日記・コラム・つぶやき

2014年1月 4日 (土)

「ありがとう」を伝えよう

 突然ですが、皆様は普段から人に対して「ありがとう」の一言が言えていますか?
人から何かしてもらっても、それが当然のことだと思い、礼を言わずに済ませていませんか?
相手が部下だから…後輩だから…子供だから…自分に借りがあるから…etc
そんな理由で、自分が何かされて当然だと思っていませんか?
また、大したことしてもらってないからお礼なんか言わなくていいとか考えていませんか?
 もしそうだとしたら、今からでも遅くはありません。
意識を変え、意識的に「ありがとう」と言うように心がけてみましょう。

 こう言うと、いささか説教くさいと思われるかもしれません。
しかし、説教しているつもりは毛頭なく、する気もサラサラありません。
私はただ気づいて欲しいのです。
ちょっとしたことでも、互いに「ありがとう」と言っていければ、人間関係も今よりもっと良くなるし、何より自分自身が人間的に大きくなれると言うことを。
 どうか、そういった趣旨をご理解いただき、これからするお話にもお付き合いいただければ、幸いです。

続きを読む "「ありがとう」を伝えよう"

| | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

名指しの誹謗中傷は暴力に等しい

 インターネットをやってると、他者との意見の食い違いから口論になったり、思わぬトラブルを招くことも往々にしてあります。
 誰しも少なからず経験があるのではないでしょうか?
 しかし、ここで1つ気を付けなければならないのは、決して必要以上に相手を名指しで非難してはいけないということです。
 正当性のある非難であれば、許されることもあるでしょう。
 しかし、これが誹謗中傷であったなら…それは単なる悪口でしかなく、名誉毀損や侮辱罪といった犯罪になるのです。
 こう言うと、「そいつはちょっと大げさだぜ・・・・・・。ハッタリをかませすぎだ・・・・・・」
と思われる方もいるでしょう。
 しかし、それは大きな間違いです。
ネット上とは言え、下手に相手を名指しで誹謗中傷すれば、そういう目に遭う可能性も十分にあるのです。
 3か月程前、私はとあるHPの掲示板で、個人情報を晒され、またいわれのない誹謗中傷を受けました。
 幸い、その書き込みは削除された訳ですが、書き込んだ方には、まるで反省の色がありませんでした。
 もっとも、この件については、最近一応の謝罪がなされたので、これ以上問題にする気はサラサラありません。
 ただ、彼には彼の発言が単なる悪口、誹謗中傷であり、それが侮辱罪、名誉棄損にあたるという認識があったようには見受けられなかったので、今回この件を取り上げた次第です。
どうか1人1人が、今一度自身の言動を振り返り、省みるきっかけとなれば行幸です。

続きを読む "名指しの誹謗中傷は暴力に等しい"

| | トラックバック (0)

個人情報の取り扱いにはご注意を!

 インターネット上でも実生活でも、とりわけ取り扱いに注意しなければいけないのものの中の1つに個人情報があります。
 しかし、残念なことに、私は数か月前に、ある人によって私の個人情報がネットで晒されるということがありました。
 もっとも、この件については、先方より一応の謝罪があったので、これ以上この件について非難することはいたしません。
 ただ、それでも、これは許されない行為であり、また、個人情報に対する認識も非常に甘過ぎると言わざるを得ないものであったため、今回この問題について多くの人に考えていただきたいと思い取り上げた次第ですので、皆様方には今一度、ご自分の普段の行動を振り返り、個人情報の取り扱いの重要性を認識していただけたら行幸です。

続きを読む "個人情報の取り扱いにはご注意を!"

| | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

ブロック、リムーブした奴がいつまでも人のツイート見るのはやめろ!

 いや、ホンマそうですよ。
ほなら、なんでリムーブ、ブロックしたんや?っちゅう話です。
あなたは私のツイートに、私に、嫌悪感や拒絶感を覚えたからリムーブ、ブロックしたんでしょ?
それなのに、なんでリムーブ、ブロックした後も人のツイート見てんの?
スタミナなさ過ぎだろ!
リムーブ、ブロックしたなら死ぬまで人のツイート見るなよ!
むしろ、そのくらいの覚悟のない奴が気軽にリムーブ、ブロックするなよ!

 …って、まあいいよ。
そりゃあね、人間、見たいものは見たいでしょうし、その自由も権利もありますから。
幸か不幸か、このケースは覗きとか犯罪の類でもないしね。

 でもね。
だからと言って、リムーブ、ブロックした後に、こっそり人のツイートを見て、それをネタに悪口言ったり笑いものにしたりってのは、ちょ~っとばかし感心できないなぁ~。

 いやね、これって実は私も最近気づいたんですけど、どうもそういう輩が意外にたくさんいるみたいなんですわ。
人のツイートをネタにして、SkypeやチャットやLINEで仲間内で悪口言い合ったり、笑いものにしたりするという人が。
それで、今までにもTwitter上で、上記のことをそれとな~く、嫌味っぽく、あてつけのように、それこそギンギラギンにさりげなくつぶやいてたんですわ。
するとどうでしょう!
これがまあ、反響の大きいこと大きいこと。

 もちろん、表立って非難してくる人なんていませんでしたが、やっぱ身に覚えのある人が多いのか、私と何らかの因縁のある人、フォロワーさん、はたまた全く関係のない人等々、実に多くの方々が、水面下で色んなリアクションをされてました。
中でも面白かったのが、全然関係ない人が、「あたしのことやー!」と勝手に勘違いして勝手にキレてたことです。
いやいやいや、誰もあんたの話なんかしてないから。
なに、その勘違い。面白すぎるんですけどww
って言うか、あんた、そういうこと私に対してしてたわけ?
馬脚を現したのう( ^∀^)

 …と言うように、やっぱ身に覚えのある、心当たりのある人は多いみたいでして、このような自白…と言うか自爆するような人まで出てくる始末でした。
キジも鳴かずば撃たれまい……
ですから、リムーブ、ブロックは、確かにされる側は嫌なことかもしれないけど、本当に怖いのは、その後なのかもしれない…………。
って言うお話でした。
みんなも気を付けようねー(^O^)

 …って、まあ、悪口言うのもいいよ。
いや、本当は良くないですけど、人には悪口言う権利も、言論の自由もありますさかい、こちらも言うな!等と命令できるはずもありません。
ゆえに!悪口OK!

 ったく、こんな大判振る舞いする奴なんて今日日いねえぞ。
でも、私は心が広いから許したげる。
海のように広い心ー
具体的に言えば瀬戸内海くらい…

 …と、話がちょいとそれましたが、つまりですね、悪口言うなとは言いませんけど、せめて本人にバレないようにやってくれよ。っちゅう話です。
迂闊過ぎるんですよ。隙だらけなんですよ。
外部にダダ漏れなんですよ。
それに、悪口と言っても、人の不幸を嘲け笑ったりすることや、全然関係ないことで叩くのはやめてください。
病気になったことを「バチが当たったんや~( ^∀^)」とか言ってみたり、人の作った料理を「不味そう。あんなの犬も食わんばい」とか「ホンマに自分で作ったのか?」とか色々とケチつけたりとかね。
そういうのはホンマ、やめてください。
言うのは100歩譲っていいとしても、私に絶対にバレないところで、ひっそりこっそりやってください。
ホンマ、頼んます!

 最後に、蛇足かもしれませんが、批判にこそ素直に耳を傾けてください。
そして私の意見に腹を立てないでください。
もし本当にそういう風に思っていないのなら、自分の非を謝罪してください。
これは命令でも依頼でもありません。
私の切実なる願いです。
どうか、聞き入れていただくようお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

恐怖!ブロック男

 久しぶりの、Twitterにまつわる嘘のような本当にあった怖いお話のコーナーです。
これはつい最近、私がネット上でたまたま知った話なのですが、これがもうとにかく怖い。
話の概略としては、とある方がTwitterで面識のあるフォロワーさんにブロックされたことに始まるんですが、そんな彼を待っていたのは、想像を絶する過酷な運命だったのでした。
…といったものです。
まあ、怖いと言うよりは、わけがわからない…と言った方がしっくり来るかもしれませんが、とにかく世の中には我々の想像や常識が及ばないようなツイッタラーがいるということを、この話で思い知らさせることかと思いますので、心臓の弱い方や年端もいかない未成年の方は、夜に決して一人で見ないよう、お願い申し上げます。
…あなたは信じられますか?

続きを読む "恐怖!ブロック男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

105円均一さんへの私信 その2

引き続き、105円均一さんへの私信。
今回は2つ目の言い分への回答です。

続きを読む "105円均一さんへの私信 その2"

| | トラックバック (0)

105円均一さんへの私信 その1

毎度毎度私のしょーもないツイートに右往左往していただいて、ありがとうございます。
と同時に申し訳ありません。
あれほどまでに丁寧な対応をしていただいた以上、こちらも誠意をもって応えないといけないと思い、今回この場を借りて、私の回答を述べさせていただきます。

続きを読む "105円均一さんへの私信 その1"

| | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

新年の挨拶に早いも遅いもない

YUKIMIがジャンプ感想を書いたくらいで
まるでジャンプ感想界がネット界を制圧したような喜びようだな

…ってなわけで、新年あけましておめでとう!☆::*Happy-New-Year*::☆
昨年は更新が滞りまくりでしたけど、今年も多分似たようなものなので、
まっ、適度によろしく~(∩´∀`@)⊃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

私信

 けったさんリターンズ?

けったさん復活ッ!けったさん復活ッ!けったさん復活ッ!けったさん復活ッ!

…とまではいってないけど、この前ようやく音信不通だったけったさんからお便りがきました。

あれ以来、中々お姿を現さないものだから、ひょっとして秘密裏に馬のお面かぶって銀行に行ってしょっぴかれたのかなぁ~等と心配しておりましたが、いつもの杞憂に終わって良かったです。

そして、お元気そうでなによりでした。

お互い何かと忙しいでしょうが、けったさんの完全復活をお待ちしております。

花は、君の帰りを待っている!

 じゅんさんへ

返信が遅れてすいません。

2年も前の記事にコメントいただいて私も嬉しいです。

最近は中々更新できない日々が続いていますが、

今後もお付き合いいただけたら僥倖です(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

恐怖!リムラーが1人出たら20人出ると思え。

 前回に続き、夏の恐怖体験談はまだまだ続きます(笑)。
さて、ここで言う「リムラー」とは、私が勝手に作った造語であって、意味は「Twitterにおいてリムーブ(フォローをはずす)人のこと」を意味します。
リムーブとかフォロー等Twitter関係のことが分からない方は、申し訳ないけど、各自ググるなりして調べてね。

 とまあ、そんなわけでですね、以前こういうことがありました。
ある日、私はひょんなことから、とあるフォロワーさんとTwitter上で衝突してしまい、結果、そのフォロワーさんは「もうええ!」とキレてTL上から姿を消しました。
そして、それ以来、TL上で彼の姿を二度と見ることはありませんでした。

 …と、ここで終わってしまうと、「え~その人どうなったの?ひょっとして死んじゃったの?」とか、「ひょっとして、あんたが消した?」とか、「Anotherなら死んでる」とか、「羅生門のパクリやん」とか、物議を醸し出すので、ぶっちゃけますが、要はブロックされたんですよ。(ブロックもTwitter用語なので、分からない方は各自調べてね)
で、当時は、私もあんまりTwitterのこと知らなかったので、自分がブロックされたという事実を知ったのはそれから一ヶ月くらい後のことでした。(それまでは、あいつ最近全然見ないな~。ひょっとして、オレを避けてオレがいない時間帯につぶやいてるのかな?とか思ってましたw アホですよね~ww)
はい、特にオチも何の捻りもないつまんない話ですよね。
(ちなみに、そのブロックされた方は今も健在で元気にやってる…らしいです)
 しかし、ここからが本当の恐怖の始まりだったのです。
その後、TLで彼を見ない日々は平穏そのものではありましたが、異変は確実に起こっていたのです。

 まず、最初の異変は、フォロワーさんがほんのちょっと減っていたことでした。
どういうことかと言うと、フォローをはずした(いわゆるリムーブ)人がいたと言うことなんですね。
しかし、こんなことTwitterやっている人にとっては日常茶飯事的なことです。
フォロー、リムーブはお気軽に~♪ってのが、そもそものTwitterの基本的な概念だからです。(もっとも、そうじゃない思想の方もいることでしょうが)
だから、私もあまり気には留めませんでした。ただ、その人が自分のブログのリンク先であったことが、ほんの少し引っかかりましたが…。

 そしてそれ以降、徐々に、そして確実にリムラーは増えていき、次にリムったのは面識もあるJと言う人でした。もっとも、この方は何度もHPやブログを立ち上げては閉鎖してきた流浪の人でもあり、また就職が決まったことにより、一度ネット関係のものをリセットしようという考えがあったことを、私も知っていたから、これも気には留めませんでした。

 しかし、これはほんの予兆にしか過ぎず、それ以降も、ブログのリンク先でもあるフォロワーさんがリムったかと思えば、次第に面識のあるフォロワーさんも次々と私をリムっていったのです。

 すごいですね~怖いですね~。
しかし、こんなことはこれから起こる真の恐怖に比べれば、ほんの余興程度に過ぎません。それ以降も、Wさんという方が、私をリムることはなかったものの、これまで頻繁に行われていたブログの更新がパッタリ途絶え、Twitterの方でも姿を現さなくなりました。
加えて、Wさんと同じく、チラホラとブログの更新、Twitterのつぶやきが行われていた、かのけったさんも、ある日を境にほとんど姿を現さなくなりました。
これには私も「アマテラス気取りかよ!」と冗談がてらに思っていましたが、程なくして身の毛もよだつ程の恐ろしいことが起こったのでした。

 そう、あんなに情熱的に取り組んでいた、けったGP。
私は「今年はやらないの?」と、質問のメールを送ったところ、なんと!
返事が来ないのです。
そこで業を煮やした私は、再度メールを送りました。
するとどうでしょう!
「そうですね。今年はやりませんね」
と、実に淡々とした回答が帰ってきたのです。
その冷淡な反応には、私も胸騒ぎを覚えずにはいられませんでした。
そして、そんな私の嫌な予感はやがて現実のものとなり、やがてけったさんは、ますますネット上に現れなくなったのでした。一体彼に何があったのでしょうか?私はそれ以降も、メール、スカイプ、Twitter、携帯のメールを駆使してコンタクトを試みたのですが、全てなしのつぶて。しかも恐ろしいことに、携帯のメアドは変更されていたのです。
はたして、彼は一体今何をして、何を思うのでしょうか?
今でも時折、ブログは更新してはいるみたいですが、それは本当にけったさん自身なのでしょうか?
どこぞの聖域の教皇みたいに、誰かがなり変わっているのではないのか…?
そう思うといても立ってもいられなく、夜もおちおち眠れません。

 とまあ、そんなこんなで、1人リムラーが出るとゴキブリみたく次々に新たなリムラーが出てくると言う、嘘のような本当の怖い話でした。
もっとも、後半はあんまり関係ない話でしたが(笑)、けったさんの返信を受けた後にも、実は1人、恐ろしいリムラーが現れたので、最後はこのリムラーさんの話で締めたいと思います。

そのフォロワーさんは、私よりもTwitter歴は長いものの、多忙なためか一時期TLで姿をまったく見ませんでした。
それがいつからかチラホラと姿を見せるようになり、私も時々あいさつを交わすくらいのことはしていたのですが、ある日恐ろしいことが起こりました。
あれは昨年末くらいのことだったでしょうか?
内容はよく覚えていないのですが、とにかく彼が何かつぶやいたんですね。
多分、何かの漫画のセリフだったかと思います。
そこで私はすかさず、「懐かしいフレーズやね~( ̄∇ ̄)」とリプを送ったんです(簡単に言うと、ブログにコメントを残すようなもの)。
するとどうでしょう!
返事が来ないのです。
まあね。そりゃあね。四六時中見てるものでもないからね。そりゃあ、気付かないこともあるし、よしんば気付いてたとしても、真っ先に優先させてするものでもないしね。
最初はそう考えてました。
しかし、待てども待てども返事は来ない。こちとら一日千秋の思いで待ち続け、忘れかけていたってのにですよ、一向に来ないんですよ。
さすがに、私も胸騒ぎがしました。カイジ風に言うと、ザワザワと言ったところです。
で、ここで終わってしまうと、、「え~その人どうなったの?ひょっとして死んじゃったの?」とか、「ひょっとして、あんたが消した?」とか、「Anotherなら死んでる」とか、「羅生門のパクリやん」とか、物議を醸し出すので、ぶっちゃけますが、それから数日後……。
なんと!あろうことか!リムラれていたのです。

 工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工
私は驚きました。
一体全体どういうこと?
なんでなんでどうしてどうして?
私の頭の中はなぜ?の嵐。
懐かしいフレーズやね~( ̄∇ ̄)
これのどこに気に触る要素があったのでしょうか?
もう何?理解不能?あなた一体何星人?
と、MCATの「SUPPER HAPPY」を歌いたい気分ですよ。
ほんとに、一体何がどうなってこんな恐ろしい事態が引き起こされたのか?
それを考えると、恐怖で夜も眠れなくなる、今日この頃です。

 P.S.でも、これで単にフォローが外れてるだけだったらお笑い草だよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧