが出来ますよ~利益出せますよ~と言った身も蓋もないお話。
さっきの例みたく、投資する金額が大きければ大きいほど、税金差し引いても儲けは大きいのだ。


ちなみに、その人は日経平均株価に連動したインデックス型の投信を買ってたそうです。
日経平均株価が1万4千円くらいまで下がった頃に。
そしてここ2,3日で1万5千円を超えたので、利益確定で売っ払ったと…。
そういうことらしいです。


その人は、今年の非課税枠が使えなくなった訳だが、全く意に介していなかった。
その人は毎回1,000万円ほど購入に注ぎ込み、利益が出ては解約し、そしてまた買う…。
それを繰り返すことで、今までにも相当の利益を出してきたからだ。
羨ましい話である。


結論:金持ちに非課税枠なんて必要ない


ゆえに、金持ちではなく、むしろ庶民の方が積極的にNISAを利用すべきなのだ。
よく投信等の金融商品を勧められた人が、断り文句で「私のようなお金持ってない人に言うより、もっとお金持ちの人の所に行ってください」と言うが、金持ちはする必要がない。
だってお金あるんだから。


昔は預金金利も高かったから、預金で預けておくだけでお金はどんどん増えていった。
給料も年功序列で上がっていったし、働けば働くほどお金も貯まっていった。
そう、昔は言うなればイージーモードだったのだ。
だが今は違う。


今は金利は低い。
給料も上がらない。
消費税は上がる。
物価も上がる。
年金は減らされる。
年金の支給開始時期は引き上げられるかもしれない。
…etc.
こんな状態でどうやってお金を増やせば良いのか?
投資をするしかないんですよ!



眠くなったから今回はここまで。
って言うか、1人を除いて全然何の反応も返ってこないが、みんなこの辺り、ちゃんと考えているんやろうか?
…と、J影虎は一抹の不安を覚えます!(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランスファンドはホンマにNISAに向いてるのか?

※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。気に障る言い回しもあるかと思いますが、ご容赦を…。



NISAにはバランス型の投信が向いてると言われている。
株、債券、REIT(不動産)の配分を上手くコントロールして、リスクを極力抑えることが出来るからだ。
これにより、非課税期間の5年間で起こり得る様々な局面にも適宜対応し、利益をもたらしてくれることが期待できる。


だが、私個人としてはバランス型の投信には抵抗がある。
投資の基本はリスク分散にあり「卵は1つの籠に盛るな」とよく言われる。
その籠を落とせば全ての卵が割れるから、複数の籠に分ける事で、それを回避する訳だ。
しかし、リーマンショックの時はそれでも全ての卵が割れたのだ。


実際、リーマンショックの時は、株も債券も不動産も全部軒並み下がった。
株が上がれば債券は下がる‥等と一般的に言われたことが、その時ばかりはまったく当てはまらなかったのだ。
バランス型の投信も例外ではない。
そして、その時の傷跡は今でもまだ残っているのだ。


リーマンショック前に株や投信を買われた方の多くは、アベノミクスにより、ようやくマイナスが解消されたが、中には未だ含み損を抱えたままの方もいる。
購入した時期にもよるが、具体的な例を出すと、財産3分法ファンドや六花撰等のファンドがこれに該当する。

そういうわけで、私はバランス型の投信はあまり気が進まない。
どうせなら、ハイリスクハイリターン、三振かホームランか…。
倒れる時は前のめりやー!(゚Д゚)
…そんな心構えで臨みたい。


参考までに(^o^)

財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月分配型『愛称:財産3分法ファンド』 #2003080502kabu www.morningstar.co.jp/FundData/SnapS


MHAM 6資産バランスファンド『愛称:六花選』 #2006061206kabu www.morningstar.co.jp/FundData/SnapS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NISAのススメ

 ※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。気に障る言い回しもあるかと思いますが、ご容赦を…。
NISAの関連本はたくさんあるが、そのほとんどは5年間の保有を前提で色々な解説や指南をしているように思える。
もちろん、その考え方は間違いではないが、このために、5年間解約出来ない、保有し続けなければならないと、勘違いしてる人も多いんじゃないかな?


極端な話、今日NISA枠を使って100万円で株や投信を買って、明日解約する事も出来るのだ。
そしてこの時、例えば10万円利益が出てれば(手数料等を差し引いた上で)、課税されず丸々10万の利益が受けとれる。
ただ、今年はもう非課税枠が使えなくなり、来年以降の枠を使うしかない。


5年間保有してても、ひょっとしたら5年後には元本割れしてるかもしれない。
そういうリスクはもちろんある。
ゆえに、5年間の間でどこで解約するか?
…と言うよりは、利益がいくら出たら解約するか?をあらかじめ決めた上で、購入に臨んだ方がよろしいかと思います。


今朝も言ったけど、NISAの非課税期間は基本5年。
その5年間でどれだけの利益を出せるか?
いかにして出すか?がNISAの最大のポイント。
ゆえに、NISAの関連本の多くは、5年間保有する事を前提として書かれてる。
だが、必ずしも5年間保有する必要はない。


NISAの非課税期間は5年。
なのに、始まってまだ2ヶ月しか経ってないのに、週刊現代は「株初心者から不満爆発」とか戯けた記事でNISAを叩いてました。
本気でこんな記事書いてるとしたら、あまりにアホ過ぎ。
ろくに知らないくせに、この記事で詐欺だとか騒ぐ輩も同様。


NISAの非課税期間は5年。
その5年間でどれだけ利益を出せるかがミソ。
それゆえ、目先の利益にとらわれて、途中で利益確定の売りに出すのは負けだと言う人もいる。
そういう意味ではチキンレースに似ているが、別に勝ち負けの問題でもないし、臆病者ほど長生き出来るものだ。


例えば、NISAで株ないし投信を100万円購入したとする。
5年後、これが300万円に増えました!
…となれば万々歳だが、逆に50万円に減りました。…となることもあり得る。
ゆえに、5年経ってなくても、ある程度利益が出てて、このくらいでいいやと思えば解約しても良い。


要は考え方次第。

 ケース1
100万で購入した株や投信が、3年後に150万になったので、解約して50万利益を得ました。
しかし、その銘柄はその後も値上がりが続き、解約せずに保有していれば200万円になってたことが分かりました。
あ~あの時解約しなければ良かった…


 ケース2
100万で購入した株ないし投信があ3年後に150万円に値上がりしました。
まだ上がるだろうと思って保有していたところ、その銘柄が暴落し、70万円まで値下がりしてしまいました。
あ~あの時解約していれば…。


さて、前述したケース1とケース2。
どちらも後悔には違いありませんが、同じ後悔であるならば、どちらが良いですか?
考えるまでもないのでは?


とは言え、5年間保有してて利益が出なかったとしても、ロールオーバーで更に5年間延長するという手もあります。
ただ、そんなに長いこと預けておきたくないと言うならば、ある程度利益が出た時点で解約した方がよろしいでしょう。


一番肝心なのは銘柄選び。
例えば、アベノミクスの成長戦略やオリンピックの経済効果を期待するなら、バイオ、建築・土木業、医療、農業、カジノ産業…etc.
等の株を買うとかね。


株は難しいのでちょっと…と言うのなら、投信が良いでしょう。
例えば、アベノミクスが上手くいけば、日経平均株価はかつてのバブル全盛時の3万8千円くらいまで上がるとさえ予想されています。
これを信じるなら、日経平均株価に連動したインデックス型の投信が良いでしょう。


日経平均株価はイマイチ面白みがない。
もっと刺激的なアグレッシブなものが良いと言うならば、JPMザ・ジャパン辺りが良いでしょう。
徹底したリサーチからの銘柄選びには定評があり、運用実績も半端ではありません。


                           つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

投資のススメ

 ※ これは以前にツイッターでつぶやいたことを羅列したものです。
    気に障る言い回しもあるかと思いますが、ご容赦を…。

家計襲う最悪の年金シナリオ 「支給額3割減&支給開始68歳」 - SankeiBiz(サンケイビズ) smar.ws/TFLxh #SmartNews
だから投資をしろと何年も前から言われてるだろ!
NISAもあるのに、この期に及んで関心もないとは、ほんと救えん


定期預金に預けておけば金利が付いてどんどんお金が増えていく時代はとっくの昔に終わってるんです!
むしろ、増税、インフレ、年金支給額の減少等の前に、定期預金では実質目減りするだけなのだよ。
だから、投資をしなさいって言われてるのに、文句ばっか言って何もしない奴は何なの?


株とか投資とかにここまで否定的なのも日本人くらいじゃなかろうか?


成長戦略に進展なく関心薄れるアベノミクスの賞味期限  | 真壁昭夫「通貨とファイナンスで読む世界経済」 | 現代ビジネス [講談社] smar.ws/LvFpZ #SmartNews
日本人がもっと株を買えば良いだけの話なんだよね。外国人よりも。


そもそも、なんでわが国の株の7割近くを外国人が売買してるんや?っていう話。
それなのに、当の日本人はまったくと良いほど関心を示さないってのも情けない話ですよ。
自分の国の企業の株で外国人ばっか儲けさせて、当の日本人は不景気で金がねーとか、アホか!と。


日本人で株式会社に勤めてる人はどれだけいる?
それなのに、日本人が株を頑なに買わないってもおかしな話ですよ。
自分が勤めてる企業は元より、自分の仕事にそんなに自信がないんですか?
と問いたい。

みんな、俺の会社の株買いなよ!
儲けさせてやるからさ!くらいの事も言えないのかと…。


慰安婦問題もそうだけど、株についても悪しきイメージを植え付けた元凶みたいな存在がいるはず。
そいつを探し出して吊し上げてもいいと思うんだー!(゚o゚;


私が初めて株を知ったのは、まだ小さい子供の頃で、火曜サスペンス系のドラマを観てのこと。
株で失敗して多額の借金を背負ったのが原因で、殺人を犯すとか、そんなお話。
当然、株なんて何の事か分からないから親に聞いたけど、当然理解出来るはずもなく、ただ株は怖いという印象だけが残った。


そんな風に、ドラマや漫画等で、株で失敗する奴をことさらに強調することが日本では圧倒的に多い気がする。
誰の差し金でこんなことが定着したのかは分からんが、そいつは万死に値するよ!


せやから、こうなってしまっては大規模な改革をしないといけないと思うんです。
義務教育で経済や株を必須科目にしたらいいんじゃないかと。
そして、社会人には株を最低10万円買うことを義務付けるとか…。
それくらいしないと、経済のことに関心持たないし勉強もしないと思うんですよね。


まぁ、義務付けはできるはずもないんだけどね。
しかし、それくらいやんないと、みんな関心持たないでしょ?
選挙もそうじゃないですか。
どんだけ投票に行けと言っても、投票率上がらないでしょ?
終わってるんですよ。


でも、義務教育で経済を必須とし、バーチャル株取引とかさせるのは一考の価値ありと思う。そうすることで論理的な思考も身に付く。
例えば、日経新聞の記事から、○○社はこれから伸びると思われるし、PER、PBRを見ても割安感がある。財務状況も悪くないから、買いだと思いますってな風に。


いや、マジで義務教育に経済や投資を取り入れましょう!
新聞を読むようになる、経済的な指標も分かるようになる、景気の見通しも自分なりの考えが出来るようになる、相場観も身につく。
決算書も読めるようになる、論理的な思考も身につき、それをプレゼンするスキルも上がる。
反対する理由がない


まぁ、そういったことを教えられる人材がいないから、物理的に当分は無理だろうけどね(^_^;)
せやから、今いる教員にそういった知識・スキルを叩き込むことから始めなければいけない訳だが、当然嫌がるんだろうなぁ(^_^;)
って、そんな自己啓発意識のないサラリーマン教師は辞めてまえ!


株を買えー!(゚Д゚)


NISAを使えー!(゚Д゚)


そうすればオレの資産も増えるんだよ!
                                      以上、J影虎でした!

| | トラックバック (0)