ミュージシャン

2006年4月30日 (日)

尾崎 豊

Ozaki2 【尾崎 豊】
1983年12月1日、アルバム『十七歳の地図』、シングル『15の夜』によりデビュー。
以後、大人への反抗や反体制をテーマにした歌を多く歌い、新聞などで「10代の教祖」と呼ばれる。
1992年 肺水腫で死亡。しかし、その時の状況が極めて不自然であったことから、他殺説もあるが、真相は未だ謎のままである。


 尾崎豊……。
彼は色々な意味で悲劇のミュージシャンと言えるだろう。
若くして亡くなったことももちろんそうであるが、私がここで言いたいのは、
はたしてどれだけの人が彼の思想を理解できていたのか?
ということである。
と言うのも、私自身も彼に対しては大変な認識違いをしていたからだ。
そう、私の彼に対する最初の印象は、「なんか社会や大人に対して文句言ってる人」
でした。
なぜ私がこんな風に彼のことを思ってたかと言うと、
それは一面から見たメディアの見解を鵜呑みにしていたからでなのです。
それがテレビ番組だったか、雑誌の記事だったか、今となっては思い出せませんが、
とにかく、それには尾崎の代表的な歌として「卒業」があげられ、
そして10代の若者に絶大な支持を受けていると紹介されていました。

 しかし、私は「卒業」の歌詞に一部不快感を覚えたため、
10代の若者に支持されてると言っても、不良達にでしょ?
と、彼に対して好印象を持つことなどなかったのです。

 ところが、それから月日が流れ、ある日ドラマ『この世の果て』を観た時、
私は大変な認識違いをしていたことに気付きました。
このドラマの主題歌だった、彼の『OH MY LITTLE GIRL』を聞いた時、
「なんだよ、こういう歌もあるんじゃないか」
と、今更ながら私は尾崎の素晴しさに気付いたのです。

 周知の通り、尾崎は何も反社会的な歌ばかりを作っているわけではなく、
『OH MY LITTLE GIRL』や『I LOVE YOU』のようなバラード系の歌もたくさん
あるのです。

 私はこの時、偏見と言うものがいかに物事の本質を見失わせるかということに
気付き、また、あの時のメディアの尾崎の取り上げ方を腹立たしく思いました。
なぜ、あの時にちゃんと、「尾崎の歌にはまだこんな歌もありますよ」と、
紹介しなかったんだよ!と。

 おそらく、それまでの私のように、尾崎に対して誤解と偏見を持った方というのは
間違いなく存在してたでしょうし、今でもまだいるかもしれません。
また、絶大な支持があったという当時の10代の若者達にしろ、
本当に尾崎の事をちゃんと分かっていたかというと、これも疑問視せざるを得ません。
実際に、彼の歌を聞いて、家出してバイクを盗んだり、学校の窓ガラスを割って回った
という輩が少なからず存在するからです。
尾崎にしてみれば、そんなことをしろだなんて一言も言ってないというのに、
彼の真に訴えたいことを理解できない頭の弱い人達に奉られたのだから、
これもある意味不幸だと言えましょう。

 幸い、その時私の周囲には、尾崎にやたら詳しい友人がいたため、
彼から色んな話を聞くと共に、CDを借りたりして、多少なりとも尾崎のことを
知ることが出来ました。

 もちろん、熱狂的なファンで彼のことを正しく理解している方にとってみれば、
「何をおまえのような奴が尾崎を語ってるんだ!」と憤慨するかもしれませんが、
とにかく、私は尾崎の歌がそれ以来好きになったのです。

 とまあ、そういうわけで、もし以前の私のように未だに尾崎のことを誤解している方
がいたとしたら、ぜひ一度尾崎のCDを聞いてみてください。

 最後に、参考(になるかどうか分かりませんが)までに、私の好きな歌を
以下にご紹介いたしましょう。

                 【私の好きな尾崎の歌】

バラード系:OH MY LITTLE GIRL、Forget-me-not

爽やか系 :傷つけた人々へ  僕が僕であるために  失くした1/2  Cookie

歌詞の内容がハード系:LOVE WAY

シャウト系:Scrambling Rock'n'Roll   シェリー  Freeze Moon

                                             以 上

 なんだか分類が間違ってるような気がしないでもないですが、
まぁ、そこは適当に流してください。
ちなみに、私はシャウト系をカラオケではやたら歌います。
特にFreeze Moonなんて歌詞がイカれていてサイコーなんですが、
今では歌えるかどうか怪しいですね~。
後、特筆すべきは、Cookieでしょうか。
穏やかな日常を歌った歌かと思ったら、世の中の事に対して鋭い指摘をしてる
という、そのギャップがたまりません。

 とまあ、グダグダと述べてまいりましたが、この機会に皆様も今一度尾崎の歌を
堪能されてみてはいかがでしょうか?

   

                     

                       

  ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

大黒 摩季

Ohguro3_1 代表曲

『DA・KA・RA』


『チョット』

『あなただけ見つめてる』


『夏が来る』


『ら・ら・ら』

 
 
 こういうこと言うのも気が進まないのですが、
私は大黒摩季の歌があまり好きではありませんでした。
それと言うのも、特に明確な理由があると言う訳でもなく、
ただ単に、生理的に受け付けなかったからです。
大黒さんの声が、歌い方が、歌詞が、メロディーが………。
とにかく、全てにおいて拒絶反応が出てしまうのです。
今思えば、水妖がマーメイドプリンセスの歌で苦しむと言うのは、
こういうことだったのかなあと、思わなくもありません。



Cap313



マーメイドプリンセスの歌で
苦しむユーリ




※ もちろん、こんな風にのた打ち回ったりとかはしませんよ(笑)

 加えて、大黒さんの歌で、私にとって一曲だけ納得いかない歌があります。
それは、「夏が来る」という歌です。
この歌について、私の感想を述べるならば、 

あんなのモテない女のひがみやん!


の一言に集約されます。

そうです、これこそがこの歌が非常に腹立たしく思える最大の理由なのです。

まず第一に歌詞の内容がいけません。
もう、あんた何様や?と。

 どんなに努力し続けても選ばれるのは あぁ結局 何も出来ないお嬢様

とか言ってますが、どんな努力をしたんだよ?
それに、私の知ってる範囲内でのお嬢様は、結構何でも出来るぞと。
おそらく、ここで言うお嬢様のイメージは、家が裕福な為、過保護に育てられ、
それゆえに世間知らずで、1人では何も出来ない……
みたいな女子を言うのでしょうけれど、それはお嬢様ではなく「ドラ娘」と言うのです。
 
それに、お嬢様呼ばわりしている割には、あんたの言動もそれっぽいぞと。

 夏が来る きっと夏は来る 真っ白な馬に乗った王子様が

こんなことを今時夢見るなんて、お嬢様以外の何者でもないような気が……。

 こんな私を可愛い奴だと 抱き締めてくれるのは
 優しいパパと 親友だけ そういえばママもお嬢様



いい歳した女が両親のことをパパ、ママと呼ぶなんて、
明らかに、これ以上ないほどに、お嬢様じゃねーかよ!と。

そして極めつけに、

 夏が来る きっと夏は来る 頑張ってるんだから絶対来る

 って、たわけ!
なんなんだ、これは。
思わず笑ってしまったじゃないか。
別に頑張ろうが頑張るまいが、夏は来るっちゅうねん。
まったく、一体全体何を言ってるんだね、この歌は。

 ってなわけで、この歌には非常に腹立たしさを覚えた上、実に不可解だった
ことを今でもよく覚えているわけです。
こうして、ますます私は大黒さんの歌を敬遠するようになったのですが、
今になって思うと、『ら・ら・ら』と『胡蝶の夢』は良かったかな、と思います。
ただ、『ら・ら・ら』に関しては、

 こんな年齢(とし)だし 親も年だし あなたしかいないし…

の部分が妙にリズミカルなところが、ちょっと小憎らしいと思いましたし、
『胡蝶の夢』については、最近私がハマッていた昼ドラ『新・風のロンド』の主題歌
だったこと、また、大黒さんにとって初のバラードということもあったせいか、
あまり抵抗なく聞くことが出来た上に、素直に「ああ、ええなあ」と思えました。

 このことから、ひょっとしたら、オレは大黒摩季の歌について耐性がついたのかも?
と思い、CDを借りて聞いてみましたが、やっぱダメでした(笑)。
ただ、『胡蝶の夢』が良かったことからも、バラード系だったら大丈夫なのかも
しれません。

 と言う訳で、今後大黒さんがバラード系の歌に力を入れてくれることを
期待したいものです。


 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

ロッド・スチュワート

 私がロッド・スチュワートを初めて聞いたのは、
高校の頃、先輩に「これ聞いてみろよ」と勧められたからだったのですが、
その時はさほど良いとも思えませんでした。
ところが、それから数年後、ある時「セイリング」を聞いたところ、
物凄く良い歌だと思えたんですね。
(もっとも、「セイリング」を聞く度に、私は『スカイライダー』の
セイリングジャンプを思い出してしまうのですが)。


 すると、あら不思議。
当初抵抗があった、彼の独特のしゃがれ声も、なんだか渋くてかっこよく
聞こえてきたのです。

 とまあ、そういう訳で、それ以来私はロッド・スチュワートをよく聞くように
なったのですが、彼を知れば知るほど、悪い評判も聞くようになりました。
数々のスキャンダル、女癖の悪さ、派手な生活………etc。
うーん、なんと言うんでしょう、これられのことを踏まえて彼を一言で表現するなら、
「ろくでなし」って感じ?
しかも、コンサートでサッカーボールを蹴るパフォーマンスをやったら、
ボールが当たった客が骨折してしまい、訴えられたとか、
そんな逸話も数多くあるらしいのです。

 まあ、これらのことは人から聞いたり、本で読んだりしたことなので、
あまり鵜呑みにするのもどうかと思うのですが、
仮にこれらのことが全て真実であったとしても、
彼特有のしゃがれ声、歌唱力等をひっくるめたところで、
ロッド・スチュワートは紛う事なき、生粋のロックンローラーだと言えるでしょう。
そう考えると、いささか不謹慎ではありますが、
彼の悪い評判は全て本当のことであって欲しいとすら思えます。

 このように、例によって私は、ロッド・スチュワートのことをさほど知ってるわけでは
ないのですが、例え真実がどうあれ、私は彼を今後も応援していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)