気弱な反逆児の主張

2016年5月15日 (日)

プライバシーってなんだ?

 先日、オリラジの中田さんが、ベッキーの流出LINEについて説明を果たすべきだとの見解を示しました。
確かに一見ごもっともな意見かと思います。
しかし、この件について、中田さんだけでなく、誰しもが一番重要な問題点を見過ごしています。

 それは、どうやってLINEが流出したのか?誰が流出させたのか?という問題です。
仮に川谷さんがうっかりLINEを開いたまま放置していて、それを誰かに見られて晒されたとしたら、それは彼の不注意であり、自業自得であり、文句を言う筋合いもないでしょう。
もっとも、晒した人も決して褒められたものではありませんが…。
 しかし、事実はそうでありませんよね?
実際は、何者かによる不正アクセスによって晒されたのであって、これがプライバシーの侵害であることは厳然たる事実です。
 逆に、ベッキーや川谷さんはこの件で訴えてもいいくらいです。
でも、2人がそれをやらないのは、もし訴えようとしたら、その過程であのLINEでのやり取りの真偽についても明らかにしなければならないからに他ありません。
 一方、文春についても、この件を突っ込まれるのは極力避けたいことでしょう。
なぜなら、「2人のLINEのやり取りをどこから得たんですか?」と聞かれた際に困るからです。
間違っても、不正アクセスで得た情報ですとは言えませんから、「そういうリークがあったんですよ」と言うしかありません。
では、誰からのリークなのですか?その人はどうやって2人のLINEのやり取りを入手したんですか?不正アクセスによるものじゃないですか?と聞かれたら、非常に困るわけです。
もっとも、そこは個人情報を盾に回答を拒否するでしょうけど、取材のやり方に問題があったのではないか?不正アクセスによるものと知ってて公表したのではないか?コンプライアンスはどうなってるんだ?等と騒がれたりすれば、非常に面倒くさいことになるのです。
 ゆえに、ベッキーや川谷さんにしろ文春にしろ、あのLINEについては触れたくないはずです。
 それを中田さんのように、ちゃんと説明しろと言うのであれば、情報の出所や入手方法というものもはっきりさせろと言われなければフェアじゃありません。
 誰だって個人間のプライベートな会話やメールのやり取り等を盗み聞きされたり、不正な手を使って覗かれたりした上に、それを世間に晒されたりしたら非常に嫌な気分になるし、憤りも感じるはずです。
 しかし、これがこと他人のプライバシーとなると、残念ながら多くの人はそれに対する意識が低く配慮が足りないように感じます。
おそらく、このベッキーと川谷さんのLINE流出についても、多くの人は芸能人にプライバシーはないという認識であることかと思います。
 しかしながら、これはあまり話題にはなっていませんが、この件についてやはり不正アクセスが問題になっており、既にサイバー警察が調査にあたってるそうです。
 つまり、私が言いたいのは、誰であろうと、その人のプライバシーと言うものは厳格に取り扱わなければならないものであるということです。
ところが、多くの人々はその意識がいささか気薄な気がします。
ベッキー&川谷ほどではありませんが、SNSを見ていると、LINEのやり取りのスクショを晒してる人を度々見かけます。
 おそらく晒した人は軽い気持ちでやってることでしょう。
実際、内容的にはプライバシーの侵害と言えるようなものはあまりなく、実に他愛もない日常会話なやり取りがほとんどです。
それゆえ、晒された方も表立って抗議したり騒ぎにしたりはしない人が多いみたいですし、晒した方も「本人の同意を得てる」と主張される人もいることでしょう。
 しかしながら、晒された方の本心はどうでしょうか?
内心は心穏やかでない方も多いのではないでしょうか?
晒した方は同意を得てると言って問題ないことを主張するかもしれませんが、晒された方は仕方なく渋々了承してるのではないでしょうか?
そこで抗議したりプライバシーの侵害だと騒ぐと、その人との人間関係にもヒビが入り、余計なトラブルに発展しかねないため、釈然としないながらも黙認しているのではないでしょうか?
 このようなことは自分が同じ目に合わないと中々実感出来ないことなのかもしれません。
また、仮に同じ目に合って嫌な思いを経験したとしても、それでも悪ふざけや軽い気持ちで、他人のプライベートを晒すような人が多いのも事実です。

 例えば、LINEのやり取りのスクショを撮って晒して面白おかしくディスったりしてるくせに、逆に自分が送ったメールの内容を晒されると途端に激怒したりとか…。
Facebookで本人が公表してもおらず公表する気もなかった極めてプライベートな情報を勝手に晒しておいて、そのことで抗議されたら逆ギレしたりとか…。
そういう人達やケースも何度となく見聞きしたことがあります。
 そして悲しいことに、このようなプライベート晒しはとどまるところを知りません。
今回の件といい、前述したケースといい、いつぞやのぱよぱよちーん事件といい、厳格に取り扱い、例え誰のものであっても守られないといけない個人情報やプライバシーを、他者への攻撃や嫌がらせなどのために晒すようなケースが後を絶ちません。
 ゆえに、これは1人1人の意識の問題であり、SNSでお手軽に情報を発信できるこのご時世、より強い倫理・道徳感を持って他人のプライバシーはもちろんのこと、自分のプライバシーについても厳格に扱わなければなりません。
 
 しかも、これは失敗から学ぶようなことでも、後でばん回出来るようなことではありません。
やってしまうと、もう二度と取り返しのつかない重大なことなのです。
 その辺のところを、どうか、どうか、1人1人重々に認識していただき、ネット上の悪質な個人情報晒しや、重大なプライバシーの侵害、ひいては不毛な争いが一日も早くなくなることを願わずにはいられない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

外国でゴミを拾ったらホンマに清掃業者が職を失うのか?

 そいつはちょっと大げさだぜ・・・・・・。ハッタリをかませすぎだ・・・・・・

はい。ってなわけでですね、こんなもん大ウソですよ。
でっちあげ。たちの悪い作り話でございます。
惑わされるな!

 えーそうですとも。国際的にはどーだこーだとか、海外ではこうだとか、人より優れているとかいないとか、文化人気どりや外国で暮らした経験のある方等が、もっともらしいことをのたまっていましたが、あなた達だまされたのよ。
ってのが私の個人的な見解でございます。

 だって考えてもごらんなさいな。
ゴミを拾ったら清掃業者の仕事を奪うことになるから、拾ってはいけない?
では、日本以外の国では、あちこちでゴミが散乱しているんですか?
っちゅう話ですよ。
 もちろん、場所によってはそういう所もあるでしょうけど、全部が全部ってわけでもないでしょ?
それに、日本人に限らず周りがゴミだらけで平気でいられる人ってのも、そうそういないと思いますよ。
加えて、実際にゴミを拾ったがために失業した清掃業者はホンマにいるのか?
ここが激しく疑問なんですよ。
よしんばそんな事例はないにしても、この話が本当であるならば、例えばボランティア団体や清掃業者の間でゴミの取り扱いについて対立があったり、または訴訟があったりと、そういうことが起こっていてもよさそうなものなのに、そんな話今まで聞いたこともありません。

 まあ、そんなわけでですね、これは外国人が真面目な日本人に対し、冷やかし半分で言った嘘なんじゃないかと思うわけです。
実際に、私も子供の頃にまったく同じことをと友達に言ったことがあるんですよ。
そいつがあまりにもクソ真面目なものだから、ちょっとからかってやれと思ってね。

 そいつと来たら、先生や大人の言うことを愚直に守る奴で、融通の利かない男でした。
しかもたちが悪いことに、それが絶対的に正しいことだと信じて疑わない奴だったんですよ。
当然、ゴミを拾うことも正義だと信じて微塵も疑っていませんでした。
だから私はそいつに言ってやったのです。

 あんたがゴミを拾うことで掃除のおばちゃん(清掃業者)が仕事失うことになるんだぜ。
 そういうこと考えたことあるの?と。

 彼は目を白黒させ激しく動揺しました。
大人から言われることが絶対的に正しいことだと信じ、言われるがままにやっていたのだから、そこに疑問の余地を挟むことすら今までなかったのでしょう。
そんな慌てふためく彼を見るのは実に滑稽にして痛快でした。

 だが、私はそんな意地悪から彼にそんなことを言ったのではありません。
私はただ気付いてもらいたかったのだ。
普段正しいと認識していることが本当に正しいとは限らない…と言うことを。

 とまあ、そんなわけでして、やっぱ日本人ってのは良くも悪くも真面目で、上からの言いつけを愚直に守るところがあると思うんですよね。
ゴミを拾うという行為も、ただ単に子供の頃から周りの大人(親や先生)から言われたからというだけの理由で、習慣的にそれを行ってるというのが実状ではないでしょうか?

 ゆえに、外国人から見たら、そんな日本人は時折滑稽なものに見えるのでしょう。
「外国ではゴミを拾ったら清掃業者の仕事を奪うことになる」と言うのは、外国でも羽目を外さず、真面目に几帳面にゴミを拾う日本人をからかうために、ちょっとしたジョークのつもりで外国人がさももっともらしくでっち上げた作り話ではないのでしょうか?

 そう思えてなりませんが、実際のところよく分からないし、知りたくもないし、一々調べるのも面倒な今日この頃です。

| | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

ゴミ問題

 ※ これは遥か昔、半透明ゴミ袋が使用されるようになった頃に書いた文章です

半透明ゴミ袋?
ええんや別に。
元はと言えば、てめえら日本国民がゴミを分別して出さなかったから、こうなったんじゃねえか!
オレはちゃんと分けて出してたのに!
こういった大多数の愚民どものせいで、少数の我々みたいな賢民が被害を受けるのだ。
それなのに、あのクズどもはプライバシーの侵害だ!等とほざきやがる。

 「すんませんでした。今度からちゃんとゴミを分けて出しますから、従来の黒のゴミ袋に戻してください」と、謝るのが筋だろ!
それを文句ばっか、タラタラ言いやがって。
そんなことやから景気が回復しないんやでー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

WEBサイトの管理人は、ホンマに同人誌出したらあかんのか?~Pさんの真実~ その2

 ※ この記事は前回の続きです。未読の方はまず前回の記事を読んでください。

 
 さて、Pさんが「WEBサイトの管理人が同人誌出してんじゃねーよ」と主張したことで、多くの人々から叩かれる中、一部の閲覧者からは「言ってることに同意はできないが、そういうこと言いたくなる気持ちはわかる」と、ある意味擁護とも取れるコメントを得られたのは、はたして一体どういうことだったのでしょうか?
当時はあまり、この点について論じられることがなかったため、今更ではありますが、この「閲覧者の気持ち」に焦点を置いて考察していきたいと思います。

続きを読む "WEBサイトの管理人は、ホンマに同人誌出したらあかんのか?~Pさんの真実~ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WEBサイトの管理人は、ホンマに同人誌出したらあかんのか?~Pさんの真実~ その1

 その昔、Pさんという人がいました。
ある時、彼は何を思ったか「WEBサイトの管理人が同人誌なんか出してんじゃねーよ!」と言ったものだから、さあ大変。
その記事は瞬く間にネット界を激震させたのでした。
 それと言うのも、ちょうどその頃、ジャンプ感想サイトの中でも特に人気のある管理人のMさんとYさんが共同で、しかもジャンプ感想サイトの管理人から有志を募り同人誌を出すと大々的に発表していたものですから、Pさんの記事がこのお二人に対して向けられたものであることは明白だったからです。

 まあ、結果的に見れば、「そんなの個人の勝手だろ!」
「何をたわけたことを口走ってんだ、この勘違いヤロー!」
「何様だよ!誰のためのWEBサイトかって?自分のために決まってんじゃねーか、バッカじゃねーの!」と、それはそれは散々な叩かれようで、Pさんは泣く泣く引っ込むしかなかったわけなのですが、やはりあの当時を振り返ってみると、双方の言い分ばかりが主張されるばかりで、肝心の閲覧者の意見と言うものがないがしろにされていたような気がしないでもないんですね。
私もその辺りが少し気になっており、幾ばくかの違和感を感じていたので、今回ちょっくらお得意のエセプロファイリングで、Pさんの主張に隠された真意、及び閲覧者たちの本音に迫ってみたいと思います。

続きを読む "WEBサイトの管理人は、ホンマに同人誌出したらあかんのか?~Pさんの真実~ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

恐怖!渡る世間はルール無用の残虐超人ばかり

 はい。なんのこっちゃ?と思われるかもしれませんが、これは嘘のような本当のお話なのです。ええ、間違いありません。もっとも、残虐か超人かどうか…っとてころは疑問の余地が残りますが(笑)、まあ、これは言葉のアヤってことで…。
で、何を言いたいかと言うと、世の中には色んなルールがありますよね。
しかし、その守るべきルールを多くの人は破っているばかりか、ルールそのものを知らない…そんな恐ろしい現実があるのです。
こう言われると、にわかには信じられないかもしれませんが、自分自身のことをよ~く思い返してください。
あなたは今までに一度たりとも信号無視をしたことがありませんか?
スピード違反をしたことがありませんか?
その他、ルールを破ったことが一度もないと言い切れますか?
 さあ、どうでしたでしょうか?
あえて答えは聞きません。
答えは自分自身がよ~く知っているはずでしょうから。
加えて、もう一つ質問。
あなたは法律…六法をすべて把握していますか?
 さあ、どうでしたでしょうか?
おそらく、多くの方の答えはノーであることかと思います。
こう言うと、「そんなのズルイ。ルールを知って守ることは確かに大切だけど、法律家でもない限り、そんな六法を全部把握するなんてできっこないよ」と、こう思われる方も大勢いらっしゃることでしょう。
私も同感です。

 しかし、ここで私が問題にしたいのは、知らないのは仕方ないとしても、知らないままでいいのか?ってことです。
とは言え、常に六法を勉強しろとか、そんなことを言っているのではありません。
例えば、今行われているロンドンオリンピック。
先日、体操の団体戦において、日本の採点を不服とした日本チームが異議申し立てをした際、「審判にお金を渡した」として、買収だ何だのと、他国のマスメディアから多くの非難を受けました。
 しかし、これはルールとして「審判団に抗議を申し立てるには1回目で300ドル、2回目で500ドル、3回目で1000ドルの支払いが必要」と決まっているのです。
(参照 http://www.j-cast.com/s/2012/08/01141530.html?p=2)
それなのに、そのルールに則って迅速に行動を起こした日本チームが、買収の汚名を着せられるなど、そんなことがあって良いものでしょうか?
否、良いはずがない!

 つまりはこういうことなのです。
前述したようなことに限らず、世の中にはこのようなことが現実にたくさん起こっているのです。
学校の体育の授業でサッカーをしてて、オフサイドとラップを決めたが、先生がオフサイドのルールを知らなかったので、相手の得点になってしまったとか…。
ちゃんと規定どおりに事務をこなしたはずなのに、規定を知らない上司から「これ違うんじゃないか?」とイチャモン付けられたりとか…。
こういう理不尽な思いをされた方も大勢いるのではないでしょうか?
かく言う私も、このようなケースは今までに何百万と見てきました。
それでいて、ルールを知らなかった奴らは、自分らの無知さを棚に上げて、「そんなの知らねえよ!」とか逆ギレしたり、「ルールが悪い」とか責任転嫁したりするのです。

 このようなことは決して許されるべきではありません。
ルールを知らない奴がバカであっても、ルールを知っていた人がバカを見るようなことは断じてあってはならない!
そう心から思う、今日この頃です。

続きを読む "恐怖!渡る世間はルール無用の残虐超人ばかり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

呼び捨てはホンマにあかんのか?

あきまへんわ!こんなもん!
人の名を呼ぶ時は、君付け、さん付けしなさいと誰しも習ったはずですし、こんなもん、義務教育受けてなくても分かる話です。
実際、日本人ならば誰しも、この世に生を受けてからと言うもの、幼少の頃は「○○くん」「○○ちゃん」と呼ばれ続けてきたはずです。
つまり、日本人ならば誰しも潜在的に「君付け」「さん付け」されることが当たり前であり、呼び捨てされることに抵抗を感じるようになっているのです。
それを突然、どこの馬の骨とも分からぬ輩に呼び捨てされようものなら、「なにをぉ~!!」…となるのは当たり前じゃないですか。
年上だとか年下だとか、人より優れているとかいないとか、そんなもん全然関係ありません。

 ゆえに、先日橋下市長が呼び捨てされたことで憤慨し、その相手を逆に呼び捨てで返したことも当然の反応です。
別に非難されることでも咎められることでもありません。
目には目を 歯には歯を 順逆自在の術には順逆自在に術を …ってね。
ゆえに、先に呼び捨てした方が悪い!

                                                                                            以上

 【追 記】
先程も述べたように、日本人なら誰しも幼少の頃から、人を呼ぶ時は「呼び捨てしてはいけませんよ」と習うはずです。
そしてもし、呼び捨てしようものなら、帰りの会とかで女子からつるし上げられ、先生からもこっぴどく怒られたりしたものです。
それなのに、呼び捨てしてる奴ってなんなの?
そもそも、わが国においては、呼び名に「君」「さん」「ちゃん」「様」「殿」等、こんなにも種類がたくさんあると言うのに、これらを使わずに呼び捨てするって、あなた一体何人?…と、私はそう思わずにはいられませんし、使い古した言葉ではありますが、「欧米か!」と突っ込みたくなります。
結局のところ、呼び捨てする人ってのは、自分の方が偉い、立場が上だと言うことをアピールしたいだけの、目立ちたがり屋でしかないわけですよ。
逆に、本当に人格的に立派で地位の高い人ならば、そんな風に一々呼び捨てなどせず、ちゃんと君付け、さん付けするものです。
どこぞのフリーザ様を見て御覧なさいな。部下に対して「さん付け」してるじゃないですか。
しかし、これが当たり前なんですよ。
本当に偉い、強い人と言うのは、わざわざそれらを示す必要などないし、相手もそのことを十分に承知してるものです。
それゆえに、心にゆとりがあるから、わざわざ「呼び捨て」等と言う粗暴な言動をすることもないのです。
逆に、呼び捨てする人をご覧なさいな。
心にゆとりがない人が多く見られます。
なぜ呼び捨てするのか?
そう問うと、逆に「なんで年下や同い年に一々君とかさんを付けないといけないのか?」と、こう問うてくるのです。
小さい。小さい。小さい小さい小さい小さい小さい小さい…………………………。
別にええやんけ、それくらい。
しかし、呼び捨てする人にとっては、これは重大な問題なのです。
なぜなら、彼らには他人に誇れるものがありません。
裏を返せば、自分に自信がないのです。
いわゆる、臆病な自尊心と尊大な羞恥心ってヤツです。
このままだとあんた、虎になっちまうよ?ってな話です。

 まあそんなわけで、呼び捨てという行為は、我々が思っている以上に相手を不快にさせてしまうものゆえ、控えた方がよろしいかと、私は思うわけです。
もっとも、中には「さん付けなんて堅苦しいなぁ~。呼び捨てでいいわよ」とか、そういうことをのたまう人も稀にいますが、こんなのフィクションの世界の中だけです。
現実には存在しません。
いるとしたら、帰国子女か欧米かぶれか漫画やアニメに影響を受けたオタクだけです。

 そして、「でも、仲が良い者同士は呼び捨てするもんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。
確かにそれは一理ありますが、それは当事者同士が決めることであって、必ずしもみんながみんなそうであるとは限りません。
そして、人が呼び捨てしてるからと言って自分も呼び捨てしていいという理屈も通りません。
また、人によっては呼び捨てされても全くムカつかないこともあれば、殺してやりたいほどムカつくこともあったりするわけで、こればっかりはその人の持って生まれた資質やキャラクター性に左右されることもありますので、どうしても呼び捨てしたければ、その辺りをよく考え、その人と親しくなる努力をすべきでしょう。

 ただ、それでも、傍から見ると「呼び捨て」と言うのは気持ちのいいものではないので、そういったリスクを考えた上で、相手の呼び方には細心の注意を払った方が良いと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者がやたらと「神」を連呼するのはホンマにあかんのか?

ええんちゃうの?
…と言うのが、私の個人的な見解です。
まあ、確かに最近ちょっとしたことにおいても、やれ「神なんちゃらだ」とか、「神」を多用することが目立ってきており、時々それがウザいと感じることもありはしますが、別にそれでもいいじゃないですか。
これに対して何の問題があると言うのか?
まあ、おそらくは「神」というものが安っぽく扱われているということに対しての憤りや抵抗なんでしょうけど、そもそも神なんて安っぽいものですよ。
一般的にイメージされている程万能でもなければ、必ずしも正義でもないんですよ。
ギリシャ神話とか読めば一目瞭然です。
あれって、アホみたいに多くの神がいますけど、人間より弱い神も当然のごとくいるんですよね。
まあ、その人間の方がある意味特別な存在ではあるんですけど、このように、神と言ってもピンからキリまでいるんですよ。
そして、日本にも八百万の神がいるじゃないですか。
せやから、神なんて、特に宗教に対して無頓着なわが国においては、特段崇拝するものでも敬うものでもなく、むしろ親しみやすい安っぽいものでしかないのです。
ゆえに、文句があるなら、神をこのように安っぽいものに貶めたギリシャ神話や日本神話、ひいては『ドラゴンボール』以降の、神の存在を著しく軽いものに貶めた漫画、アニメ、ゲーム等を叩いてください。
手前勝手な神のイメージを、押し付けてんじゃねえよ!

                                                                                           以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

韓流ゴリ押しはホンマにあかんのか?

 いいんじゃないですか。

…と、言いたいところですが(笑)、さすがにダメですね~これは。

しかし、何を今更騒いでるんだ?

と、ちょっくらムカムカパラダイス気味なんですね、これが。

と言うのも、きっかけは高岡蒼甫氏のツイートだったわけでしょ?

ってことは、ってことは、ってことはですよ?

高岡さんから指摘されるまで、誰も気付かなかったの?異を唱えなかったの?

っちゅう話ですよ。

そこがね、にんともかんとも、なんだかなぁ~と思えてならんのですわ。

たった1人の発言に、あれだけ大勢の人が右往左往していらっしゃるwと言うのも、

いかがなものか?と。

大体、韓流ブーム自体、『冬のソナタ』の時からも多少は叩かれていたわけで、

例えば、ストーリーが『君が望む永遠』に酷似しているとか、

主題歌が『愛はかげろう』に激似だとか、人より優れているとかいないとか…

で、その時、周囲の反応はどうでした?

「あ~いるよね~何かにつけて流行りものやブームにケチつける人って」

とか言って、相手にもしてなかったんですよ。

だから、今、抗議してる人達はこのことに関してどう思ってるのかなぁ~?

と、思うんですね。

いや、彼らがその当時から疑問視してて、今回ついに行動に出ました

って言うのなら、まあ、いいですよ。

けど、日本人特有のミーハー根性丸出しで、まわりに便乗してやってるとしたら、

まずは、当時から「韓流ブーム」に異を唱えていた方達に対して

「すんませんでした!あなた達が言ってたことは正しかったです」
「耳を傾けようともせず、軽く流してしまってホンマすんませんでした!」

とか、一言あってもいいんじゃまイカ?

と思うのですが、いかがなものでしょうか?

でもまあ、今回みたく、マスコミのやり過ぎに異を唱え、

あれだけの行動に出たのは良いことだと思います。

しかし、韓流ごり押しにとどまらず、このようなマスコミの行き過ぎた報道は

他にも色々あります。

例えば、いつぞやの王子ブームとか。

ホンマ、なんだったんでしょ?あれ。

あんだけ「王子」「王子」と特定のスポーツ選手を呼びまくっておいてですよ、

最近では全然呼んでいないじゃないですか。

スタミナなさ過ぎだろ!

一度王子と呼んだからには、最後まで責任もって死ぬまで呼び続けろよ!

また、日韓W杯の時には、これも必要以上の韓国よいしょ振りや

ベッカムのごり押しもありました。

韓国やイングランドの対戦国を応援してる人もいるのにですよ、

「イングランドもっと点を取れ~」とか、どこぞの元テニスプレイヤーが

公共の電波を使ってはしゃいでいたことを、私は一生忘れません!

ってなわけで、韓流ごり押しに対して異を唱え、デモとかやってる今の状況に対して

私から特に言うことはございませんが、前述したことを踏まえた上で、

それだけで終わらないよう、願いたいものです。

あと、余談ではありますが、最初に韓流ブームに異を唱えたのは私だ!

…戯言だけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

読解力テスト

問:次の文章を読み、作者が最も訴えたいことを次の中から1つお選び下さい

  

間違った日本語の使用に反逆 (クリックしてリンク先をお読みください)
 

① 言葉と言うものは変化していくのが当たり前である

② 語尾を「~みたいな」で締める言い方を最初にしたのは私である

③ 間違った日本語は正していかなければならない

④ 「進化」 「進化」 言うな

⑤ 「日本語が乱れてる」とか言う人は世の中の動きについてこれないだけである

 ※ 解答は次の記事で発表します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧