声優

2008年7月 6日 (日)

池澤春菜について

 えー、修都さんからのリクエストなんで、池澤春菜さんについてちょっくら語りたいと
思います。
 そもそも、事の発端は、私が修都さんに「好きなタイプの声優」を聞き、
その際に自分の好きな声優を言わないのはフェアじゃないなと思って、
私は池澤春菜様が好きですといってしまったのが始まり。

 ですから、今回はなんで私が池澤春菜様を好きになったのかという、
閲覧者にとっては実にどーでもいい、しょーもない話であり、面白くも何ともありません
ので、こんなこと言うのもなんですが、読まないことをオススメします。
いや、むしろ読まないで欲しい。
それが私のたった一つの願いです………。

 って、これって、ちょっとした罰ゲームっぽくね?

続きを読む "池澤春菜について"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

桑島法子

 私が桑島法子さんを初めて知ったのは、『機動戦艦ナデシコ』を観てからでした。
彼女の戦艦ナデシコの美人艦長、ミスマル・ユリカの熱演振りに、
私は「こりゃまたイキの良い新人が出てきたものだなあ。こりゃあクルぞぉ~」
とブレイクの予感を感じたのですが、それは程なくして的中しました。
その後も桑島さんは『神風怪盗ジャンヌ』日下部まろん
『スレイヤーズTRY』フィリア等を始めとして、主演やレギュラー役を
着々とゲットしていき、今や実力派声優として確固たる地位を築いています。
それは一重に彼女の声優としての実力によるものであることは言うまでもありません。
人気声優は数多くいても、本当に実力がある人はそうざらにはいないからです。
もちろん、素人の私に声優の良し悪しなんて判断できるはずもないのですが、
桑島さんに関しては、「この人は本物だ!」と断言できる…気がするのです…多分…。

 とまあ、そういう訳で、桑島さんの声優としての持ち味は何なのか?
と考えてみました。
一見すると、底抜けに明るく元気な女の子…と思いがちですが、
実はそうではなく、「運命に翻弄された悲しき女性」こそが桑島さんの真骨頂なのです。
もっと分かりやすく言えば、どこか影のある女性壮絶な過去を持つ女
と言ったところでしょうか?

例をあげるなら、

①過去の記憶を失い、自分の意思とは裏腹に大いなる陰謀に翻弄され、
  真のノワールとして覚醒していく、夕叢霧香(NOIR

②何不自由なく平穏に暮らしていたが、ある時大いなる陰謀に巻き込まれ、
  自分の恐るべき過去を知ってしまう、マーガレット・バートン(MADLAX

③良家の令嬢だったが、ひょんなことから戦争に巻き込まれ、父を失い、
  コーディネーターへの憎悪で歪み、男を誑かす、フレイ・アルスター
 (機動戦士ガンダムSEED

④幼少からの訓練及び薬剤などによる身体強化により、エクステンデッドとして
  戦うことを宿命付けられ、最後には非業の死を遂げた、ステラ・ルーシュ
 (機動戦士ガンダムSEED DESTINY

と言ったところでしょうか。
もちろん、前述した、『機動戦艦ナデシコ』ミスマル・ユリカ
『神風怪盗ジャンヌ』日下部まろん『スレイヤーズTRY』フィリア
についても、一見明るい女性に思えるものの、辛い過去があったり、
過酷な運命が待ち受けたりしていているという点では同じだと言えます。

 このように、桑島法子さんという方は、表現力や演技力が過剰なまでに求められる、
非常に難しい役柄において真価を発揮する、数少ない声優だと言えます。
しかも、周知の通り、『爆転シュートベイブレード』キョウジュや、
『忘却の旋律』ボッカ等、少年役もそつなくこなされており、
その表現力の幅は広がるばかり。

 声優、桑島法子の更なる活躍を期待せずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)