感想リレー番外編 語尾が「ん」で終わるモノシリーズ

2006年7月16日 (日)

デビルマン

 なんか映画の方でかなり評判が落ちた感もありますが、
この作品は間違いなく、名作中の名作であり、傑作であると断言できます。
漫画版は元より、アニメの方も、これがまた凄いんですよね。
それも漫画版とは別の意味、違った意味合いで。
なんと言っても、歌の歌詞がなんともいい具合にイカレていて素敵過ぎます。
今日もどこかでデビルマンとか(ED曲)、デビルチョップはパンチ力
デビルキックは破壊力デビルカッターは岩砕くとか(OP曲2番)………etc。
とにかくもう、なんじゃそりゃ?って感じです。
チョップがパンチ力?キックが破壊力?
そして、カッターなのに砕くって、それ切れ味悪いってことじゃないですか。
もう、いかにも適当に歌詞作っちゃいました~感が漂いまくりなんですが、
これを作ったのが、かの阿久悠というのだから驚きです。

 そしてさらに、驚くべきことがもう1つあります。
それは次回予告です。
これがとにかく長いんですよ!
私も最初は弟から、「(次回予告が)火曜サスペンスみたいだ」と言われて、
「なに言ってんだこいつ?」と思っていたのですが、いざ観てみると
「あっ、なるほど」と思わず納得してしまった程なのです。
それくらい、長い!
おそらく、テレビアニメでこれよりも次回予告が長いアニメなんてないでしょう。
皆様もぜひ一度DVDでご覧になられてはいかがでしょうか?

 最後に、漫画版について一言。
これはとにかく、内容が壮絶過ぎます。
私は中学時代、友人に「なんかデビルマンの漫画ってメチメチャ怖いらしいぞ」
と言われて「へーそうなんだ」と思いつつも、実際に読んでみたのは大学生になって
からでしたが、つくづくあの時読んでなくて良かった~と思います。
多分あの時読んでたら、トラウマになってたことでしょう。
それほどまでに、漫画の方は壮絶で衝撃的でグロい内容ですから、
まだ読んだことのない方は、読むならば心してかかった方が良いかと思います。

 まあ、とにかく一度どちらかでも堪能されてみてはいかがでしょうか?

 ブログランキングranQ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

神八剣伝

 この作品も例によってあまり知りません。
って言うか、ラストの3話くらいしか観てません。
そんな私が、この作品の感想を書くというのもどうかと思うのですが、
例え、知らなくても感想は書ける!
と言うのが私の持論なので、ここで退く訳にはいかんとです。
ってなわけで、早速感想を述べさせていただきます。

 まず、なんて言うか、主人公がちょっとやばくない?
と思いましたね。
と言うのも、別に性格が悪いとか、人格が破綻してるとか、そんなんじゃなくて、
ぱっと見、『魔法騎士レイアース』獅堂光にクリソツだったんですよね(多分)。
いいのかなあ~これ?
と、私がストーリーとかそっちのけでハラハラしていたことは言うまでもありません。
しかも、主人公のくせに、土壇場でリタイアするんですよ。
おまけに、八剣士を次々と圧倒的な力で倒していた敵のボスが、これまたなんか変な
婆さんみたいな化物みたいな、なんかよく分からん奴に取り込まれてしまう上に、
それまでどこで何やってたか分からないような、八剣士の最後の1人、ルーティって奴
がなんか強力な力を発揮してケリをつけるものだから、当時観た時は、
これはかなり斬新な展開だなあと思いましたね。

 もう何年前のことだか忘れてしまいましたが、
あの時観たシーンと受けた衝撃は今でも覚えているくらいですから、
良くも悪くも、視聴者の心に残るアニメだったのかなあ、と思います。
評判はさほど良くはなかったみたいではありますが……。

 まあ、そんな訳で、今更ながら観てみたいなあと思ったり思わなかったり
するのですが、今となってはもうビデオもレンタルされてないんですよね。
一昔前なら、どこのレンタルビデオ店でもチラホラと見かけたものなのですが……。
つくづく、時代の流れは無情だなあと思う今日この頃です。

 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

世直しマン

Yonaosiman_1

 











※ 初めてその姿を露にした世直しマン

 まあ、なんつーか、可哀想な人でしたよね。
生い立ちとか境遇とかもそうなんですが、アニメで声を充てたのが茶風林だった
というのも、なんだかやり切れない話です。
こんなイカツイ姿した奴に茶風林はないだろ。
せめて麦人にしなさい、麦人に!
と、当時はそう思ったものです。

 しかし、そもそも、この世直しマンというキャラは当初は謎の宇宙人「よっちゃん」
して、シルエット姿しか描かれておらず、また言動もおっさんくさいものがあった為、
まさかその正体がこんなイカツイ奴でメチャメチャ強いとは、その当時のアニメスタッフ
は思いもしなかったのでしょう。

 そういう点ではアニメにおける声優のキャスティングというのは本当に難しい
ものだと思わせられました。
もっとも、アニメ化が早過ぎた気もするんですけどね。
実際、世直しマンがアニメで登場した当時は、ドラゴンボールみたく原作に追い付き
かけていましたから。

 まあ、そんな様々な諸事情に振り回されてしまった挙句、
全然イメージと合わない茶風林を声優に充てられた世直しマンではありますが、
彼にとって最大の不幸だったのは、やはりヒーロー協会の会長に選ばれなかった
ことでしょう。
そりゃあ、人生経験が豊富であるだけのあんな人が会長に選ばれたら、
ぐれたくもなりますよ。

 って言うかよくよく考えると、この2人よりも、努力・友情・勝利の三大理念を
兼ね備えた三本柱マンの方が会長として遥かに適任だったような気もするのですが、
なぜ彼ではダメだったのだろうか?
と、些細な疑問を抱きつつも、つくづく人事と言うのは難しいものだなあと思わせられた
一件でした。

 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

ダークイリュージョン

DarkDark2_1

























※ 左図はFC版『キャプテン翼2』
   のものです。 


 キーパーマシンの異名をとるブラジルのキーパー、ゲルティス君の必殺セービング、
ダークイリュージョンと聞いてピンと来る方ははたしてどれほどいらっしゃるでしょうか。
テクモ版『キャプテン翼』のファンならば、この凶悪にして驚異の神業を決して
忘れられるはずもないでしょう。
シュートを放つと白黒に発光し、消えたかと思ったら次の瞬間キャッチしてる……。
こんなバカげた非常識なプレーを奴は当然のごとくやってのけるのです。

 とは言え、このテクモ版『キャプテン翼』を知らない方にしてみれば、こう言っても
なんのこっちゃさっぱり分からないことでしょう。
しかし、案ずることなかれ。
それはファンにとっても全く同じことなのです。

 そもそも、テクモ版『キャプテン翼』とは、1で原作のJr.ユースを描き、
そして2以降はJr.ユース編以降のその後の翼達の活躍を描いた(当時は)
オリジナルストーリーであり、それはかの『アタックNO.1』が高校バレーから
魔球が飛び交う超人バレーになったかのごとく、様々な必殺シュートや妙技、絶技が
入り乱れる超人サッカーへと華麗なる転身を遂げたのです。

 しかしながら、当然こうなってくると、シリーズを重ねるごとにインフレが生じる訳で、
4辺りになると、とにかくすんごい事になってました。

 とにかく、次から次へと変ちくりんな技が出てくること出てくること。
ナナハンタックルだの、ショットガンドリブルだの、メガロゾーンシュートだの、
どんな技だよ?
と、ツッコミ甲斐のある、原理も内容もさっぱり分からないような珍技が目白押し。
そして、このダークイリュージョンもそんな技の1つに数えられるのです。

 しかし、私の記憶が確かならば、なんと!このダークイリュージョンが如何なる技
なのか、3か4の攻略本に記してあったのです。
それによると、なんでもダークイリュージョンと言うのは、自分の幻影を作り出すことで
相手にシュートミスをさせたり、シュートコースを誘導させる技なのだそうです。

 って、ショボっ!!
やってることが仰々しい割には、なんてセコイ効果なのでしょうか。
しかし、こんなこと説明されない限り分からないっちゅーねん!
って言うか、攻略本書いた人はなんでこんなこと分かるんだよ?と。
それに、こんなこと分かるのなら、ちゃんとメガロゾーンシュートがどんなシュートなのか
等もちゃんと説明して欲しかったと思います。

 とまあ、なにはともあれ、とにかく彼のダークイリュージョンは2で初登場した時は
そのあまりのインパクトと威力に、脅威以外の何物でもありませんでした。
なにしろ、まともに通用するのは「サイクロン」日向「ネオタイガーショット」
くらいなのですから(と言っても、レベルが低いと「ネオタイガー」すら留められる)。

 しかし、残念なことに、その後の彼はシリーズを重ねるごとに低迷します。
2ではまず間違いなく、最強のキーパーだったというのに、3ではドイツミューラー
超えられ、4ではさらにデンマークシューマッハにも遅れを取ります。
また、3以降は対戦プレイが出来、当然ゲルティスも使用出来るものの、
技を使用する度ガッツ(簡単に言えばMPのようなもの)を消費する為、
使い勝手という点においても、必殺セービングはないが、基本能力の高い若林
ミューラーに遅れをとってしまうのだからやり切れません。

 結局、その後もゲルティスの天下は再び訪れることはありませんでしたが、
それでも、あの時の彼の勇姿を私は決して忘れることはないでしょう。

 ブラジルの正キーパーはサリナスではなく、ゲルティスだ!

こんな時代だからこそ、声を高らかにしてこう訴えたい今日この頃です。

 ブログランキングranQ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スパイダーマン

 スパイダーマンと言うと、多くの人は映画の方を思い浮かべるでしょうが、
私の場合は、和製スパイダーマンの方が未だに強く印象に残っています。
と言うのも、その昔あったんですよ。
スパイダーマンが日本で特撮ヒーローとして君臨していたことが。
もっとも、私も直接観たことはなく、噂で聞いたり、「昔懐かしのテレビアニメ特集」
みたいな昔のテレビ番組で知ったという程度のものなのですが、
それがまた凄いのなんの。
特撮ヒーローというものは、何かしら肩書きがあるものですが、
(例えば、戦隊ものなんかは○○戦隊とか)
このスパイダーマンにも、あるんですよ!
びっくりするような肩書きが!
それはズバリ!格闘技世界チャンピオンなのです。

 そう、奴は登場して敵と相対した時に、
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン」と名乗るのです。

 格闘技世界チャンピオン?
ハア?
それが本当なら、超有名人じゃねえか!
第一、それくらい強いならわざわざスパイダーマンに変身することも
正体隠すこともねえじゃねえか、コノヤロー!
カンカンカンカン(ゴングの音)………。

 と、マチャマチャみたいなことを言ってしまいましたが、
当時のその「昔懐かしのテレビアニメ特集」においても、出演者の方々は
「誰が決めたんだよ!」とツッコンでいたことから、やっぱ誰の目にも違和感
ありまくりであったことは否めません。
しかも、特筆すべきはこれだけではないのです。
なんでも、デーモン小暮閣下がおっしゃるには、かつて一度だけ、
このスパイダーマンが「格闘技世界チャンピオン」以外のことを口にしたことが
あるそうなのです。
それはキノコの怪人が現れた時のことで、その時奴は普通ならば、
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン」と言うところを
「オレはキノコ狩りの名人だ~!!」と言ったそうなのです。

 もう、なんと言っていいのやら、どうツッコンでいいのか途方にくれてしまいますが、
これらのことから、私にとっては映画よりも遥かに魅力的だし(映画観てないけど)、
「(和製)スパイダーマン、めっちゃ観てぇ!」と激しく思います。

 格闘技世界チャンピオンと言ってはばからず、
その真偽も定かではないばかりか、誰からもツッコまれることもなく、
言ったもん勝ちの体現者であるスパイダーマン。

 そんな彼を、私は本家本元よりも応援しています。

 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)